「Bluetoothヘッドセット B04/AIKAQI」レビュー ~タッチ式で軽快な操作感~

今回レビューするのは、AIKAQIさんのBluetoothヘッドセットB04』です。

 

トゥルーワイヤレスのヘッドセットレビュー3連続の第2弾です。本当に最近、トゥルーワイヤレスは多くなってきました。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 【激安・無料詐欺にご注意!正規販売店AIKAQIのみ↑】【完全左右独立型ワイヤレス】ケーブルが一切ない革新的な完全左右独立型ワイヤレスイヤホンです。一人でも二人でも同時に使用可能、Bluetooth 4.1対応なので、最大距離は10メートル(障害なし)で、恋人同士や友達同士で音楽を楽しむことができます。★技適証明番号:208-180023
  • 【ワンボタン設計】シンプルで操作簡単なワンボタンヘッドセットデザイン、多機能をワンボタンに集中しています。そのワンボタンで音楽再生/一時停止、通話開始/終了/拒否/リダイヤルなどの操作をすべて実現可能です。片手でワンボタンを便利で操作できます。
  • 【超小型、超軽量】イヤホン本体のサイズは100円玉より小さい超小型で、耳に装着すると、後ろから完全に見えません。重量はわずか4.5gの軽いボディ、長時間の装着でも高い快適性です。
  • 【充電可能の収納箱付き】充電機能搭載のコンパクト収納箱が付きます。コンタクトレンズケースと同じくらいの大きさで収納はとても便利、持ち運びも楽です。
  • 【対応機種】iPhone(例えばiphone X /iphone8/iPhone 7/iPhone SE/6S/6S Plus等)/Android/iPad等のスマホ、タブレット等に幅広く対応できます。

 

長所と短所

  • ◎ペアリングが簡単
  • ○タッチ式ボタンで耳が痛くならない
  • ◎両方を片耳ヘッドセットとして使用出来る
  • ◎曲送りが出来る
  • ○音質は十分良い
  • △Bluetoothアダプタと相性があるかもしれない
  • △若干の音ズレがある
  • ×ヘッドセットで電源をオフにする際に曲送りがされてしまう

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
F7058E45

 

パッケージ内容
AD44C134

 

セット内容
  • ヘッドセット
  • USBケーブル
  • イヤーチップ×3(Mは装着済み)
  • イヤーフック×2(1つは装着済み)
  • 収納袋
  • 優待券
  • サンキューカード
  • 英語版説明書
  • 日本語版説明書
325C1E45

 

写真と動画

外観

ヘッドセットはトゥルーワイヤレスでケーブルは一切ありません。

9A9AA596

 

100円玉と比較してもその小ささが分かります。

1F9810D1

 

重さは両方で11g。片方約6gです。

426AB1F4

 

収納ケースはパンツのポケットは勿論、ワイシャツの胸ポケットにも入ります。

5AA30F68

 

中にヘッドセットを仕舞った状態での収納ケースの重さは44.1gです。

9C710769

 

説明書は日本語単独の物があります。説明も丁寧で分かりやすく、初心者にも安心です。

F3BA93EF

 

動画

 

使用した感想

◎ペアリングが簡単

ペアリングは簡単でした。トゥルーワイヤレスのヘッドセットは、ペアリング操作が面倒なことが多かったのですが、最近は簡単になっているようです。

 

【初回ペアリング】
<両耳で聞く場合>

  1. 左右両方のタッチボタンを「パワーオン」「ペアリング」の音声が流れるまで同時長押しする
  2. 指を離し「コネクティッド」「ペアリング」の音声が流れるのを待つ
  3. スマホ等の端末を操作し、Bluetooth機能をオンにする
  4. スマホ等の端末を操作し、『Touch To』をペアリングする

<片耳で聞く場合>

  1. 左右どちらかのタッチボタンを「パワーオン」「ペアリング」の音声が流れるまで同時長押しする
  2. スマホ等の端末を操作し、Bluetooth機能をオンにする
  3. スマホ等の端末を操作し、『Touch To』をペアリングする

【2回目以降のペアリング】
<両耳で聞く場合>

  1. 左右両方のタッチボタンを「パワーオン」の音声が流れるまで同時長押しする
  2. スマホ等の端末を操作し、Bluetooth機能をオンにする
  3. 自動的にペアリングされる
  4. 場合によっては接続されず、スマホ等の端末の『Touch To』を選択する必要あり

<片耳で聞く場合>

  1. 左右どちらかのタッチボタンを「パワーオン」の音声が流れるまで同時長押しする
  2. スマホ等の端末を操作し、Bluetooth機能をオンにする
  3. スマホ等の端末を操作し、『Touch To』をペアリングする

<片耳から両耳にする場合>

  1. 使用していないもう一方のヘッドセットの電源をオンにすると自動的に両耳ヘッドセットとして再ペアリングされる

 

C59875B0

 

