おすすめ記事

装着感が素晴らしいBluetoothヘッドセット「TT-BH10/TaoTronics」レビュー

特徴

  • 【汗をかいてもカッコいい!】 どんなに激しい動きにもついていく、柔軟性の高いイヤーフックが特徴です。汗をかいても大丈夫。スポーツのためのイヤホンの決定版。
  • 【音にも自信】 スマートフォンやタブレットの音楽をより自然に、そしてリッチにしてくれるaptXコーディックを採用。
  • 【長く聞けるからバッチリ運動もできる!】 Bluetooth 4.1採用だの堅牢なバッテリーは、8時間の音楽再生を可能にしてくれます。
  • 【透明感のあるクリアーな通話音質】 CVCノイズキャンセレーションの採用したマイクだからノイズのない通話ができます。
  • 【ワイヤレスが切れません】 内蔵のセラミックアンテナが、Bluetoothでデバイスとイヤホンをつないでいます。気になる「途切れ」を最小限に抑えることができました。

 

長所と短所

  • ○apt-x対応の高音質
  • ○カナル型で音漏れしづらい
  • ○イヤーフックの装着感抜群
  • ○8時間のロングライフバッテリー
  • ○装着感抜群
  • ×若干耳が痛くなるのが早い

 

はじめに

今回はBluetoothヘッドセットTT-BH10のレビューをしていきたいと思います。

 

化粧箱と同梱物

化粧箱は黒の高級感のある物で、中にはスポンジのクッションがありそこにヘッドセットがスポッと填まっていました。化粧箱と中身はヘッドセットの中ではしっかりとしている方だと思います。まあここにこだわる人はあまりいないとは思いますが。

 

CF3CE6513CF2ED26

 

同梱物は、交換用のイヤーピース大と小、充電用USBケーブル、日本語ありの説明書と一般的な物。この手のヘッドセットでは、日本語の説明書が付いているのは決して多くないのでこれは有り難いですね。何故かと言うと、操作方法はどのメーカーのヘッドセットも標準化されていてほぼ同じなのですが、LEDの点滅の仕方、色が物によって違うんですよね。まあ簡単な英語なので少し注意して読めば分かりますし、使っているうちに理解するのですが、しっかり日本語説明書があるのは良いことです。

 

9B92AE67

 

apt-x対応

やはりまず嬉しいのはapt-x対応だと言うこと。apt-xについては以下の記事で詳しく書いていますのでそちらを読んでいただけると有り難いのですが、簡単に書くと高音質低遅延なんです。

 

 

このようなコーデックや規格は、ちょくちょく新しい物が出てきては消えてを繰り返しているのですが、このapt-xは鈍感な耳の私にもハッキリ分かるくらい音質が違い、CD音質並との謳い文句は嘘ではありません。さすがに私のような耳にもわかり、そして感激するくらい違いがあるので、Bluetoothのヘッドセットは今後このapt-xが標準搭載されると思っています。

 

がっちり装着感が気持ち良い

音質に関してはapt-xで全く問題なしの高音質なのは前述の通りですが、ヘッドセットでもう一つ重要なのは装着感です。

 

このヘッドセットは他のヘッドセットに良くあるような付属型イヤーフックではなく、イヤー部分に直付けされたイヤーフックです。要はいやでもイヤーフックを耳に引っ掛けなければならないのですが、柔軟性がありしっかり引っ掛かるので装着感抜群でした。装着感抜群なのでスポーツ仕様を謳っているとおり、飛んでも走っても落ちるどころか一切ずれもしませんし、宙返りをしても大丈夫そうです。それくらいガッチリ耳に填まります。今までのヘッドセットでは付属のイヤーフックを使ってこなかったのですが、イヤーフックってこここまで耳にマウントさせることが出来るんですね。

 

89846297

 

また、このようなヘッドセットでは、左右の判別に若干戸惑い、「どっちだったかな?」なんて一瞬考えることがよくあるのですが、これも他のヘッドセットと同じように、右側に操作ボタンが付いています。さらにハッキリと判別出来るように、色違いで目立つ文字でLRが表記されています。そしてイヤーパッド部分だけではなく、イヤーフック部分にまでLRの表記があるので、ボタンがどちらにあるのか、イヤーパッド部分の文字、イヤーフック部分の文字と3つの場所で左右の確認が出来ます。どこを見ても直感的にすぐ判別が可能ですね。

 

D557C559869AB0A5

 

