バラエティ全話レビュー「桜・稲垣早希の関西縦断ブログ旅 第011話「静止した笑みの中で」」

みどころ

  • ワークショップダイワ
  • 京都上陸
  • 通算5回目のサイコロ1

 

放送日

2008年11月06日 第011話「静止した笑みの中で」

 

場所

奈良県(玉水駅、ワークショップダイワ、長池駅)

京都府(京都駅、四条通り)

 

時系列

6日目 午後 3:00 奈良県玉水駅
6:40 ワークショップダイワで105円のパーカーを購入
6:40 奈良県長池駅
7:30 京都府京都駅
スペイン人観光客に食事をおごって貰う
11:00 再び京都駅へ
午前 1:00 四条通りへ
カラオケ屋で一晩明かすことに
6:00 カラオケ屋を出発
7日目 9:00 サイコロ(コメント数3293件/サイコロ1/獲得資金329円)

 

トリハダ

前回、寒さに凍え、鳥肌を立てながらも午後3時のコメントチェックで資金を獲得した早希ちゃん。今回は奈良から京都への行程となります。

 

4A0CBC0CAA48476E

 

放送内容

行くべきか行かざるべきか

所持金が1389円の早希ちゃんは、京都まで480円を使って移動するか、寒さをしのぐコートを買うかで悩んでいました。前回凄い鳥肌が立っていましたからね。スカートも短いですし生足ですし。生足好きなんでありがたいですが。

 

9DEA9B0CA3D78C3C

 

取り敢えず玉水駅そばで、この辺に服を買える店がないか聞いたところ、そこにいたお婆ちゃんが服屋をやっているので案内して貰うことに。年配向けのお店なので、早希ちゃん向けのものはありませんでしたが、それにも加えて値段が全く届かず断念。しかしお婆ちゃんに近所のスーパーへ連れて行って貰うことになりました。テレビの力があるのは勿論なのですが、こういった人の親切によって、このブログ旅は成り立っているので、基本的に見ていて気分が悪くなるようなことがなく、気楽に見られて好きなんです。

 

564AF8176EBE8B33

 

安い洋服店発見

スーパーへ連れて行って貰う途中、看板に安い洋服店を見つけてそこで下ろして貰って、このお婆ちゃんとはお別れです。

 

この発見したお店は作業服の専門店で、なおかつアウトレットだそうで、傷が少しあって店頭には置けないような物を安く売っていました。2500円が100円とかでしたからね。無茶苦茶安いです。こういうのは、在庫を置いておくだけでも、倉庫の費用や在庫管理費が掛かるので、ぶっちゃけ捨てちゃった方がよかったりするので、この値段で売ることが可能なんでしょう。

 

35ECAAF1

 

そしてここで早希ちゃんが買った服は、税込みで105円のパーカーでした。これで防寒はだいぶマシになったはず。

 

京都駅へ

105円で防寒用のパーカーを買った早希ちゃん。奈良県の長池駅へ行き、そこから電車賃400円を使って京都駅へ移動します。さすがに京都駅は賑わっています。

 

ここから通過ポイントの太秦村は無理の判断し、今夜食事するところを探すことになります。当たり前ですが、この時点でまたしてもホテルや旅館には泊まれないことが確定です。

 

EA3342D1ED48490E

 

資金884円で京都名物を食べられるところを探しますが、この資金ではそう簡単には見つかるわけもなく…。そんなとき、早希ちゃんがなにかを見つけて笑顔になったと思ったら、視線の先にはまたしても王将が。しかしここはなんとか我慢していました。

 

EB7B0559DF36681B

 

またしても外国人旅行客に遭遇

奈良公園に続いて、またしてもここで外国人観光客に声を掛けられていました。こういうときは目立つ格好が有利ですね。

 

日本のアニメが好きとのこともあって、なんとなく盛り上がり、そのまま流れで晩ご飯をご馳走になっていました。このおかげで本日の晩飯代はゼロ円です。

 

C5F56268F370BFE3

 

共通の趣味でなんとなくはわかるのですが、やはり言葉が通じないと細かいコミュニケーションが取れず、早希ちゃんも困惑していました。言葉さえわかれば盛り上がること確実なんですけどね。こういうとき、世界で使われる言葉が多い英語やスペイン語を理解出来る人って羨ましいです。

 

6D4EC40226743971

 

そして宿探し

そして今回も恒例の宿探しです。いくら京都駅が賑わっているとは言え、夜の11時にコスプレした女の子+スタッフ数人に泊めてくれと言われても、快諾する人はなかなかいないわけで…。この辺はまだお金も乏しく、コツもわかっていないので、泊まれない危険性を常にはらんでいますね。

 

31F4A1000E823DC1

 

京都駅近辺ではどうにもならないと感じた早希ちゃんは、京都で一番の繁華街四条通へ移動するのですが、いかんせん深夜1時です。人通りはほとんどありません。安いカラオケ屋も見つけるのですが、予算が足りずに何件かスルーしたところで、なんと通常価格の半額473円で一晩過ごせるカラオケ屋を発見。そこで一晩を明かすことになりました。こういうカラオケ屋って、電気代や土地代、人件費考えて利益出ているんですかね。

 

07116BD3992A6C76

 

太秦村へ

カラオケ屋に居られるのは、朝6時までのため、コメントチェックの9時まで少しでも目的地へ近付くため、徒歩で太秦村へ向かう早希ちゃん。

 

そこまでしてコメントチェックの時間を待ったのですが、なんとここでまたしてもサイコロで1が。ブログ旅が始まって通算5回目の1です。この運の悪さは一体…。

 

4B087C07CC3FFB9F

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品