○タッチ式ボタンで耳が痛くならない

このヘッドセットのボタンは押し込む物理ボタンではなく、指先で触れるだけで操作出来るタッチボタンです。ヘッドセットは耳の穴に填めてやるだけの構造のため、グイッとヘッドセットを押すと、耳の穴が痛くなってしまいます。しかし、タッチボタンだと指先で触れるだけで良いので、耳の穴に負担が掛からず耳が痛くなりません。

A7D2340F

 

◎両方を片耳ヘッドセットとして使用出来る

トゥルーワイヤレスのヘッドセットは、片耳として使用出来る場合も多いです。しかし、左右どちらか一方しか片耳ヘッドセットとして使用出来ないことも…。しかし、このヘッドセットは左右どちらも片耳ヘッドセットとして使用することが出来ます。

3C053174

 

左右両方片耳ヘッドセットとして使用出来るので、片耳ヘッドセットを延々ループする下記のような特殊な使用方法が可能です。

 

  1. 片耳をバッテリーが切れるまで3~4時間使う
  2. もうう一方のヘッドセットに交換
  3. その間に収納ケースに仕舞いバッテリーが空になったヘッドセットを充電
  4. *1に戻る

 

トゥルーワイヤレスのヘッドセットはバッテリー持ちが悪く、ここが課題の一つなのですが、片耳ヘッドセットとして使用すれば、3~4時間ごとに交換する手間は掛かりますが、延々とバッテリーが切れずに使い続けることが出来ます。

C79AECD6

 

ちなみに、この方法だと最大36時間ヘッドセットを使用し続けることが出来ます。

 

◎曲送りが出来る

トゥルーワイヤレスのヘッドセットは、耳の穴にスッポリ填めるタイプが多いため、ボタンを設置する面積がほとんどありません。そのため、必然的にマルチファンクションボタン1つだけとなってしまいます。そのため、曲や音調の変更は出来ず、それらの操作をしたければ、スマホ等の音楽を再生している端末を直接操作しなければならず面倒なことも…。しかし、このヘッドセットヘッドセットボタン2秒長押しで曲送りが出来ます。

 

前述もしましたが、このヘッドセットは物理ボタンではなくタッチ式なので、指先で軽く触れるだけで操作が出来ます。長押しでもダブルタッチでも、ヘッドセットをグイッと耳の穴に押し込まなくて良いので、全く耳の穴に負担が掛からず痛くなりません。非常に軽快な操作感です。

 

○音質は十分良い

私は音質よりも使いやすさ重視なので、音質に関する評価は甘めですが、十分音楽を楽しむことの出来る音質だと思います。両耳ヘッドセットとして使用すると勿論ステレオ音声ですし、片耳ヘッドセットでも私は十分楽しんで音楽を聴けています。

 

△Bluetoothアダプタと相性があるかもしれない

最初にPCにBluetoothのUSBアダプタを挿して接続したところ、5分ほどで途切れ、自動で再接続をして…を繰り返しました。結局、このUSBアダプタで安定することはありませんでした。しかし、他のUSBアダプタに交換したり、スマホやタブレットで接続してみたところ、接続が切れることはありませんでした。ごく一部のBluetoothアダプタでは、相性が悪く接続が途切れることがあるかもしれません。

 

接続は6つの顛末やUSBアダプタでっためし、そのうち1つで前述のような不具合があったので、ごく一部ではあると思いますが注意してください。と言っても、使って見るまではわからないんですけどね…。

 

△若干の音ズレがある

動画を見て音スレをチェックしたところ、口の動きと声が0.1~0.2秒ほどあったように思います。その後どんどんズレが大きくなるわけではありませんし、気にしなければまあいいかな…レベルだとは思うのですが、確かに音ズレはありました。動画やTVを頻繁に見る方の場合、このヘッドセットは注意が必要です。

 

動画やTVを見ない、音楽やラジオ専用の型は問題ありません。通話も0.1~0.2秒のズレは問題ありません。映画やドラマを見ると若干気になります。

 

×ヘッドセットで電源をオフにする際に曲送りがされてしまう

このヘッドセットの操作体系だと、2秒長押しで曲送り、4秒長押しで電源オフのため、電源をヘッドセットから切ると、勝手に曲送りがされてしまいます。挙動を書くと、曲送りがされた瞬間電源が切れると言った感じです。

 

音楽をランダムで聞いているような場合には特に問題ありませんが、録音したラジオや、ラジオドラマをきちんと順番に聞いている場合、これは厄介な挙動です。ただ、電源のオフは、ボタンでもしなくても、収納ケースにしまうと自動でされるので、ヘッドセットから電源オフ操作をしなければ問題ありません。

 

総評

ボタンはタッチ式で、操作するときに耳が痛くなりませんし、左右どちらも片耳ヘッドセットで使用出来るので、使い勝手の良いヘッドセットだと思いますただ、注意点としては、相性もあるのかもしれませんが、音ズレがほんの僅かあるであろうことは留意しておいてください。そこさえ許容出来るなら、4千円を切る安い物なので、コストパフォーマンスの高いトゥルーワイヤレスのヘッドセットだと思います。

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人

 

リンク

関連記事

 

商品

当該商品