「昇降デスク Astle 82-706/ヤマソロ」レビュー ~高さ調整、キャスター付きで活用範囲が広い~

今回レビューするのは、ヤマソロさんの昇降デスク 『Astle 82-706』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • 【サイズ】約幅70×奥行45~48×高さ47/52.8/58.5/64.2/70cm 【重量】約6kg
  • 【素材】MDF+アカシア材突板、ラバーウッド材 【塗装】ラッカー塗装
  • 【耐荷重】約15kg 【組立有無】お客様組み立て品
  • 使用シーンに合わせて47・52.8・58.5・64.2・70cmと5段階で高さを調節できる簡易デスクです。高さ調節ボルトは持ち手が付いているので工具を使わずに調節可能です。天板にはアカシア材の突板を使用。素朴で深みのある木目が魅力です。
  • キャスター付きなので移動もラクラク。使用しないときはソファ横などに収納できます。脚元に空間のあるデザインなので、ソファの肘上に差し込んで使用することもできます。

 

長所と短所

  • ◎組み立てが15分でできた
  • ◎高さが47~70cmに昇降する
  • ○ちょうど良いサイズ感
  • ○差し込み使用できる
  • ◎キャスター付きで移動が楽
  • ○耐久性がある
  • ◎使用できる用途が広い
  • △体重を掛けると少し歪む
  • ○こなれた価格で買いやすい

 

外観

パッケージ外観
7FE7F89F

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

8F2A296B

 

天板。

021CEE97

 

脚上部。

8C9C6819

 

脚下部。

AD91DFFA

 

桟(長)、桟(短)

AB8BE556

 

キャスター4つ。2つはストッパー付きです。

401BAE83

 

頭付きボルト、樹脂ワッシャー、ボルト、レンチ、スパナ。

0A6B0F52

 

説明書。組み立ての公邸は非常に簡単です。およそ15分で組み立てられました。説明は全て日本語で図解入りなのでわかりやすいです。

7CB2748B

 

動画

 

使用した感想

◎組み立てが15分でできた

ちらの昇降デスクは組み立て式です。パーツが分解して運ばれてくるので、自分で組み立てる必要があります。このような組み立て式家具は、難しかったり、重かったりして女性の方などは敬遠しがちですが、ピッタリ15分で組み立てられました。重さもそれほどないので、女性や子供でも1人で問題なく組み立てられます。

 

詰まった部分は、昇降するそのボルトを入れるところや、組み立てボルトを穴に合わせるところです。脚のどこにも『この辺が何段目』との目印がないので、外から見て勘でボルトを入れて穴にたまたま入ることを狙うか、内側からのぞき込んで穴が合ったらそこで入れるか…になってしまいます。これは、組み立て終わったあとの高さ変更でもそうなので、ここは外側に赤い線などを刻印して目印を作って欲しいです。要改善点。

60417EA9

 

◎高さが47~70cmに昇降する

高座椅子にちょうど合うデスクがなくて購入しました。サイドデスク用途が強調されていますが、メインデスク(食事をする、新聞を読むなど)として使用しています。そのメインデスクとしても十分な製品だと思います。

 

今回組み合わせた高座椅子の記事はこちらになります。

 

高座椅子と一般的な40cm程度のテーブルの組み合わせだと、はこのような感じで低すぎ、食事を採るときに不便でした。

D616951B

 

購入の決め手になったポイントが、高さを変えられることです。更に言えば、その最低高が低く、47cmまで下がることです。なぜここを重視したかというと、前述したように、高座椅子に使いたいからです。

 

高座椅子の高さは微妙で、高さ40cmのデスクは低すぎ、70cmでは高すぎるんです。かといって60cmでもやや高く…。となると、55cmくらいには下がってくれないと合いません。そして、その高さのデスクがなかなかなく…。やっと見付けたのがこちらの昇降デスクでした。

 

ちなみに、最高高の70cmは一般的なデスクの高さです。ダイニングテーブルやパソコンデスクなど、どれを見ても一般的な商品は高さ70cmが標準(68cmや72cmなど、少し標準とは違うう高さのデスクもあります)として作られています。そのため一般的なデスクと組み合わせてのサイドデスクとしてももちろん有効です。

 

47cmから70cmの高さは無段階調整できるわけではなく、途中に穴が開いており、そこでストッパーを締めるタイプです。高さは5段階あり、47cm/52.8cm/58.5cm/64.2cm70cmとなっています。ちなみに、私の体格は身長175cmの64kgです。その状態でこのようなサイズ感でした。

A613A48C

 

前述した高座椅子との組み合わせでは3段目の58.5cmがピッタリでした。使う方の体格によっても最適な高さは変わりますが、5cm程度の刻みなので、どこかしら合う高さはあると思います。

1DCB59C3

 

