トーストもしっかり焼ける「MRO-JT5-H/日立」レビュー

使用していた電子レンジ「RE-S15C-B/シャープ」を掃除中に壊してしまった為、急遽新しい電子レンジを購入しました。

 

小さいので十分なので、価格.comやAmazonで売れ筋を調べると、このマイナーチェンジ版「RE-S20E(RE-15E)」が売り上げ一位でした。レビューを見ると機能も殆どど変わらないようなので、どうせ買うならほぼ同じ物を買うのもつまらないですし、他の機種を探すことに。それで購入したのがこの電子レンジ

 

と言うことでちょこちょこレビューを。以前の機種「RE-S15C-B/シャープ」との比較になります。

 

まずこれに決めた理由ですが、以前に使っていた15Lより3L容量が大きくなったものの、大きさは三辺それぞれ1~2cmしか変わらないこと。それとどうせなら新しい物が良いので、発売日が2012年2月だったこと。主にこの二点です。まあこの価格の国産電子レンジならそれほど大差ないだろうなと。

 

デザイン

今まで黒で埃や汚れが目立ったので、グレーは良いんじゃないでしょうか。

 

使いやすさ

説明書を見ずとも簡単に使えます。

 

この価格ですから、高級機のようになんでもかんでも出来るというわけではなく、出来ることはある程度限られていますが、逆にシンプルで使いやすいです。

 

パワー

今まで500Wまでしか出なかったので600W、950Wは強力ですね。まあ950Wなんで私の用途だと使いそうにありませんが。

 

静音性

これは抜群。一番驚きました。特にトースト(トースター機能)なんて静かすぎて驚愕物。

 

以前の機種よりあらゆる面で静かです。焼いている時も静かですが、以前の機種は最後にパンをサクっとさせるためなのか、熱風を送っているようだったのですが、この機種はそれがないので最後まで静かなまま。「ジーッ」と鳴るだけです

 

だからと言ってコンガリ焼けないかというとそういう訳ではなく、以前の機種より遥かにしっかり焼き目が付きます。以前の機種は表面だけが焼けるだけで、果たしてこれがトーストと言えるのか…と思っていたのですが、これはきちんとコンガリ焼けて、オーブントースターと全く違いがありませんでした。時間も4分~5分で、これも以前の機種より時間短縮です。

 

正直、トースター機能でここまで機種によって差が出るとは…。私は毎朝パン食なので、この機能物凄い重要なんです。

 

サイズ

サイズは以前の機種と三辺1~2cmしか変わらず、それでいて容量は3L増えて18L。十分満足です。

 

機能・メニュー

一般的な低価格電子レンジですね。自炊する人でも、よっぽど拘って色々作る人じゃない限り不満はないかと。

 

総評

低価格電子レンジで国内メーカーだと、機能やパワーにそれほど差があるとは思えないので、見るべき所は静音性じゃないかと個人的には思いました。それでいて新しければ新しいほど良いんじゃないかなと。物凄く単純ですけどね。

 

あとはオマケ機能ですかね。電子レンジ本来の機能ではないトースト機能なんかがその代表格ですね。

 

今まで4、5台電子レンジを買って使ってきましたが、トーストの出来は機種によって本当まちまちですね。それは単純に性能差と言うことだけではなく、開発者の好みの焼き具合が反映されているかもしれません。

 

とにかくこの機種を買って良かったのは静かで、トーストもしっかり焼けるという点でした。

 

当該商品