無茶苦茶オーバーな野球漫画「ジャイアント!/山田芳裕」レビュー

あらすじ

ジャイアント (漫画)

アメリカに一人の見上げんばかりの大男の日本人が降り立った。彼の名は巨峰貢。日本プロ野球ドラフト指名を取り消され、就職先も野球部が廃部になった為に内定取り消し、おまけに恋人にまで振られ、それでも野球をやりたいという夢を捨てきれずに、少年時代から憧れていたメジャーリーガーを目指し渡米したのだった。彼は「アリゾナ・スネークス」のトライアウトを受けに来たものの、そこでもトラブルにあい、トライアウトに間に合わなかった。しかし、ひょんなことからシングルA「ホットサンズ」の試合に飛び入り参加、そこで特大ホームランをかっ飛ばし、その打力を認められてホットサンズへの入団が決定する。こうして日本の「ジャイアント」巨峰貢のメジャーリーガーへの挑戦が始まった。

 

無茶苦茶大袈裟な野球漫画

野球漫画は数多くありますが、その中でもかなり漫画チックに大袈裟に描いた漫画です。

 

バットが削れながらホームランになったり、カーブが三塁の方から曲がってきたり、こういう描写が終始あるので、大袈裟な野球漫画が好きな人ははまるかも知れません。

 

A9BEF4E4

 

こんな人にお勧め

 

おわりに

正直好みはハッキリ二分されると思います。物凄く面白いと思うか、余りにもわざとらしすぎてつまらないと思うか。

 

山田芳裕漫画の中でも、特にオーバーな描写のある漫画だと思います。

 

当該商品