昇降デスクの場合、ガス圧で高さを変える物もありますが、こちらはストッパーで止めるタイプなので、サッと移動して数秒で高さを変える…なんて使い方はできません。1度高さを決めたら、基本そのまま使うことになります。なにか模様替えをした場合や、メインの用途を変える、使う場所、組み合わせる椅子や机が変わった場合は高さを変えられますよ…という物です。

created by Rinker
武田コーポレーション(Takeda corporation)
¥16,343 (2022/08/19 15:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

○ちょうど良いサイズ感

サイズ感もちょうど良かったです。デスク盤面の大きさは、幅約70cm×奥行き約40cm。大きいお盆を置いて、時計やメモ帳などの事務用品を置いても余裕のあるサイズです。

DE77F939

 

サイドデスクや昇降デスクの場合、これより小さい物が多く、サイズ探しも困難でした。

 

○差し込み使用できる

差し込み使用ができることも購入の後押しになりました。差し込み使用とは、デスクを胸元まで『差し込んで』使うことです。足を見るとわかりますが、手前の真ん中に左右を繋ぐつっかえ棒がありません。左右の足が縦に伸びているのみです。そのため、椅子に座って使用していても、胸元までぐっと近付けることができるんです。

4E6879E4

 

差し込み使用のなにが便利かというとやはり食事での使用です。胸元近くまでデスクが来るので、食器を取ったり置いたりが楽ですし、もし食べ物をこぼしたりしても、床に落ちずデスクの上に落ちるだけです。

 

1人用のダイニングテーブルや、高齢者が使うテーブルとしても非常に便利だと思います。また、ソファーで使用するときも、低いテーブルだと食事を採ることが面倒なのですが、これだと高さも変えられますし、胸元に近付けられるので、ソファーで食事をすることも便利になります。

61F84BE7

 

◎キャスター付きで移動が楽

できればキャスターが付いていることも購入条件の1つでした。前述したように、差し込み使用ができれば便利なので、キャスター付きだとそれがさらに楽になります。

 

このキャスターは転がりが軽く、フローリングで軽く移動できるのはもちろん、短毛カーペットの上でも片手で簡単に転がすことができました。もちろん、キャスターにはストッパーが付いているので、安全のために固定したい場合も可能です。

0B8637A4

 

キャスターの転がりが気に入らないとか、使用していて壊れたり、埃がたまりすぎて転がりが悪くなった場合、汎用のキャスターと交換することがでいます。キャスターについては以下の記事で詳しく書いています。

 

注意点としては、このキャスターはネジ式だということ。ネジはなく、ただスポンと力尽くで入れるキャスターもありますが、こちらはネジ式なので、きちんとそちらを選んでください。サイズ表記は直径約6mなのでM6です。

8F707C2A

 

○耐久性がある

耐久性、ようは造りの良さは十分しっかりしていると思います。通常使用でグラつきもありませんし、天板の厚さも十分で安っぽさは感じません。

27FB2FC4

 

◎使用できる用途が広い

高さが47~70cmまで5段階に変えられる。キャスター付きで移動が簡単。差し込み使用ができる。これらの要素があるので使用用途は非常に広いです。

 

メインデスクとして。サイドデスクとして。ベッドデスクとして。座布団、座椅子、高座椅子、オフィスチェアと組み合わせて。これら全ての用途で使用できます。家族構成が変わったり、模様替えをしたとしても、どこかしらで活躍の場はあるはずです。

 

△体重を掛けると少し歪む

唯一不安材料は、Amazonのレビューで体重を掛けると倒れるとあったことです。この昇降テーブルを使用するのは高齢の母で、テーブルに体重を掛けて立ち上がることもあるからです。しかし、あらゆる角度から体重を思いっきり掛けてみましたが倒れませんでした。倒れそうになることもなく、バランスは非常に良かったです。これでどうやったら倒れるるんだ…。

6069059A

 

ただ、体重を思い切り掛けると、天板が少し斜めになります。もしかしたら、高齢者の場合、この少しの斜めの鳴り方で滑って転ぶのかも?しかし、動画を見ていただければわかりますが、そこまで斜めにはなりません。

 

64kgの私が、ジャンプをしてまで全体重を掛ければ多少天板はグラつき、少しだけ斜めに動きますが、倒れるようなことはありありませんでした。

 

○こなれた価格で買いやすい

昇降デスクでこのサイズ、機能だと1万円を超える物も珍しくないのですが、こちらは1万円を切っています。コスパは良く安い方だと思います。

 

総評

最低高が47cmにまで下がること。キャスター付きで差し込み使用ができること。メインデスクとしてもちょうど良いサイズ感であること。主にこれらが決め手で購入しました。1万円を切る価格ながら、機能や耐久性は十分だと思います。

 

こんな人にお勧め

  • 最低高が47cmまで下がるデスクが欲しい人
  • 差し込み使用できるデスクが欲しい人
  • メインのデスクとしても使用できるサイズ感が良い人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

created by Rinker
武田コーポレーション(Takeda corporation)
¥16,343 (2022/08/19 15:56:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

この記事の商品