「自撮り棒 hohem Q/hohem」レビュー ~顔追跡機能で確実に撮影~

今回レビューするのは、hohemさんの自撮り棒『hohem Q』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • 【360°回転·自由に調節可能&顔追跡】 hohem Qは360°回転のスマホホルダー及び90°調整可能の回転ジョイント付きで、横でも縦でも斜めでも多角度の撮影を実現できます。集合写真、旅行先の自撮り、在宅セルフィ自撮りなど様々なシーンのニーズに合わせて、お好みの高さ、角度に自由自在に調節することが可能です。うまく大切な写真や思い出を残れます。更に、専用アプリの機能には顔追跡認識がおり、自動的に被写体を追尾でき、カメラの向きを調整してくれます。それにより、ローアングル撮影もより簡単に実現できます。
  • 【三脚一脚兼用で多様なシーン活躍】 手持ちの自撮り棒としても三脚としても使えます。自撮り棒として、ホルダーは360°回転可能ため、自由に撮影の向きを選べます。また、グリップを開けば、三脚スタンドに変われます。支柱付きでしっかり安定でき、ブレやすい景色も簡単に撮れます。更に、卓上に置けば、スマホスタンドとして動画視聴やテレビ電話などの場面にもおすすめです。あらゆるシーンでこれ一つで十分事足ります。
  • 【 5段階伸縮&コンパクトで超軽量】 最大35cmまでに5階段自由に伸縮可能の機能がついております。折りたためば最小20CMまで超コンパクトに収納でき、ポケット、バッグの隙間に楽に入れられます。手の平サイズなので、気軽に持ち運べ、更に、軽量と頑丈な素材を使用し、わずかな195gの重さで、女性や子供も疲れることがなく使いやすい自撮り棒です。
  • 【豊富な美顔効果&魅力的な撮影モード】 hohem Qは専用アプリに接続すれば、パノラマ、タイムプラスなど創造性あふれる撮影モードを使用して、驚くような効率性の高い撮影体験を生み出せます。美顔効果とインテリジェント撮影モードで、タップするだけで、素晴らしい作品をすぐに作成できます。美しい海景色、夕焼け、広い空や、美肌効果のある写真や魅力的なビデオを撮影して、忘れられない思い出を残すことができます。SNSのアビリティを高めるに欠かせないコスパ高い自撮り棒です。
  • 【幅広い互換性&便利なリモコン操作】 スマホホルダーの有効距離は5.5cmから10cmまで、Android&Iphoneの市販の多くのスマホに対応できます。更に、Bluetoothでスマホと接続するだけで取り外し可能なBluetoothリモコンも使用できます。10m以内の遠距離ならワンボタンで撮影できます。三脚と合わせて使えば、大人数の集合写真などに最適です。

 

長所と短所

  • ○小型軽量でポケットにも入る
  • ○スティックが伸縮する
  • ○三脚としても使用できる
  • ○取り外しできるリモコンで操作できる
  • ◎スマホアプリと連携して便利に使える
  • ◎顔追跡機能がある

 

外観

パッケージ外観
5AC89B0F

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

96BF1DA7

 

自撮り棒。

2555EE4D

 

USB Type-Cケーブル。

C84CCD87

 

収納袋。

7FE9BBAB

 

説明書。多国語版で日本語ページもあります。

74E01191

 

動画

 

 

スペック

  • 型番:Hohem Q
  • 重量:195g
  • 伸縮段階:5段階
  • 折り畳み後サイズ:140*54*36mm
  • 材質:PA&PC+ABS
  • 連続稼働時間:3h
  • リモコン有効範囲:約10m

 

使用した感想

○小型軽量でポケットにも入る

こちらの自撮り棒『hohem Q』は非常にコンパクトで軽いです。およそ千円札と同じくらいの大きさで、重さは190.5g。チノパンなどのゆったりしたパンツのポケットに入りますし、上着のポケットにも入ります。コンパクトなので持ち運びが楽です。

E148A24B

 

折りたたんだ状態の大きさを計測すると、高さ約15cm×奥行き約6cm×幅約4cm。

8FB894C0

 

大きめのポケットに入りますし、バッグに入れても邪魔になりません。

 

○スティックが伸縮する 

自撮り棒なので真ん中のスティックが伸縮します。スルスルと伸び、無段階調整で途中好きな位置で固定することができます。動きはスムーズで力が必要ありません。

9A89F0DF

 

長くすると、真ん中の棒は約35cm伸び、端から端までで約55cmにまで伸びます。自分で持って十分バストアップの撮影ができる距離になります。

 

