「多機能スマートブレスレット/WOBEECO」レビュー ~超簡単に使えるお手軽なスマートブレスレッド~

今回レビューするのは、WOBEECOさんのスマートブレスレットです。

 

安価なスマートブレスレットですが、文字や数値が非常に見やすそうです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 【最新版カラースマートウォッチ】新しいデザインのカラースマートブレスレット、動画効果が増えてもっと面白い。画面も改善し、楕円のスクリーンで青い線が繋がっているおしゃれな設計です。0.97インチでたっぷりサイズ、簡潔美観のインタフェース、细くて、模様が付きバンド、凸凹のデザインで、快適さがより高い。長時間つけるにもブレスレットの痕跡も少ない。ただのスマートブレスレットではなく、ファッショの腕時計です。
  • 【多機能の紹介】歩数計、心拍計、血圧計、運動モード、休憩モード、時刻、消費カロリー、着信通知、Gamail/Line/Twitter/Facebookなどのアプリの通知、アラーム(三つのアラームの設定が可能)、バックライト調整、腕上げ点灯、遠隔撮影、アプリの中でタップ振動設定、言語設定、睡眠時間設定、などの機能を持っています。
  • 【健康管理機能】最新の光学式HRセンサーを内蔵し、手首につけるだけで心拍をモニターし、どんな時間で心拍数を知りたければ、アプリで即席測定開始ができ、グラフの形式で表示する。そして心拍計の画面で長押すと、24時間のリアルタイム心拍数監視も可能です。スポーツモードが有効になると、運動する時の心拍と距離とカロリーも監視できる。血圧の測定をより正確には、アプリの中にも較正できます。自動的に睡眠時間とサイクルを記録し、「浅い睡眠・深い睡眠・睡眠時間」の3段階で詳細に睡眠の質を確認することができます。
  • 【充電便利&IP67防水】本製品は充電ケーブルの接続が必要がなく、本体はUSB接続口が付き、直接に充電できます。充電完成後、約十日の超長待機の時間。耐久性が高い。ケーブルの持ち忘れや紛失などを心配なく、毎日気楽に使っています。IP67で手洗い時にも取り外す必要がありません。汗、雨、水しぶきに対応しています。特に、シャワー時も対応できます。

 

長所と短所

  • ○液晶が大きくカラーで見やすい
  • ○手軽に使える
  • ○アプリの使用も設定も簡単
  • ○一通りのヘルスメーターが入っている
  • △手首を回しても液晶表示されない

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
3AD8F5FE

 

パッケージ内容
190F6330

 

セット内容
1AD71E40

 

写真と動画

外観

スマートブレスレットはリストバンドから取りはずし出来ます。使用するときにリストバンドに填めます。

940FCBF3

 

リストバンド。

78C50F6D

 

リストバンドにスマートブレスレットを填めた状態で21.6g。

F2AB0E27

 

説明書には日本語ページもあります。

870D380D

 

動画

 

使用した感想

○液晶が大きくカラーで見やすい

このスマートブレスレット液晶は0.96インチと大画面です。 さらに液晶画面はカラーで多段表示されるので、一目で情報がわかりやすくなっています。液晶画面が大きいので文字も大きいです。

7EB91CD2

 

視認性が非常に良いスマートブレスレットです。ただし、タッチ出来る部分は液晶画面下1/4程度の部分のみです。高級なスマートブレスレット のように、画面のどこを触っても反応するとか、アイコンを触って操作出来る物ではありません。

 

○手軽に使える

なんと言っても手軽に使えるのは便利で楽です。複雑な設定や操作はありません。タッチ部分を短押しすると、時刻、心拍数R、血圧計、歩数表示、設定など順番に表示が変わります。そして、設定の画面で長押しすると、詳細な設定項目には入れます。この辺りは動画にアップしているのでそちらをご覧ください。

 

スマートブレスレット 本体で出来る設定も簡単で、アラーム機能を使うかどうかをオン/オフで選択するなど、基本的にその設定をオンにするかオフにするかを選ぶだけです。あとは液晶画面の輝度を変更などですね。設定はシンプルで簡単です。

 

○アプリの使用も設定も簡単

アプリの設定も使用方法も簡単でした。このような多機能のスマートブレスレットは、アプリの設定が複雑怪奇になりがちですが、こちらはそんなことはありませんでした。基本的に、設定したい項目に入り、オン/オフを選ぶと言った感じ。迷うことは一切ありませんでした。

A96C6178

 

ただし、注意点としては、最初のBluetoothでのペアリング時、きちんとアプリのペアリング機能からやってやることです。ヘッドセットなどはスマホの下記画像のようなペアリング機能からやってやります。このスマートブレスレット も、スマホ標準の機能でペアリング出来ます。しかし、ここからペアリングしてしまうと繋がりません。

35277274

 

アプリにペアリング設定があるので、きちんとそこからやってやらないと繋がりません。最初はここで詰まってしまいました。

CC78B6DA

 

ちなみに、ススマホアプリで集計、分析される項目は、心拍数、歩数計、睡眠モニターのみです。この辺りも、さすがに高級高機能なスマートブレスレットには敵いません。

0E1199B1

 

○一通りのヘルスメーターが入っている

安いスマートブレスレットですが、一通り必要なヘルスメーターはあると思います。項目は前述もしたので詳細は省きますが、血圧計が意外と便利でした。血圧を測ろうとしたら、結構大仰な機器が必要ですからね。この安いスマートブレスレットを填めてボタンを押すだけで血圧が測れるのは有り難いです。私は高血圧じゃないかと心配でしたが、上が120以下だったので、高血圧ではありませんでした。

 

△手首を回しても液晶表示されない

スマートブレスレット の中には、傾き検知機能が搭載されているのか、手首をくるっと顔の方に向けると、自動的に液晶が点灯する物もあります。しかし、このスマートブレスレットはそれがありませんでした。時刻を見たければ、いちいちスマートブレスレットにタッチしてやらなければなりません。

 

総評

安いスマートブレスレットですが、簡単なヘルスモニターとしては十分かと思います。上を見ればキリがないので、3,4千円で購入出来るこのようなスマートブレスレットには十分価値があると思います。

 

文字や数値の見やすさ、簡単に使えることが特徴のスマートブレスレットだと思います。

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人

 

向いていない人

 

リンク

関連記事

 

商品

当該商品