リモコンで電源タップをオンオフ「スーパースイッチ/COOLEAD」レビュー

特徴

  • 1台のリモコン送信機で別々の3台のコンセント受信機を操作できます。ドアと壁を通しても、最適効率範囲は3〜5メートル対応。
  • 本製品は3極のコンセントで、電荷を地中に逃がすことによって、落雷などで過電流が電気機器に流れ込むのを防いだり、ノイズによる誤動作を防止したりできるアース線がある。
  • コンセントスイッチキッ トをコンセントに差しこみ、こちらに電子機器を差し込むだけで、電力消費を効果的に抑えられます。
  • 照明ランプ、小型家電、休日ライトなど対応。
  • ご注意:家庭用コンセントは両口の場合は、3極を2極にするためのアダプタや延長ケーブルを用意おけば使えます。(アダプタは自分でご用意ください。)

 

長所と短所

  • ○リモコンで電源のオンオフが出来る
  • ○リモコン設定が簡単
  • ×大きい
  • ×電池が特殊
  • ×3極コンセント

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、COOLEADさんのスーパースイッチです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

化粧箱。

 

174FAA7F

 

同梱品。スーパースイッチ、値もコン、電池、説明書、日本語訳説明書。

 

6CF42A54

 

スーパースイッチ本体。でかいです。

 

D264EB7B

 

コンセントは3極となっており、日本の電源コンセントに差し込むには、変換アダプタを噛ませるか、ノコギリ等で切除する必要があります。

 

6E9A225C

 

リモコンには特殊な電池が必要です。

 

379D4075E8A3A610

 

特殊な電池と日本語訳説明書。

 

F622F8B4892920A6

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

気になるところ

 

大きい

大きいとは他の方のレビューでもわかっていたのですが、いざ開封してみると本当に大きかったです。手の平に収まりきらないくらいの大きさがあります。壁に付いている電源コンセントに直接挿したり、複数個同じ電源タップに挿すにはまず間違いなく障害が出てくる大きさだと思います。その場合は短い電源延長ケーブルを噛ませば問題は解決するのですが、それにしても大きいので、本棚の裏とかか、机の下に複数個取り付けた場合、邪魔になると思います。

 

 

E235D467

 

電池が特殊

このスーパースイッチはリモコンでオン/オフ出来るのが最大の魅力なのですが、そのリモコンに使用する電池が特殊です。まあリモコンの電池は通常、1,2年は持つ物なので、それほそ頻繁に交換する手間は必要無いとは思いますが、頻繁に必要無い物であるからこそ、汎用性の高い単三や単四であった方がより便利だったかなと思います。

 

 

1CDFB3ED

 

3極コンセント

日本の電源コンセントは2極であるため、このスーパースイッチを日本の電源コンセントに差し込むには、変換アダプタを噛ませるか、不必要な円柱簿鉄棒をノコギリなどで削るしかありません。

 

他のレビュワーの方の情報に、ノコギリで切断したとの情報があったのでやってみましたが、実際にそれで使用出来ました。それほど飼いあって鉄棒では無かったので、それなりにしっかりしたノコギリなら切断出来ると思います。

 

 

412C6402

 

リモコンで電源のオンオフが出来る

なんと言ってもこのスーパースイッチのサイダの特徴であり、便利なことはリモコンで電源のスイッチがオン/オフ出来ることです。

 

私は今まで手元スイッチ、またはまごの手スイッチと呼ばれる物を使用してきました、これで、パソコンのモニタ、ルータとモデム、PS4の主電源のオン/オフをしていました。勿論、これでも非常に便利なのですが、当然ですが電源ケーブルがあるので、その配線が必要で、手元に持ってくるまでどこを通せば邪魔にならないのか、綺麗になるのか、効率的かなどを考えて、施行することが必要でした。

 

 

しかし、このスーパースイッチは、配線の手間が一切必要無いので、電源を操作したい機器をこのスーパースイッチに差し込めばそれで終了。鬱陶しい配線が全く必要無く、リモコンで電源のオン/オフが出来ました。リモコンの受信感動も問題無く、2mほどはなれた机の下の奥まった場所に設置したスーパースイッチの電源操作がスムーズに出来ました。

 

このリモコンの電池は前述したように特殊な物なので、切れた場合は他に一切使用しない電池を購入しなければならないので、最初に学習リモコンにこのリモコンのボタンを登録しました。これでもうこのリモコンを使う必要は無くなったので、特殊な電池の心配をする必要がなくなりました。

 

 

DB617DBB

 

学習リモコンについては下記の記事で過去に書いてますので、興味があったらご一読ください。この学習リモコンが鉄板と自信を持って言えます。

 

 

リモコン設定が簡単

リモコンのボタン設定はどうするのかと疑問だったのですが実に簡単でした。

 

Bluetoothと全く同じような設定方法で、たったの2ステップで完了です。

 

  1. スーパースイッチをコンセントに挿し、『RESTボタン』を押す
  2. リモコンに割り当てたい番号のボタンを押す

 

たったこれだけで終わりました。

 

おわりに

気になるところを最初に色々書きましたが、電源のオン/オフをリモコンで操作出来るというのはやはり最高に便利でした。

 

私の場合、パソコンモニタの電源ボタンが馬鹿になってしまい、押しても中々消えたり付いたりしなくなってしまったので、まごの手スイッチを使用していたのですが、配線が一切無くなったのはスッキリしました。ただ、大きさだけがネックです。3極は変換アダプタを噛ませば良いですし、ノコギリで切断しても良いのですが、この大きさだけは如何ともし難く、設置場所やシーンが限られてしまうかも知れません。大きささえもうすこし小さければ完璧なんですけどね。

 

こんな人にお勧め

  • 電源のオン/オフをリモコンで操作したい人

 

関連商品

 

当該商品