「モバイルバッテリー K20/Hisupeer」レビュー ~3種類のケーブルで入力出来る~

今回レビューするのは、Hisupeerさんのモバイルバッテリー『K20』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • 【驚きの大容量】:26800mAhの大容量で、iPhone Xに約6.3回、Galaxy S9に約5.6回、iPad Air (2018, 9.7インチ)に約2.7回の充電が可能です。小型の上に26800mAhの超大容量により、出張、旅行やキャンプなど電源の取りにくい環境でもスマホの電源を心配しなくて楽です。(ご注意:モバイルバッテリー本体は26800mAhの大容量なので、少し重いがあることを予めご了承ください)
  • 【二台同時充電】:2つUSBポートがありますので、スマホを2台同時に充電できて大変便利です。携帯充電器は5V/2.1Aと5V/1Aの出力で、スマートフォンの急速充電に対応可能です。その上、Micro USB、Type-CとiPhone入力ポートをどちらからでも本体への充電が可能です。日頃のご使用だけでなく、旅行・ハイキングや地震・災害時にも非常用電源として大活躍しております。
  • 【鏡面仕上げデザイン】鏡面仕上げデザインを採用し、ガラス製の表面で高級感に溢れています。外郭は高度的抗酸素難燃材料を使用し、省エネで放熱が易くなります。内部は過充電、過電圧保護や温度管理など優れた機能を搭載し、充電によって生じる恐れのある放熱や発熱といった症状からお客様とお使いの機器を保護します。
  • 【LCD残量表示】 バッテリーの残量はLCDディスプレイで表示されます、1%から100%までの残量が把握しやすいです。懐中電灯としてのLEDライトが搭載されているので暗い場面でも安心して使うことができますし、停電などの非常時にも心配がありません.

 

長所と短所

  • ○26800mAhの大容量
  • △大容量なので大きくて重い
  • △表面がツルテカなので指紋がべったりと付く
  • ◎豊富な入力ポート
  • ×どちらが急速充電対応のポートがわからない
  • ◎バッテリー残量や充電状況が一目で分かる液晶表示
  • ○急速充電対応

 

外観

パッケージ外観
18EBACBF

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

66122EFE

 

モバイルバッテリー。

CF72DE6B

 

USBケーブル。

2CCF522E

 

説明書。日本語ページあり。

3C003166

 

動画

 

スペック

  • バッテリータイプ:リチウムポリマーバッテリー
  • バッテリー容量:26800mAh/99.16Wh
  • 出力電圧:DC 5V/2.1A(MAX)、5V/1A
  • 入力電圧:(microUSB、Lingtning、Type-C)5V/2A(MAX)
  • 本体サイズ:約169*82*25mm
  • 本体重量:約450g
  • 本体へ満充電時間:約10時間(2Aの充電器)
  • 使用環境温度:-10℃~45℃

 

使用した感想

○26800mAhの大容量

このモバイルバッテリーの容量は26800mAhで大容量です。昨今のスマホのバッテリー容量は普通の物で3000mAh程度。大容量を売りにしている物で4000mAhを超えるくらいです。それを考えると、スマホを空から満充電まで6~9回ほど充電できることになります。

3C4C4AF1

 

スマホを空から充電することはほぼないと思うので、体感的にはもっとたくさん充電できます。これだけの大容量なら、スマホ2台持ちやノートPCを使用している方でも余裕があります。

 

△大容量なので大きくて重い

難点としては容量が大きい分、モバイルバッテリー自体の大きさや重さがあることです。縦横の見た目の大きさは千円札の一回り大きいくらいなのですが、重さと厚みはあります。重さは計測したところ448.5gでした。

2E7D719F

 

こちらの画像は5.5インチのスマホと比較したところです。前述のように縦横は許容範囲なのですが、バッテリー容量が大きい分厚みはどうしても出てしまいます。

5F6F0210

 

縦横はともかく、厚みがあるので気軽にポケットに出し入れするのは厳しいです。バッグに入れて持ち運ぶことが前提と考えた方が良いです。

 

△表面がツルテカなので指紋がべったりと付く

表面はツルテカです。光沢のあるブラックで、ガラスのような素材が全面を覆っています。デザイン的には綺麗なのですが、その分指紋や皮脂、汚れが付きやすくなっています。

F92D2A4F

 

裏面も同じようにガラスの膜で覆われている感じです。

87931885

 

この表面は液晶表示部分と一体化になっており、デザイン的には綺麗ではあるのですが、指紋や皮脂が付きやすくなってしまう欠点があるようです。

 

◎豊富な入力ポート

ユニークな点としては、モバイルバッテリーを充電する入力ポートが豊富なことが挙げられます。使用できるケーブルがUSB Micro B、USB Type-C、Lightningの3種類です。現在利用されているUSBケーブルはほぼ使用できます。USB Type-CとLightningは、出力ポートと同じ面の両端にあります。

E917F356

 

Micro Bだけは側面にあります。3種類のUSBケーブルを使用できるので、どこで使用するにしても、自分の持っているスマホなどがなんであれ、入力にも出力にも同じケーブルを使用できるので、外に持ち出すケーブルは1本で済みます。

EB757F3E

 

×どちらが急速充電対応のポートがわからない

出力は真ん中の2ポートなのですが、片方が2.1Aの急速充電対応で、もう片方が1Aとなっています。しかし、画像を見れば分かりますが、どちらがどちらなのか目印や刻印がないのでわかりません。見分け方としては、USB Type-C側が急速充電対応で、Lightning端子側が通常充電と覚えれば良いと思います。

3D578771

 

実際に使用すると、液晶画面に1Aなどの表示が出るので、今使用しているのはどちらかはわかるようになっています。もし間違ったら液晶部分を見て入れ替えると良いでしょう。ただ、やはり目印のアイコンか文字の刻印が欲しかったです。

 

◎バッテリー残量や充電状況が一目で分かる液晶表示

バッテリー残量は液晶画面に数値でしっかりと表示されます。パーセンテージの1刻みで表示されるので正確なバッテリー残量が分かるようになっています。適切なタイミングで充電をできるのでとても便利です。

7D9DD7DB

 

バッテリー残量がわかるだけではなく、現在使用している状況もOUTやINなど表示されますし、充電速度も1Aなどと表示されるます。液晶の情報はコンパクトにまとめられていながらわかりやすいです。

 

○急速充電対応

前述もしましたが、USB Type-Cに近いUSBポートでは急速充電が可能です。実際に使用したところ、きちんと急速充電で利用できました。

8BFD9A96

 

急速充電は、充電先が急速充電に対応している必要がありますし、ケーブルも対応品が必要ですので注意してください。

 

総評

大容量の分厚みがあって重いので、スマホ1台程度なら10000mAh程度で小さくて軽いモバイルバッテリーを選んだ方が良いです。

 

26800mAhの大容量モバイルバッテリーなので、スマホ2台持ちやノートPC、タブレットなどを持ち歩く方で、頻繁に使用する方でも余裕で2,3日は持つのでお勧めです。

 

こんな人にお勧め

  • スマホ2台やノートPCなどを外で使用する人
  • バッテリー残量を数値で表示して欲しい人
  • 入力にMicro B、Type-C、Lightningの3種類あるモバイルバッテリーが欲しい人
  • 急速充電できるモバイルバッテリーが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品