全ての機能で不満なし「ボイスレコーダー YEMENREN-R6/YEMENREN」レビュー

特徴

  • 【優れたレコーディング品質】ダイナミックなノイズ除去技術を運用したダブルマイクを搭載しています、音声がクリアに録音できます、非常に明瞭な記録を楽しむことができます。
  • 【ビジネスファッションデザイン】美しいLCDディスプレイと小さいスイッチ、丈夫である感じ。コンパクトで、どんなポケットまたは財布にでも収まります。便利な携帯性までに考えると、クリップが付いてます。
  • 【強力な特徴と機能】8GBのストレージ容量で、更なるメモリカードの必要が無し、最高576時間の記録を保存られます。230mAの大きい容量充電式リチウム電池を搭載しています。 A-Bリピート機能も、MP3音楽機能もサポート。日本語と英語のシステム言語、タイマー録音、フォーマット機能など
  • 【簡単な操作】スライドで簡単に録音始めます。日付&時刻がファイル名になり、ファイル簡単に管理ができます。付属のUSBケーブルでレコーダーをパソコンに接続すると、録音ファイルをパソコンにドラッグして、単純にファイル転送ができます。【他の優勢】詳しい日本語と英語の取説、機械音痴でも簡単に使用できます。 

    長所と短所

    • ○ステレオ録音の高音質
    • ○8GB内蔵ROMですぐに使える
    • ○小型軽量で邪魔にならない
    • ○音楽プレイヤーにもなる
    • ○スピーカーで音が聞ける
    • ○バッテリー持ちが20時間
    • ○スライドスイッチで操作性が良い
    • △SDカードが増設出来ない

     

    ○長所/△人による/×気になるところ

     

    はじめに

    今回レビューするのは、YEMENREN さんのボイスレコーダーYEMENREN-R6』です。

     

    それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

     

    外観チェック

    ボイスレコーダー自体が細長くて小さいので、箱自体も非常にコンパクトです。片手で握れるほどでした。

     

    7F7A8A9A

     

    パッケージ内容は、ボイスレコーダー、USBケーブル、サンキューカード、説明書。

     

    99C17D00

     

    ボイスレコーダーは細長くコンパクトで軽いです。ワイシャツの胸ポケットに入れても全く負担になりません。

     

    1DE68FAF

     

    上位機種のR6とは違い、裏側にはボタン類のガイド表示が刻印されていません。その代わり、ワイシャツの胸ポケットに挟むクリップが付いています。このことからも、ワイシャツの胸ポケットに入れることが想定されており、その使用でも問題の無い軽さだということが分かります。

     

    D5602473

     

    電源ボタンと録音開始ボタンはスライドスイッチ式なので、ポケットの中で不意に誤動作することはありません。

     

    2A41E47F

     

    上部にはオーディオ端子があるので、イヤホンでボイスレコーダーの音を聞くことが出来ます。また、スピーカーも背面にあるので、イヤホン無しでもそのまま音を聞くことが出来ます。左右にあるのはステレオマイクです。ステレオ録音が可能です。

     

    537459AD

     

    USBケーブル。

     

    E41F0E29

     

    サンキューカード。

     

    C94F81DF

     

    説明書。

     

    5C80744A

     

    説明書はオマケ程度ではなく、たっぷり日本語説明部分がありました。文字も大きく図解もあるのでわかりやすいです。

     

    49CD1FBB

     

    以上、外観チェックでした。

     

    動画チェック

     

    ステレオ録音の高音質

    このボイスレコーダーはステレオ録音が可能す。実際に左右で分かれるように録音してみましたが、きちんとステレオで録音されていました。

     

    集音性能も良く、手持ちのデジカメでは拾えなかった、目の前50cmのTVの音声を綺麗に拾うことが出来ました。ボイスレコーダーの基本性能は問題ありません。

     

    8GB内蔵ROMですぐに使える

    内蔵で8GBのROMを内蔵しているため、このボイスレコーダー本体が手元に届いたらすぐに使用することが出来ます。別途SDカードを挿入して使用するタイプではないので、用意する手間もありませんし、別途お金が掛かる心配もありません。手軽に始められるボイスレコーダーです。

