アニメ全話レビュー「機動戦士ガンダム 第38話「再会、シャアとセイラ」」

あらすじ

機動戦士ガンダム

行動不能に陥ったガンダムの捜索に出たホワイトベース。そんな中、再会するシャアとセイラ。シャアの本名はキャスバル、セイラの本名はアルテイシア。二人は、ニュータイプ思想を掲げたジオン・ズム・ダイクンの遺児だった。父を暗殺したのはザビ家だと考えたキャスバルは、復讐のためにジオン軍に入っていたのだ…。

 

見どころ

  • シャアとセイラの再会
  • ニュータイプとの単語初登場

 

初登場人物

ジオン軍
  • ジオン・ズム・ダイクン

 

4EE0A6156DB7FA9C

 

死亡登場人物

連邦軍

 

F7BF35E538ED3388

 

ジオン軍

 

A999620CFBFAFEFE

 

はじめに

今回はジャブロー以来通算3回目のシャアとセイラの再会の話です。

 

放送内容

ナレーションが多い

この頃は打ち切りが決まっていたからか、ナレーションでの状況説明が多くなってきました。また、シャアとセイラが再会したときの会話で過去が語られたのですが、それもほとんどがセリフで説明され、子供にわからないのは当然ですが、大人でも理解するまでは時間を要するような複雑な背景でした。

 

この辺りは残り数話で完結させなければならないので苦しかったのかも知れません。予定通り1年続いていれば、この辺りの背景はもう少し時間を使って説明していたような気がします。とは言え、打ち切りで短縮されたからこそ、ソロモン以降が信じられない程濃密な話になったのも事実。どちらが良かったのかはわかりません。

 

シャアはアムロの敵ではなかった

シャアは最早アムロの敵ではなかったと、前回の次回予告で言われていましたがその通りで、背後から無警戒のガンダムゲルググでビームライフルを撃っても当たりませんでした…。そしてまたガンダムから敗走です…。しかもこの時、アムロは先のマ・クベとの戦いでビームライフルのエネルギーを使い切り、近接武器のビームライフルしか武器がありませんでした。なのに…ですよ。

 

DF236E7F58685C41

 

ここではガンダムがアムロの思い通りに反応してくれない描写がありましたが、これはのちのマグネットコーティングの伏線ですね。

 

今回のガンダムゲルググの戦闘は、両者ともかなり横幅が広く…もっと言えばかなり「太ったフォルムになっていました。

 

16F085D8C738B4DD

 

最強部隊

ワッケインが抗戦しているところへ救援に向かうべくホワイトベースは急ぐのですが、その途中バロムの簡単と出くわし、セイラのGファイターとホワイトベースのみで軽く撃破していました。

 

EFA983DEA8C6AFFB

 

アムロのガンダムはテキサスコロニーで足止めされ、ハヤトも負傷中で戦力は大幅に限られているにもかかわらずあっさりと撃破です。囮部隊として孤軍奮闘して生き残ってきたホワイトベースは、結果的にその過程で大きな経験を得、最強部隊に育ってしまったみたいですね。

 

ワッケインひっそりと死亡

ワッケインはテキサスコロニーから出てくるシャアのザンジバルとの交戦であっさりと死亡してしまいました。マゼランが撃破されるその瞬間や、ワッケイン最後のシーンも描かれることなく、ホワイトベースがテキサスコロニーを出たら、そこにただ残骸が横たわっているだけでした。これはこれでキツイ描写ですね。最後の奮戦も描かれることなく、ただ死んだことが提示される無機質さ…。

 

FC6C281E95AA55BE

 

ブライト盗み聞き

フラウは疲労でボーッとしていたため、オペレーターをブライトが一時変わったのですが、これが伏線となりセイラとシャアの会話を聞いてしまい、セイラに疑念を抱く一因になりました。

 

FB2C52C8D0F5D88F

 

また、シャアはセイラにホワイトベースを降りるように説得し、生活費として金塊を送ると言うのですが…。ホワイトベースに向かってアタッシュケースに入った金塊を飛ばすという大雑把な方法でした。もしずれていたら、もしホワイトベースの誰も気付かなかったら、もし検閲されたら、もしセイラに渡らなかったら…。セイラに無事届く可能性の方が圧倒的に低いと思うのですが、何故こんな乱暴な方法をシャアは選択したのでしょうか。

 

DD1DA5F20E98F812

 

また、このセイラとシャアの会話中、初めてニュータイプとの言葉が出てきました。一応細かく見ていると、もう少し前からニュータイプの明らかな描写はありますし、解釈を広げれば、黒い三連星のエピソードでは既にその予兆が描かれてはいるのですが、言葉のみに注目するとここで急に出てきたので、辻褄合わせだなとか、ご都合主義だなと当時批判もされたようです。

 

6A731408

 

おわりに

今回のことでセイラがシャアの妹であること、ザビ家の忘れ形見であることが周知の事実となりました。シャアもこうなることくらい予想出来ないんでしょうか…。

 

5C847A88BDB68CE3

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品

The following two tabs change content below.

関連記事

  1. アニメ全話レビュー「機動戦士ガンダム 第15話「ククルス・ドアンの島」」

  2. 伝説のアニメ「あしたのジョー」レビュー

  3. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第23話 「響子さん危機一髪!恐るべき母の陰謀!!」」

  4. アニメ全話レビュー「機動戦士ガンダム 第22話「マ・クベ包囲網を破れ!」」

  5. 今まで観なかったのを後悔した「攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX」レビュー

  6. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第40話 「優しさがせつなくてX’マスは恋の予感!」」

  7. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第42話 「五代くん骨折!恋のチャンスは病室で!!」」

  8. アニメ全話レビュー「機動戦士ガンダム 第36話「恐怖! 機動ビグ・ザム」」

  9. アニメ全話レビュー「めぞん一刻 第84話 「疑惑1000%響子のスキャンダルナイト」」

最近の記事

おすすめ記事

ピックアップ記事

特集記事

カレンダー

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP