旨みが凄い「長崎の花藻塩 焼塩/白松」レビュー

塩の違い

私は塩が大好きです。ゆで卵、目玉焼き、フライドポテト、サラダ。何にでも塩です。塩分の取り過ぎは体には悪いのでしょうがやめられません。ここまではともかく、塩は誰しも毎日食べる物なので、こういった調味料を少し美味しい物に変えるだけで、毎日の食事のクオリティや満足度が格段に上がります。

 

醤油も塩もスーパーで一番安い物と値の張る物を買ってみればその違いは歴然です。勿論、高い物が良いなんて事ではなく、さすがに一番安い塩や醤油は美味しくないんです。

5DB2E5C170E75743

 

うま味のある塩

今まで色々な塩を試してきましたが、最終的に値段と味のバランスも考えてこの塩に落ち着きました。

 

一番安い部類の塩は、そのほとんどが精製塩と言って、本来うま味の元であるミネラルを取り除き、湿気りづらくした物です。精製塩は湿気りづらいので食卓塩に向いているのですが、うま味のミネラルを取り除いているため、ただしょっぱいだけの塩になってしまいます。

 

一方、この長崎の花藻塩は天然塩と言って、ミネラルを取り除かない本来の塩そのままであり、うま味や甘み、コクがあるんです。更にこの長崎の花藻塩は、焼き塩と言って、天然塩でありながら湿気りづらくするために炒っているので、食卓塩に向いています。実際、私はこれを食卓塩として使い、ありとあらゆるものに使っています。しょっぱいだけではなくうま味があるのは、塩を何倍にも美味しくしてくれます。

 

更にこの長崎の花藻塩は、古代の藻塩という製造方法を採用しています。簡単に言うと藻(海草)を焼いて塩を作るそうなのですが、そのおかげで塩から感じられるうま味が他の塩とは段違いで、甘くさえ感じます。逆に言うと、これは癖が強いと敬遠する人もいるかも知ませんが、私はこのうま味たっぷりの塩が大好きです。

 

湿気

先ほど湿気りづらいとは書いたものの、あくまで天然塩としては湿気りづらいと言うことであり、全く湿気らないことはありません。大きい容器に入れて長いこと食卓に置いておくと、使い方や容器にもよりますが多分湿気ります。こればかりはどうしようもありません。

 

不味いけど湿気らない利便性を取るか、湿気るけど美味しい味を取るかの二択になってしまいます。私の場合は、多少湿気っても味に変わりがあるわけではありませんし、完全に湿気るわけでもないので、この天然塩を選んでいます。

 

ちなみに、もう広く知れ渡っている豆知識ですが、塩や砂糖が湿気ったら、電子レンジで1分ほど加熱して、熱を冷ましてから少し衝撃を与えればサラサラになります。

 

ピンクの塩

長崎の花藻塩には藻を焼いて作る、旨みが凄くあるとの特徴の他に、塩の色がピンク(薄茶色)との特徴もあります。初めて見たときは少しビックリしましたが、天然の塩そのままだからこうなっているだけです。寧ろこの長崎の花藻塩の美味しさを知ると、この色にこそ安心感を覚えてしまいます。

3186D801

 

こんな人にお勧め

  • 塩が好きな人
  • 旨みのある塩が好きな人

 

関連リンク

 

この記事の商品

created by Rinker
白松
¥540 (2019/08/19 12:47:47時点 Amazon調べ-詳細)