「Echo Dot用充電台 E2C-JP/iMuto」レビュー ~Echo Dotを完全無線化~

今回レビューするのは、iMutoさんのEcho Dot用充電台『E2C-JP』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 20100 mAHの大容量バッテリー:Echo/Echo Plusの動作時間を約10-20時間頃延長することができ、コンパクト&軽量で持ち運び、部屋、屋外などお好みの場所に設置できます
  • 多機能出力: USBポートでEcho Dot及びUSBポート付けのデバイスに対応、DCポートはEcho (NEWモデル)/Echo Plusに対応でき、それに、USB-C 5V/3A ポートがあり、急速充電できます。多機能出力ポートで、互換性が広くなり、例えば:Echo Dot(NEWモデル)、Echo (NEWモデル)、Echo Plus、Echo Show、Fire TV (NEWモデル)、gooogle home、 Echo spot(Echo spot) 、スマホ、iPad等
  • Echo Dot専用充電式のバッテリーベース、Echo(2世代)/ Echo Plus外付けバッテリー・デザイン:Echoを安定させるために上部に滑り止めマット、底面にシリコーンマットを採用して、触れたときの滑りや移動を防ぎます
  • Digi-Powerスマートデジタル技術により残量が一目明瞭です。iM-Power充電技術により接続機器を自動的に検知し、電流を最適化、超高速充電を実現することが可能です。インテリジェント電源管理ICを配置していますので、過充電、過放電、加熱時、短絡時は自動停止されるので心配はありません

 

長所と短所

  • ○Echo Dotにピッタリの専用バッテリーで稼働時間が飛躍的に伸びる
  • ○設置スペースがEcho Dotと同じですむ
  • ○Echo Dotとの接続はケーブルではなくブリッジなのでスッキリする
  • ○バッテリー残量がパーセンテージで分かる
  • △ボタンや端子が裏面にあるので向きを逆にしなければならない

 

外観

パッケージ外観
F1626A71

 

パッケージ内容
3C77D37C

 

セット内容
F49098A5

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

 

576BF549

充電台。

 

2ADCB4EB

Micro BのUSBケーブル。

 

35DF5E39

ACアダプターケーブル。

 

205244A0

Echo Dot充電台に挟むクッション。

 

85E5E0F6

収納袋。

 

6FF6712E

サンキューカード。

 

A55F0509

説明書。日本語ページあり。

 

動画

 

スペック

  • モデル:AS-E2U
  • バッテリータイプ:リチウムイオン電池
  • バッテリー容量:20100mAh/72.36Wh
  • 入力:USB-C 5V/3A (Max)
  • 出力:総計37W
  • Micro USB Cable 5V/1.8A
  • DC (12V1.5A,15V/1.5A,16.5V/1.5A)
  • USB-C 5V/3A(Max)
  • USB 5V/2.4A(Max)
  • サイズ:82.36*82.36*75.2mm
  • 重量:469±10g
  • 仕事環境温度: 0℃ ~ +35℃

 

使用した感想

○Echo Dotにピッタリの専用バッテリーで稼働時間が飛躍的に伸びる
8AF9DA7E

Amazonのスマートスピーカー『Echo Dot』は非常に便利なのですが、バッテリーを内蔵していないので、USBケーブルで常に給電する必要があります。その部分を補うのがこちらの充電台です。

 

 

695BE1A1

この充電台には20100mAhの大容量バッテリーが内蔵されています。使用状況にもよりますが、家電リモコンを音声コントロールすることが主な私の場合、およそ丸1日この充電台で使用することが出来ました。

 

○設置スペースがEcho Dotと同じですむ
475E4D60

このようなはジェットにオプション的な追加ガジェットを取り付ける場合、設置スペースが増えたり、ゴチャゴチャと煩雑になってしまうことが心配の1つではありますが、こちらはEcho Dotの下に置くだけの構造です。なので、設置面積が増えることはありません。高さが変わるだけです。高ささえ問題なければ、これまでの設置スペースから1cmも大きくなることはなく、そのままその場所に設置出来ます。

 

○Echo Dotとの接続はケーブルではなくブリッジなのでスッキリする
1AE4E36A

Echo Dotとの接続は本体備え付けの『ブリッジ』行います。このブリッジはカチカチの固いプラスチックではなく、柔軟性のあるゴムとプラスチックの中間のような感じ。シリコンでしょうか。なので、指で動かすとグニグニ曲がるので、変に力を入れて折れたり破損する心配はありません。USBケーブルで接続するとケーブルが垂れたり邪魔になるのですが、これなら一切邪魔になりません。

 

○バッテリー残量がパーセンテージで分かる
6726A01F

バッテリー残量は100パーセントの1パーセント刻みパーセンテージ表示されます。完全にバッテリー残量が把握出来るので、充電の最適なタイミングを逃しません。

 

ちなみに、このバッテリー残量表示は常時表示されます。何故かというと、バッテリーが切れてしまうと、そのEcho Dotが動いているのかどうか分からないからだと思います。普段Echo Dotは何の明かりも発していないので、今スタンバイ中なのか、通電していないのかが分かりませんからね。これが表示されていないと今のEcho Dotが正常に通電して(動いて)いるかどうかわからないんです。

 

△ボタンや端子が裏面にあるので向きを逆にしなければならない
621C022C

ボタンや端子類はEcho Dot本来の向きで言うと『裏側』に配置されています。なので、液晶表示部分を見えるように正面に持ってくるということは、Echo Dotでは裏側をこちらに向けることになります。ほぼ問題ないとは思いますが、設置場所やこれまでの配線方法によってはなにか不便が出るかもしれません。

 

総評

Echo Dotに内蔵バッテリーを追加するといった主旨のガジェットです。Echo Dotは本来、USBケーブルを繋げていなければ動かないのですが、このガジェットによりどこにでも持って行けますし、どこにでも設置出来るようになります。また、外部機器への充電もUSBポートから出来るので、工夫次第で色々便利に使えそうです。

 

こんな人にお勧め

  • Echo Dotを完全モバイル化したい人
  • 設置面積を変えずに充電台を追加したい人
  • 大容量のモバイルバッテリーとしても使用したい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品