「Bluetoothヘッドセット TWS E19/EnacFire」レビュー ~ペアリングが2ステップで終わる~

今回レビューするのは、EnacFireさんのbBluetoothヘッドセットTWS E19』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • ♪最先端Bluetooth 5.0 完全ワイヤレス イヤホン:従来のV4.2より通信速度が2倍、通信範囲が4倍に向上し、これまでにない簡単・安定したBluetooth接続体験を可能にします。また、プレミアム6mm径ドライバーの採用により、クリアなステレオ感を実現します。
  • ♪最軽量ワイヤレス イヤホン:わずか4g、最適な設計で耳にやさしくフィットし、左右両耳に通用可能、毎回「L」と「R」を確認する必要がありません。優れた装着感と洗練されたデザインを両立し、外れにくく長時間の使用でも快適で安定感のある装着ができます。
  • ♪すぐに接続:複雑な操作が不要で、ケースから取り出すとイヤホン同士は自動的に同期して検索を開始します。iPhone&スマホなどでワンタッチするだけで接続済み、楽に音楽を楽しめます。簡単ペアリング、初めてBluetooth イヤホンご使用する方にも、とても便利で使いやすいです。
  • ♪ケースで素早く充電:重い充電ケースにサヨナラ、手のひらに収まるコンパクトの収納ケースは外出先でもワイヤレスイヤホンを充電できます。イヤホンはフル充電状態で最大180分ワイヤレス音楽再生可能+ケースを合わせて使えば最大15時間使用することができますし、イヤホンケースの収納部分にマグネットを装備されており、イヤホンに収納する時、しっかり吸着しますので、バッテリー切れ&イヤホンは失くしたり、落としたりする心配がありません。高級感溢れる仕上がりとシックなデザインはプレゼントにも最適です。

 

長所と短所

  • ○完全コードレスで動きが自由
  • ○ケース内蔵バッテリーで外出先でも充電出来る
  • ◎ケースかだ取り出すと自動的に電源がオンになる
  • ○耳に軽く填めるだけなので耳が痛くならない
  • ◎Bluetooth 5.0の最新規格
  • ◎両方とも片耳ヘッドセットとして使用出来る
  • △音楽再生で3時間のバッテリー持ち

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
A81D0C56

 

パッケージ内容
A28A289D

 

セット内容
  • ヘッドセット
  • USBケーブル
  • イヤーチップ×6組(1組は装着済み)
  • サンキューカード×2
  • 説明書
EC485E8C

 

写真と動画

外観

ヘッドセットは指先で摘まめるほどの大きさです。また、ボタンは押し込むハードウェアボタンです。

07BB9A18

 

ケースにはバッテリーが内蔵されており、ヘッドセットをしまうと自動的に充電されます。

2BA551BE

 

ケースの内部にはマグネットになっており、ヘッドセットを近付けるだけで勝手に正しい位置に吸着します。

60398523

 

100円玉と比較しても小さいことが分かります。

5D189E2E

 

ケースにヘッドセットをしまった状態での重さは45.48.6g。

BBF85A6E

 

説明書はたっぷり日本語ページがあるので、初心者でも問題なく使用出来ると思います。

3AC4CF87

 

動画

 

使用した感想

○完全コードレスで動きが自由

このヘッドセットは左右のイヤホンを繋ぐコードの無いセパレートタイプです。頭や体を動かすときに、首筋や服に触れるコードが一切ありません。

D8C0D0FC

 

コードが首に触れると、ゾリゾリしたノイズが結構耳にハイってくるのですが、これがないのでセパレートタイプは結構気に入っています。また、コードが首筋に貼り付いたり、衣服に引っ掛かって、イヤホンを引っ張ることもなく、取れそうになることもないのもメリットです。

 

○ケース内蔵バッテリーで外出先でも充電出来る

セパレートタイプのヘッドセットは、収納ケースが付属しており、バッテリーが内蔵されているのが一般的です。このヘッドセットもそうです。ヘッドセットをケースにセットすると、自動的に充電が開始され、満充電になると自動的に充電が止まります。

2B2F289A

 

バッテリー残量は前面の4つのLEDランプで表示されます。USBケーブルをケースに繋いだり、ヘッドセットをケースにセットした際、1分ほどこのLEDランプが点灯し、いくつ点灯するかでバッテリー残量が分かるようになっています。LEDランプは4つなので、25%、50%、75%、100%ですね。大雑把にしか分かりませんが、LEDランプの点灯が1つになったら充電とだけ覚えておけば良いです。