イヤーピースも前述したように、予め装着されている物が中型で、他に小型と大型の物も付属しています。この三種類の中から自分の耳にあったイヤーピースに交換出来ます。カナル型とこの三種類のイヤーピース、そして堅牢で柔軟なイヤーフックを組み合わせて装着するので、誰の耳にもガッチリ装着出来るはずです。ただ、ガッチリ装着出来る分、耳が痛くなるのが早いかも知れません。これは装着感とトレードオフの関係になるので、あちらを立てればこちらが立たず…になってしまい難しい問題ではありますが…。

 

音量調整は15段階

ヘッドセットの操作感はどのメーカーでもほぼ全て統一されているのですが、音量がどれだけ上がるのか、何段階可変するのかは、メーカーや機種によって千差万別です。このヘッドセットはその音量の可変域は15段階でした。若干最大音量が小さいかなと思いますが、カナル型でしっかり音が耳奧に届く構造であり、遮音性も高いので全く問題ありません。

 

操作感

操作感は一般的なヘッドセットと全く同じです。音量の+と-、多機能(電源)ボタンの基本的に三つで、+長押しで曲送り、-長押しで曲戻し、多機能ボタン長押しで電源オン、更に長押しでペアリング。至って普通です。ヘッドセットの中には電源ボタンを大きく取るため、ヘッドセット側面全てが電源ボタンと言う物もあるのですが、これは耳に装着した時に見ると上側に全てのボタンがあるため、誤操作は非常に少なく操作感は抜群です。

 

A70A3B82

 

また、このような極小ヘッドセットのひとつの課題として、USB端子の蓋が開けづらいと言う物があるのですが、これはUSB端子の周りの形状が良いのか、摘まんで開ける部分の形が良いのか、爪が短くてもサクッと開けられました。今まで使ったヘッドセットの中で最も開けやすかったです。地味なのですがこの部分って結構ストレスになるんです。物によっては指では開けられず、開けるためにマイナスドライバーを使ったりしていましたよ。これが指で簡単にストレス無く開けられるのは有り難いです。

 

575AD93F

 

このように上手いことイヤーパッドのカーブ部分と、USB端子の蓋の突起が重なっているので、指でちょっと引っ掛けるといとも簡単に開きます。この『指』って部分がポイント。今までの一般的なヘッドセットのUSB端子カバーは、『爪』で引っ掛けて引っ掻いてカリカリしてなんとか…って感じで開いたのですが、これは指の腹でペロンと開くんですよ。この開けやすさの差は歴然です。

 

9B518EE8

 

実はこれ結構感動した部分。このUSB端子の開けづらさでどれだけイラッとさせられたことか…。それがこれではストレスゼロでした。

 

重さと大きさ

重さは紐込みで21g。紐抜きで19gでした。イヤーパッド部分が大きいのでもっと重いかと思ったのですが物凄く軽く、耳が引っ張られる感は全くありません。

 

56EFF26C773F512C

 

また、コードは昨今流行(?)のきしめん型(平たいコード)になっていて、その効果で衣擦れ音が音に乗ることはあまりありませんでした。実はこの形状がポイントらしくて、きしめん型ではないコードだと壮大に衣擦れ音が乗るんです。なんにせよ衣擦れ音が乗りづらいのは良いことです。

 

4FEA01A4

 

受信感度

このヘッドセットの一つの売りにセラミックアンテナ内蔵と言う物があります。受信感度がこれで上がると言われているのですが果たして…。

 

正直、セラミックアンテナなんて眉唾だと思っていたのですが、受信感度はこれまで使ったヘッドセットの中で最も良く、それでいて電子レンジ使用中にもブツブツ切れることはありませんでした。

 

以前購入したヘッドセットでは、自宅で8mの距離になると微妙な体勢の違いでブツブツ途切れていたのですが、このヘッドセットでは同じ状況の8mの距離で一切音が途切れることはありませんでした。まあ2mほど受信感度が上がる感じなので、ここに意義を見いだすかどうかは人によるのですが、部屋にスマホを置いて8m先のキッチンでヘッドセットをしながら料理なんてことをするような場合、この受信感度の良さはアドバンテージになると思います。

 

