2cm四方の超小型カメラでフルハイビジョン撮影出来る防犯カメラ「SQ9/EOVAS」レビュー

特徴

  • 縦×横×高さ、約2センチのコンパクトなフルHDカメラです。
  • 動画解像度が「1920×1080pix」と「1280×720pix」切り替え,静止画解像度が1200万画素「4032X3024pix」
  • オーディオ&ビデオ録画、1920x1080P フルHDビデオ解像度、サイクル録音、赤外線ライト暗視撮影機能搭載 動作検知付き
  • 会議、商談記録、様々なビジネスシーン、介護、お店の監視、講義、事故、犯罪記録、防犯の分野で瞬時に映像を届けてくれる。
  • パッケージ内容:カメラ本体、日本語や中国語や英語説明書、スタンド、クリップ、充電ケーブル

 

長所と短所

  • ○サイコロ型の一片2cmで超小型
  • ○フルハイビジョン動画が撮影可能
  • ○暗所でも赤外線撮影が可能
  • ○クリップなどで取り付けが簡単
  • ○バッテリー持ちが100分
  • △動画の確認はあとからPCなどでする必要がある

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、EOVASさんの防犯カメラです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

パッケージ自体も小さく、片手に軽々乗るほどでした。

 

DA98CDD0

 

パッケージ内容は、防犯カメラ、USB&AVケーブル、大型クリップ、小型クリップ、携帯ストラップ、英語/中国語説明書、日本語版説明書。

 

F6514100

 

防犯カメラ本体は2.5cm×2.5cm×3cmと非常に小さく、隠しカメラとしても使用出来ます。また、その形状とフルハイビジョン撮影出来ることからも、なんちゃってウェアラブルカメラとしても使用出来ます。

 

053D5672

 

USBケーブルとAVケーブルが一緒になった特殊なケーブル。無くすとAV出力出来なくなるので注意しましょう。ただ、今時あまりAV出力は必要ないかも知れません。

 

EBD857BE

 

大型の取り付けクリップと小型の取り付けクリップ。大型の方にはマグネットが仕込んであるので、金属の台や冷蔵庫の扉などに簡単に取り付けられます。

 

A50E1F25EE829CAE

 

携帯ストラップ。携帯ストラップがあることから、持ち運んでの使用も想定されているようです。

 

BAC4A544D02C63D6

 

英語/中国語の説明書と別紙の日本語説明書。操作はボタン2つのみなので簡単なのですが、あまり馴染みのない機器だけに説明書がしっかり日本語で読めるのは有り難いです。

 

A898F0BC69D2FB6D

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

気になるところ

まずは気になるところから書いていきたいと思います。

 

動画の確認はあとからPCなどでする必要がある

これは欠点ではないのですが、ネットワーク機能は無いので、撮影した動画は基本的に後からPCで見ることになります。

 

防犯カメラの中には、wifiでスマホやPCと連携出来る物もあります。この機能があると、リアルタイムで防犯カメラが撮影している映像を確認出来たり、音声を防犯カメラ側から出力することもで出来るのですが、この防犯カメラはそれが出来ません。ただし、その分設定や使い方は非常に簡単で誰にでも使えます。ネットワーク機能がある防犯カメラは便利なのですが、設定に癖がある物が多く、PCに詳しい私でも結構つまずいてしまうので、初心者の方やPCに余り詳しくない方は、このような多機能ではないシンプルな防犯カメラをお勧めします。

 

ネットワーク機能が無いその代わりというわけでもないのでしょうが、後述しますがフルハイビジョンの1920×1080の高画質での撮影が可能です。

 

サイコロ型の一片2cmで超小型

最初に見て驚いたのはその小ささです。隠しカメラだとペン型とか色々もっと目立たず小さな物もあるのですが、このようなしっかりとしたレンズがあるカメラでここまで小さいのは驚きました。2cm四方の正方形なので、少し大きめのサイコロといった感じです。指先で摘まめてしまうほどの小ささです。

 

BF3B270D

 

防犯カメラや隠しカメラとして使う場合、小さく目立たないことはメリットにはなれどデメリットにはならないのでありがたいです。どんな場所に設置してもほとんど異物感がなく目立ちません。

 

フルハイビジョン動画が撮影可能

2cm四方の超小型カメラなのですが、撮影動画では1920×1080のフルハイビジョン撮影が可能でした。フルハイビジョン(1920×1080)と、ハイビジョン(1280×720)の2種類の解像度のモードがあり、ボタン1つで簡単に切り替えが可能です。

 

また、静止画撮影も出来、その場合は4.32×3024の1200万画素となります。静止画の解像度も十分です。

 

暗所でも赤外線撮影が可能

防犯カメラになくてはならない暗所撮影の機能も、赤外線暗視ライトが付いているので可能でした。全く光のない真っ暗な状態での撮影も問題ありませんでした。下記我画像が、光源の全くいない真っ暗な状態で撮影した物です。ちなみに、当然ですが周りの明かりを自動的に検知し、赤外線撮影モードに自動で切り替わります。

 

36A91B72

 

クリップなどで取り付けが簡単

付属品としてクリップが付いています。このクリップを使えば、設置場所に一生懸命工夫して取り付けずとも、本棚の仕切りやTVボードの隅っこなどに挟んで取り付けることが出来るので楽でした。

 

このクリップでパンツをシャツに取り付けるとウェアラブルカメラ、アクションカメラとしても使用出来てしまいます。ただ、純粋なアクションカムとは違い、防水や防塵、耐衝撃性などはないので注意してください。散歩やサイクリング、車載カメラ程度なら、ウェアラブルカメラとしてなら十分に使用出来ました。

 

5F03CF35

 

バッテリー持ちが100分

これだけ小型なので、バッテリー持ちはどうなのかと思ったのですが、仕様通りちょうど100分前後持ちました。これは、前述でも名前を挙げたウェアラブルカメラと同等の持ちです。私が使用したことのあるウェアラブルカメラでも、動画撮影時間は100分前後か、もっと短くて80分程度でした。バッテリー持ちは十分この類いの物としては合格点だと思います。

 

ただ、ウェアラブルカメラと違って電池の取り外しや交換、互換品は無いので、切れたらカメラは一切使用出来ず、本体ごとUSBケーブルで充電しなければ再度使用することは出来ません。このような点からも、なんちゃってウェアラブルカメラとしては使用出来る物の、本家のウェアラブルカメラに使い勝手が及ばない理由でもあります。

 

勿論、USBケーブルで給電しながらの撮影は出来るので、本来の使い方である、防犯、隠しカメラとして使用する場合、SDカードの容量さえ余裕があれば、バッテリー持ちを気にすることなく延々と撮影し続けられます。

 

おわりに

2cm四方の超小型でありながら、フルハイビジョン撮影が可能な防犯カメラでした。また、防水、防塵、耐衝撃が必要にならないような状況であれば、なんちゃってウェアラブルカメラとしても使用出来ます。

 

暗所での赤外線撮影や動体検知撮影など、防犯カメラとしての要求は一通り満たしていると思います。また、操作も単純で、基本的に本体のボタンを押してモードを変えるだけでした。分かりづらい細かい設定があるわけではないですし、価格はこの記事を掲載当時で3000円を超える程度なので、防犯カメラの初心者にはうってつけかも知れません。

 

こんな人にお勧め

  • 超小型の防犯カメラが欲しい人
  • 暗所で赤外線撮影出来る防犯カメラが欲しい人
  • なんちゃってウェアラブルカメラとして使いたい人

 

内部リンク

 

当該商品