○三脚としても使用できる

自撮り棒としてだけではなく、持ち手部分がハの字に広がるため、三脚として自立させることもできます。三脚として自分を撮っても良いですし、風景やパノラマ、タイムラプス撮影などに安定して使用できます。

52048B83

 

 

○取り外しできるリモコンで操作できる

リモコンは本体にあるのですが、こちらは上にスライドすると取り外すことができます。リモコンはBluetoothでスマホ等と接続されるので、撮影やズーム、モードの切り替えなど、無線で操作できます。遠く離れた位置からスマホのシャッタを押すことができます。

3359E3E1

 

リモコンとは別に、自撮り棒本体もスマホと連携されます。リモコンとは別に電源ボタンを押すところがあるので、長押しして電源を入れてください。後述しますが、自撮り棒をスマホと連携させることで、簡易的なスタビライザーとなって手ぶれを制御したり、方向を切り替えたりすることができます。

F0EDB3A5

 

バッテリーもリモコンと自撮り棒では別になっています。リモコンは電池ボタンの『RC2032』です。こちらは100円ショップでも売っているほどメジャーで安い物で、リモコンの裏蓋を外せば簡単に交換出来ます。

8F3E7330

 

自撮り棒本体はUSB Type-Cケーブルで内蔵バッテリーを使用します。バッテリーの連続稼働時間は約3時間です。ちなみに、充電しながらの撮影もできます。

D984D6E7

 

◎スマホアプリと連携して便利に使える

自撮り棒ですがスマホと連携し、スマホアプリから便利な撮影ができる最先端の物です。具体的には、スタビライザー機能や縦横の方向を変えたり、顔追跡などの機能があります。ただの棒ではありません。もちろん、連携せずにただのアナログな自撮り棒として使用することもできます。

 

スマホアプリはAndroidの場合、『Hoem Joy』を使用します。

 

初回ペアリングのやり方は以下になります。

 

①自撮り棒を広げてスマホを取り付ける

423F2B1F

 

②自撮り棒本体の電源をオンにする(電源ボタンを3秒長押し)

797B421D

 

③『Hoem Joy』を起動し、ホーム画面の『撮影する』を選択すると、Bluetooth接続中の画面になる。

A336E5BC

 

④スマホのBluetooth機能から検索し、『iSQ-17E3M2』を選択する。

690B8824D7BA69A0

 

⑤Bluetoothで接続が完了する

C91C545C

 

初回ペアリングが完了したら、次回からこの自撮り棒の電源を入れると、自動で接続されるようになります。

 

◎顔追跡機能がある

ユニークな機能として顔追跡機能があります。スマホアプリ左側の顔マークを選択し、顔追跡を選択しても良いですし、左側の手の平マークのジェスチャーボタンを選択して手の動きで有効にすることもできます。

0DAA0D47

 

個人的にはジェスチャー機能がお勧めです。画面内で顔と手を同時にカメラ内に収め、手の平を開いて『ストップ』のジェスチャーで、顔認識の有効、無効が切り替えられます。

D7EAF833

 

このジェスチャー機能の認識は正確で素早く1発で成功しました。その後もジェスチャーの認識に失敗することは1度もありませんでした。

 

顔認識の挙動は、スタビライザーとは違い、軸がグルグル回転してどこまでも追ってくれるわけではありません。あくまで顔にフォーカスを当て続ける、顔がピンボケしないというものです。例えば自撮りをしていて、目の前で物や動物が通っても、そこにピントが合うことはなく、ずっっと顔にピントを当て続けてくれます。

 

クーポンコード
  • Hohem Q 超軽量三脚自撮り棒 ブラック
  • 割引コード:HH1213ISQ
  • 通常価格:4,990円(税込み)
  • 割引後の価格:2,994円(商品ページ30%OFFクーポンと合わせて最大40%OFF!)
  • 有効期限:2021/12/13 20:00~2021/12/31 23:59 JST
  • 販売元:CLOISONJP

 

総評

今はスマホとなんでも連携しますし、そもそもスマホを取り付けて使用する自撮り棒なので、スマホ連携自撮り棒は理に適っていると思います。顔にフォーカスを当て続けてくれる顔追跡機能があり、リモコンで遠隔操作もできます。スマホの向きも簡単に縦横変えられますし、自撮り棒をよく使う方なら、このようにスマホと連携できる物も選んだ方が良いと思います。

 

こんな人にお勧め

  • 小型軽量でポケットにも入る自撮り棒が欲しい人
  • リモコンで遠隔操作できる自撮り棒が欲しい人
  • 顔にずっとピントを合わせてくれる機能が欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品