このケースは卵形の曲線をしており、小さく軽いです。丸みを帯びているので、パンツのポケットに引っ掛かりなくスムーズに出し入れ出来ます。大きさ的にワイシャツの胸ポケットに入れるのは厳しいです。

0D014559

 

◎ケースから取り出すと自動的に電源がオンになる

このケースからヘッドセットを取り出すと、自動的に電源がオンになり、ペアリング状態になります。また、ケースにセットすると、自動的に電源がオフになります。基本的に自分で電源のオンやオフをする必要はありません。

 

初回ペアリング時もこの挙動のおかげで簡単です。ケースからヘッドセットを取り出すと、自動的にペアリング状態になるので、スマホなどの端末でBluetooth機能をオンにし、『TWS E19』を選択するだけです。セパレートタイプはペアリングが面倒な場合もあるのですが、ケースから取り出し、スマホでこのヘッドセットを選択するだけの2ステップです。機械音痴の方でも余裕で使用出来ます。

○耳に軽く填めるだけなので耳が痛くならない

小さく軽く、イヤーフックすら無い構造なので、耳が痛くなることはありません。カナル型のヘッドセットは、耳の穴の中にイヤーチップを入れるので、この違和感や刺激が苦手な方がいますが、この辺りのことは最低限に止まっていると思います。耳の穴に軽く填めてやるだけです。

F9E1FC16

 

装着力も耳に軽く填めるだけで問題なく、頭を激しく振っても一切落ちそうになることもありませんでした。

◎Bluetooth 5.0の最新規格

Bluetoothのバージンは最新の5.0です。最近のヘッドセットはどんどん5.0に対応してきているようです。ただ、スマホ等接続する端末も5.0に対応していないと、5.0の能力は発揮されないので注意してください。勿論、接続先のBluetoothが5.0以下でも接続自体は可能ですが、その場合の能力は下位のものに引き下げられます。

 

Bluetoothはバージョンによって特徴は色々ありますが、基本的に新しければ新しいほど、省電力、低遅延、受信感度が高い(遠い)と思って間違いないです。

◎両方とも片耳ヘッドセットとして使用出来る

セパレートタイプのヘッドセット場合、両耳ヘッドセットで使用するだけではなく、片耳ヘッドセットとして利用出来ることも大きなメリットです。ただ、この挙動はまちまちで、どちらか片方しか片耳ヘッドセットとして使えない物、両方とも片耳ヘッドセットとして使える物の2種類があります。こちらは後者で、左右どちらのヘッドセットも片耳として使用出来ました。

 

セパレートタイプのヘッドセットは、決してバッテリー持ちが良いとは言えないので、片耳ヘッドセットとして使用することも視野に入れると、一気に活用範囲が広がると思います。

18E936D8

 

片耳ヘッドセットとして左右をループする使い方をすると、下記のように延々20時間ほど利用出来ることになります。私は両耳ヘッドセットとして使用するより、こちらの使い方が多いです。

 

  1. 右耳ヘッドセットをバッテリーがなくなるまで使用する
  2. 右耳ヘッドセットをケースにセットする(充電する)
  3. 左耳ヘッドセットをババッテリーがなくなるまで使用する
  4. 左耳ヘッドセットをケースにセットする(充電する)
  5. (1)に戻る

ちなみに、両耳ヘッドセットの方がステレオ音声だし音質も良いから上…と言う単純な話ではありません。片耳ヘッドセットは片耳ヘッドセットで利点があって、周囲の音がしっかり聞こえるので、ジョギングやサイクリング中に、車や人の声が聞こえて安全なんです。

 

要はケースバイケースですね。両耳ヘッドセットとしても使え、片耳でも使えるのは本当に活用範囲が広くなるんです。

 

△音楽再生で3時間のバッテリー持ち

セパレートタイプのヘッドセットの弱点はバッテリー持ちです。このヘッドセットは音楽再生で3時間ほどバッテリーが持ちました。セパレートタイプとしては一般的なバッテリー持ちですが、コードのある両耳ヘッドセットと比較すると半分くらいになってしまいます。この弱点を補うため、バッテリー内蔵の収納ケースがあるのですが、バッテリー持ちを取るか、装着の快適さを取るかは好みの分かれるところです。

 

総評

セパレートタイプで複雑になりがちなペアリング操作が、ケースから取り出すと終わっている状態なので、初回も2回目以降も、非常に簡単に使えるヘッドセットです。また、左右どちらも片耳ヘッドセットとして使用出来るので、片耳ヘッドセットとして使いたい方にも最適です。

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人

 

向いていない人

 

リンク

関連記事

 

商品

当該商品