「Bluetoothヘッドセット Spoon/HOLIDA」レビュー ~片耳まがら音楽再生で9時間バッテリーが持つ~

今回レビューするのは、HOLIDAさんのBluetoothヘッドセットSpoon』です。

 

ぱっと見でわかるのは、マイクが独立している片耳ヘッドセットと言うことですね。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 高音質:このBluetoothヘッドセットv4.1片耳はCSRチップが機能をされている、最高の信号品質と優れた音質を保証できて、そして、ミュートボタンを装備しているので、通話中に音をミュートすることができます、また、ノイズを減少することができる、ノイズの環境でも通話を楽しむことができてよく利用ができます。
  • .快適性:両耳対応できる、イヤーフックが可伸縮と180回転できて、耳の寸法によって調整する、99%の耳が適応できる、また、通話マイクは270度回転できる、個人的好みの角度に調整できます。
  • よく利用できる:強力なBluetooth V4.1技術は、10メートルの範囲で、強いオーディオと高速で安定した信号を伝送できます。 また、2台の設備を同時にペアリングでき、ほとんどのBluetoothを搭載するデバイスに適用します。iPhone,Android、Samsung, Huawei,PCなどのほとんどのBluetooth対応の設備と交換性がある。また、運転、ビジネス、スポーツ、通勤、通学など、場面がよく利用できます。
  • 各利用時間:115mAh大容量電池を内蔵し、充電約2時間、通話約9時間、音楽再生9時間、待機約200時間、通信距離約10m(障害物無しの場合)。

 

長所と短所

  • ◎マイクが独立していて声を拾いやすい
  • ○イヤホンが180度回転するので左右どちらにも装着出来る
  • ◎音楽再生でのバッテリー持ちは9時間
  • ×装着時に片手で簡単にとはいかない
  • ○音質は十分で音ズレも一切なし
  • ○耳掛け型で耳が痛くならない
  • △遮音性が低い
  • ○スライドスイッチで誤操作しづらい

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
D6AFAA30

 

パッケージ内容
E35392A8

 

セット内容
  • ヘッドセット
  • 収納ケース
  • USBケーブル
  • イヤーチップ(ゴム)
  • イヤーチップ(スポンジ)
  • 説明書
89D7BB5D

 

写真と動画

外観

ヘッドセットは片耳用です。マイクが別個になっており声を拾いやすい設計になっています。

3ED93B59

 

100円と比較すると下記のような感じになります。

D831506A

 

重量は16.3g。片耳ヘッドセットとしては重量級ですが、しっかりしたイヤーフックがあるので数字ほど重さを感じません。

9CEFF663

 

付属品一式。

2C3D3EEB

 

動画

 

使用した感想

◎マイクが独立していて声を拾いやすい

このヘッドセットは写真を見ても分かるように、マイクが独立しています。棒状のマイクが270度稼働するので、使用するときには口元に近付け、使用しないときは上に避難させ邪魔にならないように出来ます。

DF5E0DC7

 

実際にマイクで通話してみましたが、確かに音を拾いやすく、雑音もありませんでしたし、音声の遅延も感じられませんでした。ヘッドセットでよく電話やスカイプなどの通話をする方には最適の形状だと思います。

 

○イヤホンが180度回転するので左右どちらにも装着出来る

前述のマイクだけではなく、イヤホンも180度くるっと回転します。どんな耳の穴の形の方にも合うだけではなく、左右どちらにもこの1つのヘッドセットを付け替え出来ます。

4C95401F

 

長時間使用していると、意味が疲れたり痛くなることもあります。このようなとき、左右の付け替えは効果的なんです。私も片耳ヘッドセットを使用するときは、右と左で適当に付け替え、疲れが出ないようにしています。

 

◎音楽再生でのバッテリー持ちは9時間

片耳ヘッドセットのバッテリー持ちは平均で6時間前後と言ったところですが、このヘッドセットは9時間も音楽再生でバッテリーが持ちました。ごくごく一部、特殊なヘッドセットはもっと持つ物もありますが、一般的な片耳ヘッドセットで9時間バッテリーが持つ物はまれです。

 

9時間もバッテリーが持つと、毎日の通勤や通学で往復2時間使用したとしても、未使用時の放電を考慮して、4日間は余裕でバッテリーが持ちます。つまり、4日に1回充電してやればよくなります。

 

このような無線機器は便利なのですが、なにが一番面倒かと言えば、それは充電の手間です。バッテリー持ちがいヘッドセットというのは、1回で超時間使えることよりも、このように充電の手間が減る、充電の回数がスクなることこそがメリットだと思っています。

 

×装着時に片手で簡単にとはいかない

耳にこのヘッドセットを装着するときですが、イヤーフックおよび、耳たぶの後ろに来る膨らんだ部分が太いため、片手で簡単にサッとは取り付けられませんでした。片手でヘッドセットを持ち、もう片方の手で耳たぶの溝を開き…が必要でした。ただ、1度装着してしまえば、しっかりしたイヤーフックなので、ずれることも落ちることもありませんでした。

DCD6274A

イヤーフックはある程度柔らかいのですが、同じTypeのヘッドセットで、もっとグニャグニャ柔らかい物もありました。それだと片手で装着出来たので、イヤーフックがもっと柔らかく、変形する物だったら良かったかなと。

 

○音質は十分で音ズレも一切なし

音質は片耳ヘッドセットとしては十分だと思います。私は音質よりも使いやすさ重視のタイプなので、音質に関する評価は甘めですが、それでも音楽を楽しめるヘッドセットだと言って差し支えないと思います。

 

また、動画を良く見る方だと気になる音ズレですが、実際に動画の口の動きと声を観察したところ、一切音ズレはありませんでした。動画やTVをBluetoothのヘッドセットで見たい方にも最適だと思います。

 

○耳掛け型で耳が痛くならない

イヤホンの形状は耳掛け型と言って、耳の穴の浅いところにイヤホンを被せるタイプです。カナル型は耳の穴の奧にイヤーチップを入れるタイプですが、これは耳に異物が入らないので、おそらくどんな方でも耳の穴が痛くなることはないと思います。

3C4A4893

 

ちなみに、耳掛け型のメリット、デメリットを挙げると下記のようになります。

 

【メリット】

  • 耳の穴に異物が入らないので痛みや不快感がない
  • 周囲の音がしっかり聞こえるので、車や子供の近付く音が聞こえて安全

 

【デメリット】

  • 耳の穴に入れないので装着力が弱く不安定になりがち(→イヤーフックで解決)
  • 耳の穴を塞がないので周囲の雑音が入って来やすく、没入感が得られない(捉え方次第で、前述のように周囲の音を聞きたい場合にはメリットに変わる)
  • イヤホンが浮く形になるので音漏れがしがち

 

そして、カナル型のメリットは下記のようになります。

 

【メリット】

  • 耳の穴にしっかりとイヤーチップが入るので装着力が強く安定して落ちづらい
  • 周囲の音を遮断してくれるので没入感が得られる
  • 音が出る部分が耳の穴の奧に入るので音漏れしづらい

 

【デメリット】

  • 耳の穴に異物が入るので不快感や痛みが出る場合がある
  • 遮音性が高い分周囲の音がわかりづらく、近付く車や子供の音が聞こえづらい

 

耳掛け型とカナル型のどちらを選ぶかは好みになります。

 

△遮音性が低い

前述の耳掛け型のデメリットでも挙げましたが、遮音性は低いです。耳の穴に浅く置く、被せるスタイルなので、どうしても周囲の音が入って来ます。ただ、これも前述しましたが、捉え方次第で、近付く車の音や子供の声がしっかり聞こえるので、ジョギングやサイクリングには最適だと思います。

ED0C341F

 

○スライドスイッチで誤操作しづらい

電源ボタンと+/-ボタンはスライドスイッチになっています。押しボタンだと、間違って押す場合もあるのですが、スライド式だと、意図して上下に動かさないといけないので、誤操作はまずしないと思います。

C3344713

 

ただ、逆に言えば簡単にポンと押して操作出来る物ではないので、頻繁に操作する方には向かないスタイルかもしれません。

 

通話で使う方の場合、押し間違いは致命的なので、この辺りを見てもやはり通話する人に最適なスタイルなのかなと感じます。

 

総評

片耳ヘッドセットですが、音楽再生でバッテリーは9時間持ちますし、音質は十分だと思うので、純粋に音楽を聞きたい方にも合っていると思います。そして、やはりマイクが別構造になっていて、口元に近付けられることや、誤操作しづらいスライドスイッチを見ると、欲通話をする人に最適だと思います。

 

長時間使用しても耳が痛くならないので、外で使用するだけではなく、家でスカイプやゲームをしながら友人と会話するのにも向いています。

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人

 

向いていない人

 

リンク

関連記事

 

参考サイト

 

商品

関連商品

 

当該商品