おすすめ記事

大出力の無線スピーカー「ポータブルワイヤレス Bluetooth 4.1スピーカー/wigwang」レビュー

特徴

  • Bluetooth 4.1技術:すべてのBluetooth対応デバイスとの互換性は、3秒以内に自動的に最後に使用されるデバイスに再接続します。3.5㎜オーディオケーブルと小型マイクを内蔵しており、スマートフォンで受けるとスピーカーで通話することができます。ペアリング完了後、15m長距離内ワイヤレス通話も可能です(障害物なきこと)。
  • LEDライト搭載:LEDライトは6パターンからの選択が可能なので、お好きなものを選ぶことができます。
  • 10W+10Wの高性能ドライバ、高品質の二重ボイスコイルスピーカーをセットで。あなたに最適な音楽の楽しみを与えます。
  • バッテリー技術:二つのリチウム充電池(7.4V)、3600mAh、ダブル電圧、デュアルエネルギー、6時間急速充電、従来のBluetooth より大幅な低消費電力を実現しました。
  • 内容:WIGWANGのBluetoothスピーカー、USB充電ケーブル、3.5㎜オーディオケーブル。

 

長所と短所

  • ○10W+10Wの出力スピーカー
  • ○6色のLEDライトを選択可能
  • ○有線接続が可能で汎用性が高い
  • ○USBで給電しながらの使用が可能
  • ×LEDを点灯させるとノイズが乗る

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、wigwangさんのBluetoothスピーカーです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

化粧箱。

 

305B6649

 

同梱品。スピーカー、USBケーブル、オーディオケーブル、両面テープ、説明書。

 

16B91DC6

 

スピーカー本体。アクリルミラーが特徴的です。

 

0A556CC0

 

ボタン類は電源ボタン以外上面に集中しています。

 

57210BA0

 

サイドにUSB端子とオーディオ端子。

 

FB68868959309D05

 

説明書には日本語無し。

 

E49CA364

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

気になるところ

 

LEDを点灯させるとノイズが乗る

このようなスピーカーには、宿命としてホワイトノイズの『サーッ』との音が乗ることが多いです。このスピーカーも最初はホワイトノイズが壮大に乗っており、これは欠点かなと思ったのですが、LEDを消灯したらそのノイズがほぼ消えました。どれくらい消えたかというと、LEDを点灯させているときが100だとすると3くらいになりました。びっくりするくらいノイズが消えました。これだけホワイトノイズが乗らないBluetoothスピーカーはあまり記憶にありません。LEDを消灯すれば…ですが。

 

どうしてもLEDを光らせたい人の場合、LEDを点灯するとノイズがかなり乗るので厳しいかも…。ただ、暫く使用してエイジングが済むと、LEDのノイズは無くなるかも知れません。この辺りは何十時間も使用してみないとなんとも言えませんが…。

 

逆にLEDを光らせることはどうでも良いと言う方なら、これだけホワイトノイズが乗らないBluetoothスピーカーは珍しいのでその1点だけでも購入の意味があるかもしれません。

 

10W+10Wの出力スピーカー

このスピーカーは10W+10Wの合計20Wの出力があるため、個人的にはかなり迫力のあるサウンド出ていると感じました。ちなみに、30インチ程度までのPCモニタに付いているスピーカーは、1W+1Wか、良くて2W+2Wが多いです。

 

音質に拘りがある方でも詳しくも無いので、参考までにしておいて欲しいのですが、かなり音質は良いと感じました。まあ、普段はPCモニタに付属している2W+2Wのスピーカーで満足している馬鹿耳の持ち主であることは自覚していますが…。それでも一応、少なくない数のこのようなBluetoothスピーカー、ヘッドセット、ヘッドホンを使用してきて、かなり良い音質だと感じました。

 

また、スピーカーは正面や背面に突いているわけではなく、両サイドにパネルのように取り付けられていました。なので、正面に取り付けられているタイプの物より、ステレオの広がりは感じることが出来ると思います。ただ、その分音の指向性が横になるので、音が逃げている感じがするかもしれませんが、私は気になりませんでした。

 

81FC9F95

 

6色のLEDライトを選択可能

面白い機能としては、正面と背面のアクリルミラーにLEDが沢山付いており、これが6種類の光り方をすることです。それはもうピカピカ光ります。

 

7B7F980525C26B41

 

PCケースでもこのようなピカピカ光るLEDがあるので、このような煌びやかに光るLEDはある程度の需要があると思われます。このような物が好きな方の場合、このスピーカーは合うと思います。また、LEDなんて入らないという方のため…なのかはわかりませんが、勿論LEDを完全オフにする事も出来ます。上面のライトモードボタンを推すと、6種類の光り方+消灯が順繰りに変わっていくので、ここでLEDをオフにすることも可能です。

 

有線接続が可能で汎用性が高い

接続方式がBluetooth飲みの場合、Bluetoothが搭載している端末か、後付けでその機能を追加するしか無いのですが、オーディオケーブルが付属していることでもわかるように、有線接続も可能です。Bluetoothとオーディオケーブル両方が使えるので汎用性が高く、PCやスマホのみならず、TVやコンポに簡単に接続することが出来ます。

 

USBで給電しながらの使用が可能

無線のスピーカーの場合、バッテリー持ちに限度があるので、常設のスピーカーとして使用するには足枷になってしまうのですが、このスピーカーはUSBケーブルで給電しながらの使用が可能なため、PCの外部スピーカーとして使用することも簡単に出来ました。この方法だと、USBケーブルが接続されてしまうので、無線の取り回しは損なわれてしまうのですが、それでもたった1本のUSBケーブルでハイパワーの外部スピーカーになり、バッテリー持ちの心配が無くなります。

 

おわりに

前述もしたように、音質に関してこだわっているわけでも詳しいわけでも無く、7万8万するような高級なスピーカーを使用したことも無いのですが、これまでいくつもの1万円以下のBluetoothスピーカーを使用してきた中では、今までで1番音質が良いかもしれません。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品

The following two tabs change content below.
記事を読んでいただき有り難うございました。当ブログは管理人が日々購入した物や観た物の感想やレビューを書いていくHPです。何かの参考になれば幸いです。(詳しいプロフィールお知らせレビュー依頼お問い合わせ

関連記事

  1. 静音性と冷却性を自分好みにセッティング出来る「CC-9011015-WW(550D)/Corsair…

  2. ケーブルの付け替えをしなくて良い「3 IN 1 usb to micro to lighting t…

  3. 個別スイッチ付きで節電出来るUSBハブ「USB-HSM410BK/サンワサプライ」レビュー

  4. バイクにスマホを設置「バイク用携帯ホルダー/SIS」レビュー

  5. ゲームパッドのように捜査するミニキーボード「IC-RF02/iClever」レビュー

  6. 防水スピーカー「IC-BTS04/iClever」レビュー

  7. 極小のBluetooth片耳ヘッドセット「BSHSBE18/BUFFALO」レビュー

  8. 軽くて極薄「10000mAh 大容量 モバイルバッテリー/MIDWEC」レビュー

  9. マウス操作の疲れを軽減「MPD-MU1NBL/サンワサプライ」レビュー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP