「アクションカメラ/SEZAC」レビュー ~しっかり明るく撮影出来るアクションカメラ~

今回レビューするのは、SEZACさんのアクションカメラです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 【ハイコスパ4K/20MP/SONYレンズ】プロの4KとSONYセンサーによって、フルハイビョンの4倍のきめ細かさを記録できて、美しい瞬間を捉えます。
  • 【30M強力防水&手ぶれ補正機能】強力の防水ケースを持つので、30Mまでも防水できて、防塵性・耐衝撃性・耐低温性もあります。手ブレ補正とジャイロ機能をつけるので、水泳、サーフィン、ダイビングなどのアクティビティ中にはっきり記録できます。
  • 【Wifi対応・リモコン付き】「OKCAM」アプリをダウンロードしてから、SNS/twitter/Facebookなどにアップして、お友達やご家族と感動をシェアできます。 多種の撮影モードを搭載しており、ドライブレコーダーとしても使用可能です。リモコンをつけるので、遠隔操作が可能です。
  • 【1050mAhのバッテリー2個】2個バッテリーをつけるので、4K動画では90分の録画も可能で、1080P動画では120分の録画も可能です。どんな大切な瞬間でも電源が切れる心配もさようなら。

 

長所と短所

  • ○4K撮影が可能
  • ○30M防水のハウジングケース
  • ○リモコン操作が可能
  • ○wifi経由でのスマホアプリでの操作が可能
  • ○バッテリーが2個付属で長時間使用可能
  • ○付属品がある程度揃っている
  • △手ぶれ補正はオマケ程度

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
019B7B4C

 

パッケージ内容
E17C6A3B

 

セット内容
902C4974

 

写真と動画

外観

アクションカメラは30メートル防水ケースに予め装着されています。

782D46AD

 

防水ケースをしたままのボタン操作がが全て可能です。

B1BB5FB2

 

100円玉と比較しても小さいことがわかります。

79618FE5

 

重量は防水ケース抜きの本体のみで60.5g。

C73039B1

 

付属アクセサリーは全て詳細に記されているので初心者でもわかりやすいと思います。

6015B270

 

こんな感じで全てのアクセサリーに説明があります。

91A5AD21
動画

 

使用した感想

○4K撮影が可能

7千円程度の安いアクションカメラですが、フルハイビジョン(1920×1080)を遙かに超える4K撮影が可能です。ちなみに、選択できる撮影解像度は下記の通りになります。

 

  • 4K/24fps
  • 2K/30fps
  • 1080P/60&30fps
  • 720P/30&60&120fps
  • WVGA/30fps
  • VGA/P240&P30
  • QVGA/P30
62D0F2D1 6E5ED302 4FB28334

 

少し解説すると、現在TVで放送されている映像の最大解像度や、Blu-rayの解像度は1080Pです。4Kと2KはTV放送やBlu-rayを上回る解像度になります。解像度=画質ではありませんが、少なくとも画素数ではそうなります。

9802EE2E

 

また、TV放送のfps(フレームレート:1秒間に撮影する静止画枚数)は30fpsなので、2k以下ならTV放送と同等かそれ以上、4KだとTV放送と比較して2割減となります。フレームレートは多ければ多いほど動画が滑らかでヌルヌル動き、少なければ少ないほどカクカクした動画になります。なので、このアクションカメラで言うと、720Pは120fpsなので、ヌルヌルとなり、4Kは24fpsなのでTV放送よりも2割カクカクすることになります。

 

ただ、この差を人間が感じるかどうかは人によりますし、撮影シーンにもよります。個人的には4kの24fpsでもカクカクは感じませんでしたが、スポーツなど動きの激しいシーンでは、分かる人、こだわる人がいるので注意が必要です。720Pの120fpsではカクカクは全く感じず、滑らか動画な事が分かります。

 

下記に24fpsと60fpsの比較動画をリンクしておくので確認してみてください。これで物凄く違いが分かるとか、気になるようなら、4Kで30fps録画出来るアクションカメラを購入した方が良いかもしれません。

 

 

4Kの30fps対応アクションカメラだと、あと2,3千円出せば購入出来ます。もっと安い4kの30fpsのアクションカメラもありますが、なんちゃって30psの場合もあります。これはスペックからでは見分けが付かないので、使用者のレビューを読むなどして判断してください。個人的な経験から書くと、1万円近い物の場合、なんちゃって4K30fpsはありませんでした。

 

 

ちなみに、録画される動画はどのように管理されるかと言うと、下記のように設定の分数で1ファイルごとに区切られ、撮影している最中、延々動画ファイルを作り続けます。

CB698750

 

