「敷き布団 かるがる布団/スリーププラス リビング館」レビュー ~一般的な敷き布団の半分の重さ~


今回レビューするのは、スリーププラス リビング館さんの敷き布団『かるがる布団』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観

パッケージ外観
08D67D01

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

5090AA22

 

スペック

  • ◇サイズ:シングル100×200cm 厚み約5cm
  • ◇重量:約3.1kg
  • ◇側生地:ポリエステル80%・綿20%
  • ◇中綿:ポリエステル100%硬綿使用
  • ◇生産国:日本

 

使用した感想

重さが一般的な敷き布団の半分

こちらの式布団は、重さが一般的な物と比べて半分程度になっています。普通の敷き布団は重さが6kgほどあるのですが、こちらはなんと3.1kgと超軽量なんです。

9847532C

 

梱包状態は圧縮されているわけではなく、縦三つ折り×横二つ折りでした。開梱してすぐに使用し始められます。また、このような新しい商品は、独特の臭いがする場合もあるのですが、こちらはそんなことも一切ありませんでした。

 

布団は定期的に干すので、軽いに越したことはありません。また、羽毛布団のように、各ブロックで別れているため、中綿が偏ることもありません。

303BEDFB

 

高齢者の場合、床に敷く布団が当たり前の時代で育ってきて、昔からの習慣なのか、毎日布団を干す方が多いです。しかし、毎日5kgや6kgの重さを上げ下げするのは大変ですし、転倒事故に繋がりかねません。親や親戚が高齢の場合、プレゼントするのも良いと思います。

 

厚みは5cmで十分

大きさを実際に計測すると、縦約194cm×幅約98cm。おおよそ200cm×100cmですね。また、厚みは5cmです。分厚い方ではありませんが、実際に寝て底付き感は全くありません。背中に固い床を感じることは一切ないので快適です。

8BB1DA92

 

以前使用していた古い死規模トンの厚さは5cm以下でした。おそらく、長期間使用している間にへたって薄くなったのでしょう。それも十分な厚さだと感じていました。それに比べて厚さはあるので、居間の時点で不満はありません。あとは長期何使用してへたらなければ、6千円程度で購入できて、この品質なので大満足になります。

 

今のところ、使用して4ヶ月たちましたが、へたって薄くなるようなことは一切ありません。

 

高反発というより柔らかく包み込む感じ

寝た感覚としては、硬さ的には柔らかい方だと思います。また、高反発でガチガチでもなく、ある程度からだが沈み込み、体を包むような感覚になります。まだ新品だからでしょうか。古くなって水分を吸ったりして固くなったらまた違うのかもしれませんが、使用して4ヶ月ずっとこの感覚です。

A6B48D04

 

ブロックごとに別れ、凹凸のある見た目をしているのですが、背中にブロックの分かれ目や段差を感じることはありません。非常に寝心地が良いです。

 

総評

5千円を切る価格でこのクオリティは素晴らしいと思います。上を見たらキリがありませんが、十分寝心地が良く、軽く、背中に底付き感もないので満足です。

 

なんと言っても売りは一般的な布団の重さの半分ほどの3.1kgということですね。これだけ軽いと、薄くて背中に床の感覚が当たるのではないかと思うかも知れませんが、175cm65mの私が寝て、飛び跳ねてもそんな感覚はなく薄さも感じず快適でした。

 

こんな人にお勧め

  • 軽い敷き布団が欲しい人
  • 毎日布団を干す人
  • 薄くても底付き感のない敷き布団が欲しい人

 

関連リンク

 

この記事の商品