「スマートウォッチ Mibro Lite (XPAW004)/Mibro」レビュー ~初心者でもすぐに使える~

今回レビューするのは、Mibroさんのスマートウォッチ『Mibro Lite (XPAW004)』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

Mibroisは、XiaomiとLongqiによって投資されXiaomiの主要なエコロジーチェーンメンバー1つである  ZhenshiTechnologyのブランドです

私たちは、手頃な価格の高品質のハイテク製品をユーザーに提供することに熱心です。独自のインテリジェントハードウェアを設計、開発、製造し、厳格な製品品質管理システムを通じて製品の品質を確保します。私たちの使命は、自由と技術を結び付け、人々の生活を簡素化することです。

 

長所と短所

  • ○盤面が大きいので見やすい
  • ○液晶画面が綺麗で見やすい
  • ○充電が簡単
  • ○全画面タッチで操作しやすい
  • ○回転点灯機能付きで確認しやすい
  • ○アプリが使いやすい
  • ○豊富なウォッチフェイス
  • ○一通りのヘルスモニター搭載
  • ○24時間体調管理してくれる
  • ○一通りの通知関連あり
  • ◎音楽再生のコントロールが便利
  • ○8~10日持つロングライフバッテリー
  • ◎IP68の防塵、防水性能

 

外観

パッケージ外観
BB5D8D2C

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

FF7936F0

 

スマートウォッチ。

60CBB954

 

USB充電器。

892B4DE7

 

注意書き。英語のみ。

6E7A1BEE

 

説明書。日本語ページなし。

B2A5CB30

 

動画

 

スペック

  • 名前: Mibro Lite
  • 寸法:直径43mm、厚さ9.8mm(心拍数ボスなし)
  • バンドサイズ:幅20mm、拡張長さ245mm
  • 重量: 48g(ストラップ含む)
  • 材質:金属+プラスチック+液体シリカゲル
  • Diaplay: 1.3インチAmoledフルサークルカラーHDスクリーン
  • バッテリー寿命:デイリーモードで8日、ベーシックモードで10日
  • 充電ポート:磁気充電ポート
  • Bluetooth: Bluetooth V5.0
  • センサー:光学式心拍数センサー、Spo2センサー、加速度計
  • 作動温度: -20℃〜45℃
  • APP: Mibro Fit
  • APPサポート: Android 5.0以降、IOS10.0以降をサポート(機能は特定の時計モデル、携帯電話、国によって異なります)
  • ウォッチ言語:簡略化された中国語、英語、フランス、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、日本語、韓国語、タイ語、アラビア語、インドネシア語、ベトナム語、トルコ語、ドイツ語、イタリア語、ポリッシュ、(ペルシャ語)
  • APP言語:簡略化された中国語、英語、フランス、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、日本語、韓国語、タイ語、アラビア語、インドネシア語、ベトナム語、トルコ語、ドイツ語、イタリア語、ポリッシュ、(ペルシア語)
  • リマインダーメッセージ:SMS、Gmail、Skype、Twitter、Facebook、WhatsApp、Instagram、VK、Snapchatなど。
  • メッセージ言語:時計ファームウェアと同期された言語
  • その他の機能:リモート写真撮影、音楽再生、時計の検索、電話のミュート、着信通知、邪魔しない、アプリメッセージアラート、カレンダーリマインダー、イベントリマインダー、天気、タイマー、電卓、ストップウォッチ、アラーム、画面ロック、充電進行状況の表示、OTAのアップグレード。

 

使用した感想

○盤面が大きいので見やすい

Mibro Liteは液晶画面が1.3インチです。スマートウォッチとしては大きめで、顔から離して画面を見ても情報が見やすいです。また、全画面タッチ液晶なので、太い指で触っても誤操作が少ないです。

 

画像のように、百円玉よりもずっと大きい液晶画面で、直径4.32cm。重さは48.3gと軽量。

97C5E603

 

実際に装着して重すぎると言うことはありませんでした。普通の時計と同じような感覚です。盤面は1.3インチと多きのですが、男性の私が装着して特に大きすぎるとか目立つといいうこともありません。

 

○液晶画面が綺麗で見やすい

液晶画面は1.3インチで大きく、光の反射にも強いので、夜間や昼間の太陽光の物でも非常に見やすかったです。

 

視野角も広いようで、上下左右角度を付けて見ても、時刻や文字などが見やすくなっていました。ちなみに、画面解像度はこの小さな液晶画面ながら360×360なので高精細です。

 

○充電が簡単

充電は非常に簡単でした。専用のUSB充電器が付属しています。Mibro Liteの裏側にこれを取り付けるだけです。マグネットになっているので、方向さえ合っていれば適当に近付けるとカチッと勝手に吸着してくれます。

BBB49E0A

 

スマートウォッチのバッテリー容量は少ないので、ノートPCのUSBポートからでも充電できます。

 

○全画面タッチで操作しやすい

Mibro Liteの液晶画面は全画面てっちえきしょうとなっています。つまり、スマホと同じように、画面内のアイコンや文字を立ちすると、きちんとそこが反応して操作を受け付けてくれます。

B6D6ABAC

 

スワイプ(上下左右のスクロール)にも対応しており、メニュー画面の遷移など、横や縦のスクロールで操作できるのは非常に楽ちんです。

 

○回転点灯機能付きで確認しやすい

画面は腕をくるっと顔側に回転させたり、急激に持ち上げると自動で点灯します。この機能がないと、いちいちもう片方の手で画面をタッチしないとなりません。

7A0CC185

 

回転点灯機能は設定からオン、オフ切り替えられますが、基本的にオンの方が便利です。点灯してから数秒で画面が消えるので、バッテリーも無駄に消費することはありません。

 

この機能があるおかげで、自転車やバイクに乗っているときも、腕を顔側に向けるだけで時間などを確認出来ますし、荷物で両手が塞がっている場合でも問題なく時間を確認することができます。

 

○アプリが使いやすい

Mibro Liteの説明書に日本語説明書はありませんでしたが、スマートウォッチ自体やアプリの使い方は簡単でした。

 

まずは使い始めるまでの手順を記載していきます。

 

Mibro Liteの横にあるボタンを押すか、腕に付けて盤面を顔側に向けると画面が点灯します。

AD856136

 

最初に言語の洗濯が出てくるので、下へスクロール(スワイプ)して『日本語』を選択。すると、画面にQRコードが出てくるので、これを接続したいスマホのカメラでQRコード読み取りアプリを使用して読み取ります。

B8022765

 

するとGoogle Playの『Mibro Fit』のページに飛ぶのでダウンロードします。

 

アプリを立ち上げると、アカウントの登録の画面になります.メールアドレスとパスワードを入力すると、そのメールアドレスに認証番号が送られてきます。その番号をアプリに入力すればアカウントの登録が完了。

B6EC876F1721BDC1

 

機種によってはスマホの通知関連などの設定を、スマホの設定項目から変更しないといけないので指示に従います。

E2A9B8CA49F4FC33

 

まだこの段階ではスマホとMibro Lite は接続されていないので、下にある『装置』を選択。装置の追加を選択。するとあっと言う間にBluetoothでペアリングが完了。これでスマートウォッチが使用できるようになりました。日時も自動で取得されるので設定する必要はありません。

5CE197CFScreenshot_20210919-203635

 

最後に自分の身長や体重、生年月日などを入力して初期設定は完了です。自分のデータを入力することにより、一歩の距離、消費カロリーなどを自動で計算してくれるようになります。

FF6DEF45Screenshot_20210919-203711

 

基本的にアプリを立ち上げたら、そのアプリの指示に従っていけば初期設定は完了します。5分程度で終わったので非常に簡単でした。

Screenshot_20210919-203624Screenshot_20210919-203543

 

 

○豊富なウォッチフェイス

盤面のデザイン(ウォッチフェイス)は豊富です。Miroシリーズはいくつもあり、前からリリースされているので、それらがほぼ全て流用できるようです。そのため、今まで蓄積した豊富なウォッチフェイスが使用できます。

 

ウォッチフェイスの変更も簡単で、デフォルトで入っている物以外はアプリから選択してDLします。そうするとスマートウォッチ本体にウォッチフェイスが転送されリストに追加、変更されます。

4B32F6D73BA0A523

 

サイバーなデジタル時計のようなウォッチフェイスもあれば、こちらのようにアナログ時計のようなウォッチフェイスもあります。好みのデザインが見つかると思います。

DSC05965

 

ちなみに、色々試しましたが、デフォルトのウォッチフェイスに落ち着きました。デフォルトのものは優秀で、デジタル時計が心拍数や消費カロリーなど、複数の情報が小さい画面に効率よく配置されています。

A720988A

 

○一通りのヘルスモニター搭載

ヘルスモニターは一通り揃っています。画像には参考のため、ヘルスモニター以外も全てのメニューを載せています。

C2C5050C

 