このアクションカメラをUSBケーブルでPCと繋ぐと、USBドライブとしてエクスプローラーに表示されます。

 

○30M防水のハウジングケース

アクションカメラに必須の防水ケースも勿論付属しています。他のアクションカメラと同じく、30Mの水深まで耐えられる防水ケースです。造りも問題なくきちんと密閉されます。

 

防水ケースとはなっていますが、基本的に水気のない場所で使用する場合も、常に装着していた方が良いです。私は裸運用しているときに、不意に雨が降ってきて、15分ほどそのままにしていたら壊れたことがあります。このような不意の雨に対応するのも勿論ですが、耐衝撃性もこの防水ケースにはあります。数メートルの高さから落としても壊れませんし、野球やサッカーのプレイ時に使用してボールが当たっても問題ありません。

32BC1BC3

 

アクションカメラと言うと前述の通り、動きながら使用する物なので、不意な雨や落下、衝撃の危険性とは常に隣り合わせです。100回中1回不意な事故があったとして、その1回で壊れては元も子もないので、防水ケースは常に装着して使用しています。

 

防水ケースの問題点としては、これを装着すると、USBケーブルをそのままでは接続出来ない事が挙げられます。

 

PCに動画を転送する際、または充電する際、アクションカメラにUSBケーブルを接続しますが、その度に防水ケースを開けなければなりません。また、そうあることではありませんが、SDカードの出し入れも防水ケースをしたままでは出来ません。面倒なことはこれくらいですかね。ちなみに、ボタン操作は防水ケースにもボタンが付いているので、全て防水ケースをしたまま出来ます。

 

○リモコン操作が可能

遠隔操作ができるリモコン付きです。リモコンとは言っても、全ての操作や設定が出来るわけではありません。写真撮影の開始と録画撮影の開始ボタンしかありません。必要最低限ですが、アクションカメラ本体を弄らなくて良いのは結構便利です。ちなみに、操作できる最大距離は15メートルとなります。

B14C0B57

 

アクションカメラの角度をちょうど良く設置した後、アクションカメラを触ってしまうと、角度が変わってしまう場合があります。綺麗に手元を映すような一人称視点に設置したのに、角度が変わってしまっては元も子もありませんからね。また、リモコンも防水対応なので、ある程度の水濡れには対応しています。ただし、さすがに防水ケースと同じような30M防水ではないので、水中や海やプール上で使うことは出来ません。

 

○wifi経由でのスマホアプリでの操作が可能

最近は多いですが、スマホアプリでアクションカメラの操作が出来ます。これは、前述のリモコンと違い、色々な設定や操作ができますし、スマホで今現在の撮影動画の映像を確認出来ます。ただ、『同じwifi内』との条件付きなので、外でどこでも使えるわけではありません。基本的には宅内や、特殊な外でのwifi環境限定になるかなと思います。

37AC26DC

 

便利なのですが、どこでも同じように使えるわけではなく、環境にかなり依存して使えない場面も多くあるので、過度な期待は禁物だと思います。これがどこでも使えれば最強なんですけどね。そんなアクションカメラは今のところ経験がありません。

 

○バッテリーが2個付属で長時間使用可能

容量は1050mAhで、4K撮影で約100分超持つバッテリーが2個付属しています。なので、この2個のバッテリーで最大3時間超の撮影が可能となります。また、空になったバッテリーを撮影中に充電する環境があれば、この2個のバッテリーをループして延々撮影が出来るようになります。

8ACC10CF

 

延々ループ撮影するために必要な道具は、充電器とモバイルバッテリーです。このアクションカメラのセットには、充電器も付属しているました。充電器が付属していないアクションカメラも多いので、これは大変助かります。

0B1EA828

 

バッテリーは汎用の物です。これも付属の2個以上にもっと欲しければAmazonで安く購入することが出来ます。長時間使用する予定のある方や、いちいち出先で充電するのが面倒な方は、こちらも安いので購入しちゃって良いと思います。

06EE9977

 

また、10000mAh程度のモバイルバッテリーを用意しておけば、車がなくてもどこでも充電が出来るのでお勧めです。

 

 

10000mAh程度だと適度にコンパクトで軽いので持ち運びの苦になりません。この容量だと、9回分充電出来るので、90分×9で810分アクションカメラで録画可能になります。およそ13.5時間ですね。これだけ録画出来る時間があれば、1日中外で撮影していたとしても十分でしょう。

 