恒例のバッテリー持ち実験

さて、恒例のバッテリー持ち実験ですが、結論を先に書くと満充電から7時間45分で電池が切れました。実験環境はタブレットのZenPadで192kbpsの音楽をひたすら再生し、音量はヘッドセットでちょうど真ん中辺りの8で固定。室温は27度です。スペックでは8時間と記載されていますが15分短い結果となりました。この辺りは再生する音楽のビットレートや音質、音量、気温で変わるので誤差の範囲と考えて問題無いかと思います。

 

説明書にも書いてありますが、充電が十分ある状態でLEDランプは青点滅。バッテリーが残りわずかになると赤点滅となります。また、赤点滅になると警告として定期的に電子音が流れるので、ヘッドセットをしていても外していてもバッテリーが残り少なくなるとわかるようになっています。

 

このヘッドセットではバッテリー残量の警告、音量の上下供に、音声案内ではなく電子音のみでした。過去に6,7個のヘッドセットを使ってきたのですが、音声案内が流れないヘッドセットはこれが初めてです。個人的にはこちらの方が好みです。アラームが鳴ればバッテリー残量が少ないんだなと言うのはわかりますからね。ヘッドセットでアラームが鳴るのはバッテリーが少なくなった場合のみですし、そこに音声はいらないと思っていました。

 

今まで使ったヘッドセットは、全て英語音声で「バッテリーロウ」などと喋ったのですが、これを油断しているときにやられるとビックリするんです。音楽を流している状態でユーザーに知らせようとするので、どうしても一段大きい音になり心臓に悪いです。音量上下の音声案内はあってもいいのかなとは思いますが、こちらもボタンを押せば音が大きくなったか小さくなったか自分でわかりますからね。こちらもあまり必要ないかなと思います。耳で分からないくらい細かく音量調整出来るヘッドセットならば必要なのでしょうけどね。

 

そして充電ですが、PCのUSBポートから給電をし、バッテリーが空の状態から満充電になるまでは約2時間掛かりました。LEDは充電中は赤色常燈で、充電が完了すると青色常燈です。また、このようなPC周辺機器ではLEDが眩しすぎる物が多いのですが、このヘッドセットはLEDのランプ窓の大きさが極小の針の先ほどしかなく、眩しいことはありませんでした。LEDの光はこれくらいで良いんです。

 

おわりに

簡単にこのヘッドセットの特徴をまとめると、『しっかりと装着出来一切ずれない強力なマウント力』、『バッテリー持ちは8時間』、『受信感度が良い』と言うことになると思います。ただ、若干イヤーパッド部分は大きいですね。あと短所を上げるとすれば、しっかり装着できすぎるので、耳が痛くなるのが他のヘッドセットより若干早いかなと言う感じです。2~3時間装着していると若干耳が痛くなりました。まあこれは個々人の耳の形に依るところが大きいとは思います。

 

1D4BDA96

 

細かいことですが感激したのは装着感と供にUSB端子の開けやすさ。ヘッドセットを使ったことがある人なら、このUSB端子のカバーが開けづらくてイラッとしたことがあると思うのですが、そのストレスはこのヘッドセットでは間違いなくありません。

 

装着感やUSB端子カバーの開けやすさの他に、これも前述したことですが左右がわかりやすい印字だったり、眩しすぎないように配慮されたLEDだったり、痒いところに手が届いた良いヘッドセットだと思います。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品

The following two tabs change content below.
記事を読んでいただき有り難うございました。当ブログは管理人が日々購入した物や観た物の感想やレビューを書いていくHPです。何かの参考になれば幸いです。(詳しいプロフィールお知らせレビュー依頼お問い合わせ

関連記事

  1. 電池持ちが良いコンデジ「HIGH SPEED EXILIM EX-ZR1600/カシオ」レビュー

  2. 日常で持ち運ぶには最適なモバイルバッテリー「超薄型ウルトラポータブルモバイルバッテリー 4000mA…

  3. 静音性と冷却性を自分好みにセッティング出来る「CC-9011015-WW(550D)/Corsair…

  4. 2015年の今年欲しい物3「パソコンの自作」

  5. 片耳ヘッドセットでありながら音楽再生7時間を実現「Bluetooth ヘッドセット/Eleckey」…

  6. ノイズキャンセリングで没入感アップ「ノイズキャンセリングヘッドホン/Eonfine」レビュー

  7. 超コンパクトなUSB充電器「17W 2ポート USB急速充電器/HUNDA」レビュー

  8. ビデオ資産を手軽にデジタル化「GV-USB2/I-O DATA」レビュー

  9. 一気に性能アップ「Core i7 3770k/インテル」レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP