ボタンが1つで押し間違いがない「Bluetoothスピーカー Z00184/Aosnow」レビュー

特徴

  • 【臨場感溢れる高音質】デュアルドライバーにより、臨場感あふれる本格サウンドを味わえます。40mmの(3W*2出力)のデュアルハイパフォーマンスドライバーを搭載して、高音と低音が両立できます。また、低音を強化する先端技術を採用され、迫力な低音は想像できない音楽ホールな臨場感が作ります。
  • 【ハンズフリー通話】マイク内蔵されており、スマートフォンや携帯電話でのハンズフリー通話にご使用いただけます。両手を解放させ、通話をもっとお楽しみいただけます。
  • 【AUXオーディオケーブル有線再生】AUX-IN入力可能、お手元のステレオ3.5mmケーブルを使って、携帯電話、パソコン、タブレットなどのマルチメディア設備に接続可能です。
  • 【すべてをボタン一つで】電源ON/OFF、再生/一時停止、ハンズフリー通話/電話を切る、次の曲へ/前の曲へなどの操作はボタン一つで済ませ、どんな人でも、簡単に操作出来ます。
  • 【驚きの連続再生時間】2000mAh 3.7Vのリチウムバッテリーが内蔵され、音楽再生時間は約6時間以上、通話時間約10時間以上、待機時間最大約800時間に達します。スピーカー自体のバッテリー残量はBluetoothペアリング中のiPhoneやiPadからも確認が可能です(※iOS 6以上の機器のみ対応)。

 

長所と短所

  • ○3W+3Wのステレオ音声で十分な出力
  • ○有線接続が出来る
  • ○アルミボディで高級感がある
  • ○ボタン1つで操作出来る
  • △音楽再生でのバッテリー持ちは6時間
  • スピーカー本体で音量の変更が出来ない

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、AosnowさんのBluetoothスピーカーZ00184』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

箱は綺麗な白い物でした。片手でギュッと握りきれるほど細いです。

 

1F0C5005

 

パッケージ内容は、スピーカー、USBケーブル、説明書のシンプルな構成。

 

6BE0B3C5

 

スピーカーは非常に細長く、片手で簡単に握りきれるほどです。筐体はアルミで高級感があります。

 

49282848

 

背面にはUSB端子、オーディオ端子があります。

 

95F88C91

 

100円玉とちょうど同じくらいの薄さです。

 

FE1B405F

 

正面に100円玉を置くと下図のような感じです。高さもコンパクト。左右に長いスピーカーなんです。

 

2C709A71

 

重さは305.5gでした。

 

C3027CF4

 

USBケーブル。

 

9A51431F

 

説明書。

 

945355E1

 

説明書は英語表記のみでした。

 

058C5616

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

3W+3Wのステレオ音声で十分な出力

このスピーカーの出力は3W+3Wのステレオです。私が使用している24インチのモニタにあるスピーカーは1W+1Wなので、単純計算でその3倍の出力となります。液晶モニタにあるスピーカーを使用している方なら、この外付けのスピーカーにしるとパワーも音質も確実に上がります。

 

また、このスピーカーは幅が22cmと、コンパクトにすることも出来るPCスピーカーでは幅広となっています。その分厚みと高さは少ないうのですが幅は取ってしまいます。しかし、この幅のおかげできちんとステレオ音声を広がりのあるステレオで聞くことが出来ました。

 

有線接続が出来る

Bluetoothの無線接続だけではなく、オーディオケーブルによる有線接続も可能です。また、USBから給電しながらの使用も可能なので、無線というメリットはなくなってしまうものの、PCの外部スピーカーとして常設させるとの使い方も可能です。有線続にすることで、バッテリー持ちの心配からは解放されます。

 

F02FC4AF

 

アルミボディで高級感がある

3千円を切る安価なスピーカーなのですが、筐体は全面アルミボディで高級感がありました。見た目や触った感じで安っぽさは感じませんでした。

 

05044D55

 

ボタン1つで操作出来る

ユニークな機能としては、このスピーカーにボタンが1つしか無いことが挙げられます。操作方法は下記の通りとなります。

 

  • 電源ON/OFF (長押し)
  • 再生/一時停止 (短押し)
  • ハンズフリー通話/電話を切る  (着信時短押し)
  • 次の曲へ  (ダブルクリック)
  • 前の曲へ  (トリプルクリック)

 

ユニークで面白いとは思うのですが、これを良しとするかは人によるかもしれません。ボタンを配置するスペースは幅があるのでいくらでもあります。しかし、敢えてボタンを1つにしたのは操作を簡単に…とのコンセプトのようです。確かにボタンの押し間違いは、ボタン自体が1つなのでありません。

 

A38A2422

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

音楽再生でのバッテリー持ちは6時間

音楽再生でのバッテリー持ちは約6時間でした。正直なところ、もう少し持ってくれれば更に良かったです。

 

スピーカー本体で音量の変更が出来ない

前述もしたように本体にボタンが一つしかないため、音量の変更はスピーカからは出来ません。音量の変更をしたければ、音楽を再生しているPCなりスマホを直接操作してやる必要があります。PCスピーカとして使用していて、距離が離れたところに置いた場合は問題になるかもしれません。

 

おわりに

ボタンが1つしかないことを除けば、形状の機能も極めてシンプルなスピーカです。取り敢えず購入しても失敗のない無難なスピーカーだと思います。

 

こんな人にお勧め

  • 高級感のあるスピーカーが欲しい人
  • ボタン1つでシンプル操作がしたい人

 

内部リンク

 

当該商品