アクションカメラをヘビーに使う方の場合、アクションカメラモバイルバッテリー+充電器の組み合わせはお勧めです。どのみち今はスマホをはじめ、なんでもかんでもUSB充電出来る機器になっているので、モバイルバッテリーがあって損をすることはないです。

 

○付属品がある程度揃っている

付属品は小型の物はある程度揃っています。自転車のハンドルに取り付ける物、手首に取り付ける物、パンツのポケットやベルト部分に取り付けるクリップ、車のダッシュボードに取り付ける物。これらは付属しています。ただし、大型のマウンターは付属していません。胴体に取り付ける胸ベルトや、頭に取り付ける頭ベルトなどですね。個人的にはこれら2つをよく使うので、別途サードパーティー製のアクセサリーセットを購入しました。

 

 

付属品のアクセサリーは豊富で、初めての方だと、どれをどのように組み合わせて使うかわからないと思いますが、その組み合わせ方法もきちんと説明書に記載されています。これだけ説明されていれば安心だと思います。

4AFF8C8A

 

サードパーティー(他社)製のアクセサリーセットは、全部入りで3千円程度です。本当に全部入りで、これ1個購入すれば、あとはあれが足りないこれが足りないと言うことはなくなり、いちいち悩むことがなくなるのでお勧めです。いくつかアクセサリーセットは持っていますが、サードパーティー製でも剛性や精度に問題は無く、普通に使えます。

 

良くTVである一人称視点(バイクや自転車での一人称視点)を手軽に取りたいのであれば胸ベルト。手元や足下を厳密に撮影したい場合(野球やサッカーのプレイ時の一人称視点)は頭ベルトが最適です。

 

下記は胸ベルトにこのアクションカメラを装着して自転車で走って撮影したところです。詳しくは前述した動画の後半にあるのでご覧ください。

05F01108

 

この日はあいにくの雨で、昼間でも薄暗かったのですが、きちんと明るく撮影出来ていると思います。安いアクションカメラの場合、明るく撮影出来ない物も多いですが、このアクションカメラは十分明るく撮影出来る機種だと思います。また、雨なのでアクションカメラも濡れましたが、防水ケースに入れていたので、当然ながらピンピンしています。

45AD5ABC

 

△手ぶれ補正はオマケ程度

手ぶれ補正機能があるにはあるようなのですが、手ぶれ補正が効いているのかいまいちわかりませんでした。これは他のアクションカメラでも同じで、安い物はあまり役に立ちません。

 

手ぶれ補正はあって困る物ではありませんが、あくまでオマケ機能として捉えておいて、過度な期待はしない方が良いです。さすがに5万円、6万円するGoProの手ぶれ補正機能とは違います。まあ、GoProと同等の手ぶれ補正が出来たら、この価格では購入出来ませんよね…ってことで割り切ってください。

 

 

総評

アクションカメラと言えばGoProです。TV撮影でも使われるプロ御用達です。画質は良いですし明るく撮影出来ますし、アクションカメラで最高峰なのは間違いありません。ただ、私たち一般人が遊びで使うガジェットとして考えた場合、5万円も6万円もするGoProが果たして本当に必要なのか…と考えると微妙な気がします。

 

勿論、お金がある人はサクッとGoProを購入しちゃって良いと思います。なんと言っても間違いはありませんから。ただ、学生や初めてのアクションカメラの方、それほど頻繁に使うわけではない方に取ってはやはりお高いですよね。このような場合、GoProではなく、1万円を切る程度のアクションカメラでも十分だと思います。この結論は、GoProも使用し、このような安いアクションカメラをいくつも使用した筆者の経験から導き出した答えです。これが正しい答えなのかはわかりませんが、少なくとも7千円程度でここまで遊べるなら、少なくとも投資した分は回収出来ると思います。

 

アクションカメラにはまり、いずれGoProを購入する方もいるかもしれません。しかし、まずはアクションカメラを使ってみて、自分にとってどれほど楽しく、便利な遊び道具になるかを知らなければなりません。その上で、もっと良いのが欲しいとなったら、ハイグレードのGoProを購入すれば良いんです。初めからGoProを購入する必要はありません。まずはアクションカメラのお試しとして、1万円以下のアクションカメラを購入することをお勧めします。

 

もし、その後GoProにステップアップしたなら、安いアクションカメラはオークションで売るなり、友人にあげるなりすれば良いんです。また、安いアクションカメラで十分だと思えば使い倒せば良いんです。

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人

 

向いていない人

 

リンク

関連記事

 

商品

関連商品

 

当該商品