「タブレット X104/BEISTA」レビュー1 ~開封の儀~

今回レビューするのは、BEISTAさんのタブレット『X104』です。

 

今回は全3回ほどレビューする1回目となります。1回目の今回は開封して外観や特徴をザッと見ていきたいと思います。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

スペック

  • 【Brand】BEIST
  • 【メーカー】BEISTA
  • 【シリーズ】X104
  • 【梱包サイズ】24 x 17 x 0.8 cm; 600 g
  • 【電池】1 リチウムポリマー 電池(付属)
  • 【商品モデル番号】X104
  • 【カラー】Silver
  • 【商品の寸法 幅 × 高さ】24 x 17 x 0.8 cm
  • 【Standing screen display size】10.1 インチ
  • 【解像度】1280×800ピクセル
  • 【解像度】1080p HD Ready Pixels
  • 【CPUブランド】MTK6762
  • 【CPUタイプ】Xeon Platinum 8176
  • 【CPU速度】1.6 GHz
  • 【プロセッサ数】8
  • 【RAM容量】64 GB
  • 【メモリタイプ】DDR3 SDRAM
  • 【HDD容量】128 GB
  • 【ハードディスク種類】SSD
  • 【HDDインターフェース】USB 2.0
  • 【グラフィックアクセラレータ】MTK 6737
  • 【通信形式】Wi-Fi
  • 【ワイヤレスタイプ】802.11a/b/g/n
  • 【前方カメラ解像度】2 MP
  • 【ハードウェアプラットフォーム】Linux
  • 【OS】Android10.0
  • 【同梱バッテリー】はい
  • 【商品の重量】600 g

 

外観

パッケージ外観
303C2AE7

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

01BACCA1

 

タブレット。

78E903FC

 

USBケーブル Type-C。

DAC4077C

 

OTGケーブル。

F46DACA2

 

USB充電器。

86E252B5

 

説明書。日本語ページあり。

1F4B9A0C

 

開封の義

タブレット

タブレットは大型の10インチ。安いタブレットなのでコストカットの影響か、ベゼル幅は上下左右あります。

78E903FC

 

画面解像度は1280×800なので高解像度ではありません。肉眼でわかるような粗さはありませんが、気になる人は注意してください。

 

2MPのインカメラ。

40A4A1DA

 

下にはスピーカー。左右に2つあるのでステレオになります。

1B987867

 

右には上からイヤホンジャック、ボリュームキー、電源キー。

C41DBFF6

 

上にはUSB Type-Cポート、カードスロット。

8C834206

 

安いスマホやタブレットの場合、USBポートはMicro Bが多いのですが、こちらは裏表の属性がなく、脱着しやすい最新のType-Cです。

 

カードスロットにはMicroSDカード1枚と、標準SIM2枚が入ります。最近はドコモnano SIMなので、このタブレットにSIMカードを入れるにはアダプターが必要です。

FF999042

 

このカードは一般的なピンで開けるものではなく、指で簡単に脱着できるタイプです。

 

SIMカードのアダプターはAmazonや楽天など、ネットショップに数百円で売っています。

 

SDカードを入れると画像のような感じになります。

61613801

 

裏面。表面はサラサラしておりマット処理が施されています。指紋や皮脂が付きづらい加工です。

E6CBDD78

 

5MPのアウトカメラ。その横にLEDライト。

52772C26
アクセサリー

USBケーブルはType-Cです。安いスマホやタブレットは、コストカットでMicro Bにしている物も多い中、ここは頑張っていました。

DAC4077C

 

OTGケーブルが付属していました。これを使用すると、USBマウスやキーボードがすぐにこのタブレットで使えるようになります。USBメモリもそのまま使えます。

F46DACA2

 

USB充電器は1ポートです。5V/2Aの急速充電対応。

86E252B5

 

説明書など

最近のスマホやタブレットの説明書は、本体を弄りながらチュートリアルで教えていくタイプが多いので、簡素な物が多いです。しかし、こちらは結構細かく説明が書いてありました。

5427A21A

 

総評

最初に触って思ったのは、1万5千円程度の10インチタブレットで、SIMスロットがあるのかということ。安いタブレットには、大手メーカーの物ですらSIMスロット無しが多いです。この価格帯でモバイル通信が使用できるタブレットは貴重です。

 

コストカットを感じたのは、1280×800の決して高解像度とは言えない画面解像度。太いベゼル幅。最近は格安スマホでも4GBのメモリがあるので3GBのメモリ。このあたりです。これが気にならなければコスパの非常に高いタブレットです。特にSIMカードを入れられるので、モバイル通信ができるタブレットを求める方にはお勧め出来ます。

 

次回はもう少し使用して、弄ってみての記事を書きます。

 

第2回と第3回の記事

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品