ヘルスモニターだけ抜き出すと以下のようになります。

 

  1. 運動
  2. 運動データ
  3. 心拍数
  4. 血中酸素
  5. 睡眠レポート
  6. 圧力
  7. 呼吸
  8. MET

 

コロナ渦で今話題の今話題の血中酸素の項目がありますが、あくまでこれは簡易的なデータなので留意してください。

 

MET(metabolic equivalent)とは、簡単に確と運動の強度です。運動によりどのくらいエネルギーを消費したかという、運動量の総合的な数値と思ってください。要はどれだけ運動したかですね。

 

地味に便利なメニューは計算機。買い物を良くする方は、スマホで会計前に値段を計算することや、100gあたりいくらか計算したりすると思います。それをスマホを取り出さずスマートに行えます。また、ストップウォッチもあるので、1km何分で走ったか、歩いたか。益から目的地まで徒歩や自転車で何分かなどを計測することができます。

 

アプリは画像のように数値が集計されてグラフ表示されるのでわかりやすくなっています。

 

また、アプリを使用しなくても、スマートウォッチ本体の画面に、ある程度の簡易的なグラフや数値が表示されることも特徴の1つです。安いスマートウォッチの場合、全てをスマホアプリ表示し、本体ではほぼなにも表示されない物もあります。

 

○24時間体調管理してくれる

ヘルスモニターが揃っているので24時間ユーザーの体調を管理してくれます。特に面白いのは睡眠モニター。

 

このスマートウォッチをしたまま眠ると、しっかり睡眠が取れたかどうかなどを通知してくれます。

 

○一通りの通知関連あり

スマートウォッチではヘルスメーターも便利ですが、スマホに来る通知をスマートウォッチに転送してくれるのも便利です。Mibro fitの設定から、簡単に通知させたいアプリを選択することができます。

Screenshot_20210919-204954

 

アプリ1つ1つ通知のオンオフが個別に設定できるので、電話とLINEだけ通知して、メールはリアルタイムの変身は必要ないのでオフに…なんて、ユーザーライクなカスタマイズができます。

 

◎音楽再生のコントロールが便利

スマートウォッチ本来の機能ではないのですが、音楽再生のコントロールはやはり非常に便利です。私は移動中、ほぼ100%音楽やラジオを聴いています。そのとき、音量を変更したり、局をスキップしたりする場合、イヤホンのボタンを押すか、スマホを取り出して直接操作するしかありませんでした。しまし、スマートウォッチでこれらの操作ができると楽なんです。

BCA65FF3

 

いちいち手を耳に持っていったり、ポケットからスマホを取り出す必要はなく、スマートウォッチの画面に出てくるボタンをタッチするだ良いんです。また、イヤホンによっては音量か曲の変更が出来ない物もあります。しかし、それも関係なく、スマートウォッチから曲も音量の変更もできます。頻繁にイヤホンで音楽を聞く方はスマートウォッチを購入すると便利になるはずです。

 

○8~10日持つロングライフバッテリー

バッテリーは非常に長く持ちます。通常使用だと10日間。日中頻繁に計測などをする方の場合だとおよそ8日間持ちます。

 

前述もしましたが、通常は液晶画面が消灯し、画面を顔側に向けたときだけ画面が点灯するた、バッテリー消費が極限まで抑えられています。

 

◎IP68の防塵、防水性能

防振防水性能は最強レベルです。防塵が6、防水が8でどちらも国際規格で最高レベルとなっています。

 

どんな細かい粉塵があっても内部に入り込みませんし、防水は水没させても全く問題ないレベルです。

 

スポーツウォッチとして使用する方が多いと思うのですが、汗や雨、水泳でも問題ありません。泳いでいるときやシャワーを浴びているときも、このスマートウォッチを外す必要はありません。

 

総評

Mibro Liteという名前の通り、Mibroシリーズの入門機との立ち位置のようですが、機能面では必要十分でした。一通りのヘルスメーター、通知、音楽の操作、アプリの使いやすさ等々、普通に使う分には不足は感じません。

 

安いスマートウォッチの場合、ヘルスメーターでの警告が弱い物もあるのですが、こちらは心拍数や色々なヘルスメーターで、設定した数値を上回ったら、または下回ったら警告してくれるのでこちらも十分でした。

 

こんな人にお勧め

  • 簡単に接続、設定できるスマートウォッチが欲しい人
  • ヘルスメーターや通知が一通りあるスマートウォッチが欲しい人
  • アプリがシンプルで使いやすいスマートウォッチが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品