     

    小型軽量で邪魔にならない

    重量は約44.2gで、サイズは実測値で10.1cm(縦)×2.2cm(横)×0.9cm(奥行き)(クリップ含まず)で非常に軽量で小型です。胸ポケットに入れても、重さで下に引っ張られて不快な感じも全くありません。仕事で胸ポケットに入れて会議を録音する際にも、目立たず負担にもならなりませんでした。

     

    C9407791

     

    上位機種のR3は62.2gだったので、約20gこの上位機種のR6の方が軽いことになります。ワイシャツの胸ポケットなど、薄くて目立つところに入れる場合、軽いこちらを購入した方が良いかもしれません。

     

    1BEB539D

     

     

    また、クリップが背面に付いているため、ワイシャツの胸ポケットに入れることに関しては、R3よりも上です。勿論、クリップは使わなくても良いですし、パンツのポケットや、パンツの腰の部分に止めることが出来るくらい大きく口は開きます。

     

    2ED1B1B8

     

    音楽プレイヤーにもなる

    ボイスレコーダーですが、内蔵のROMに音楽ファイルを転送すると、簡易的な音楽プレイヤーにもなります。

     

    液晶画面の情報も分かりやすいので、簡易的とはいえきちんと音楽プレイヤーとして使用出来ます。ボイスレコーダー単機能のみではどれだけ使うのか不安でも、音楽プレイヤーとしても使用出来るので、1つ持っておいて損はないと思います。

     

    ただ、液晶に関しては上位機種のR3の方が大きく、表示できる情報量が大きかったです。その代わりでもないのですが、このR6は前面が鏡面仕上げになっており高級感があります。液晶の情報の見やすさで選ぶならR3も良いかもしれません。

     

    スピーカーで音が聞ける

    ボイスレコーダー本体にスピーカーがあるので、イヤホンを差し込まなくても録音した音や転送した音楽を聞くことが出来ました。

     

    前述もしたように、音楽プレイヤーとしても使用出来るので、スピーカーから音を出すと、自分1人くらいが音楽を聞く分には問題ないほどの音圧と音質でした。

     

    A1B82B40

     

    スピーカーは前面に付いているので聞きやすいです。上位機種のR3は背面に付いているので、机に置いてしっかり聞く場合、裏返さなければなりません。その点このR6は裏返さなくても前面から音が出るので便利でした。

     

    バッテリー持ちが30時間

    バッテリー持ちは最大で30時間となっています。丸1日以上使用出来るので不満はありません。丸1日録音しっぱなしということもないと思うので、ヘビーに使用しても3日は充電なしで使用し続けられます。このようなガジェットは、充電が手間になりがちなので、充電が極力少なくて良くなるこのバッテリー持ちは使い勝手にダイレクトに良い影響を与えていると思います。

     

    スライドスイッチで操作性が良い

    側面にスイッチ類があるのですが、プッシュ式ではなくスライド式です。プッシュ式だと、ポケットの中で不意にボタン押されてしまい誤動作してしまうこともあるのですが、スライドスイッチ式は誤動作の心配がまずありません。

     

    ちなみに、ボリュームの変更や曲送りなど、電源が入っていない状況では押しても意味がないボタンはプッシュ式なので、使いやすさと確実性を兼ね備えた操作体系になっています。

     

    6590E9C8

     

    このようなガジェットの場合、ポケットやバッグの中に入れ、自分が動くこともよくあるので、録音中に誤動作で停止してしまうと致命的なのでこの機構は助かります。

     

    気になるところ

    最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

     

    SDカードが増設出来ない

    8GBの内蔵ROMがあるので、音声の録音に不足は全く感じませんが、別途SDカードを入れての容量増設は出来ません。あくまで使用出来る容量は、内蔵の8GBのみとなります。

     

    おわりに

    リーズナブルですが、ボイスレコーダーとしての集音性能やバッテリー持ち、操作性を兼ね備えた良いボイスレコーダーだと思います。また、音楽プレイヤーになったり、スピーカーでそのまま音を聞けたりと、使いやすさの面でもよく考えられていると思います。

     

    こんな人にお勧め

     

    内部リンク

     

    当該商品