USBポートも3PコンセントもOK「電源タップ USB充電ポート付 4 ACコンセント 2 USBポート 雷ガード搭載/Poweradd」レビュー

特徴

  • [USBポートとACアウトレット装備]ACコンセント4個口とUSBポート2個口(総計出力最大値3.4A)付き、2台のスマホ/タブレットが充電できる同時に、4台の電気器具に電源を供給することができます。
  • [雷サージ防御機能]コンピューターやテレビなどを瞬間的に高い電圧が発生するサージや、電線を伝ってやってくるノイズなどから守ってくれます。
  • [2P/3Pもできる]超便利3Pタップで、2P・3Pどちらの差し込み口にも使用できます。
  • [頼りになる]難燃性最高ランクのV-0規格PC素材と過電流保護回路により、ご安心に利用いただけます。

 

長所と短所

  • ○USBポート2個口装備
  • ○3P電源プラグ応
  • ○集中スイッチ付き
  • ×3P電源プラグ対応なので大きい

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、Poweraddさんの電源タップです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

綺麗な白いパッケージの外観です。

 

4AB62E93

 

パッケージ内容は電源タップ、サンキューカード、説明書です。特に操作は必要ないのですが、完全日本語版の説明書でした。

 

EE41DF29

 

電源タップは、3P電源pyラグ対応の個口に、合計3.4A出力のUSBポート2ポートです。

 

212DD128

 

背面には壁に引っ掛けるホールも付いています。

 

809C8D8A

 

電源タップ自体の電源コンセントは、2P電源プラグにアースケーブルです。

 

6D08C9B1

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

気になるところ

まずは気になるところから書いていきたいと思います。

 

3P電源プラグ対応なので大きい

後述しますが、この電源タップは3P電源プラグに対応しています。なので、日本で一般的に使用されている2P電源プラグと比べて、どうしても縦幅を取るので、主に海外で良く見る電源プラグの規格で、最近チラホラ日本でも見ますが、自体の大きさが大きくなり、面積当たりのコンセント数が少なくなってしまいます。

 

A765387C

 

 

USBポート2個口装備

昨今、モバイル端末はもとより、USBで充電する機器が非常に増えています。私が使用している物を思い付くだけ挙げても、スマホ、タブレット、デジカメ、PS4コントローラー、ヘッドセット、マウス、キーボードなどがあります。

 

本来、USB端末に充電したければ、電源コンセントにUSB充電器のアダプタを取り付けなければならないのですが、この電源タップにはあらかじめUSBポートが2つ付いているので、余計な機器や配線をすることなく、そのまますぐにUSB機器に充電出来てしまいます。

 

B5A8C16A

 

USBポートの無い電源タップだと、後付けでUSB充電アダプタを差し込むため、下記画像のように見た目的にあまりよろしくないスタイルになってしまいます。

 

A3D051FC

 

1つ注意点としては、ポート数は2つで合計3.4Aなので、2Aの急速充電対応端末を同時に2個充電との使い方は出来ません。2ポートでの合計最大出力は3.4Aなので、急速充電の2A×2の4Aには届きません。とは言っても、急速充電端末2個を繋げると充電出来ないうわけではなく、急速充電の速度には少し足りないだけです。特に使用上問題があったり、不便なわけではないのですが、急速充電で同時に2個MAXスピードで充電したいとの方はご注意ください。

 

3P電源プラグ対応

この電源タップは画像からも分かるとおり、アースコンセントを差し込める3P電源プラグ対応の電源タップです。最近日本でもチラホラ見るようになってきましたが、本来出力の高い機器(200V)にはアースが義務付けられているので、洗濯機や電子レンジなんかはこのような電源タップを使用した方が安心安全みたいですね。アースとは電源プラグから伸びてるあのケーブルです。

 

29258784

 

洗濯機の電源コンセントを差し込むところには、このアースを繋げる差し込み口がある場合が多いですよね。本当はこれ、電子レンジや食洗機やエアコンでもやった方が良いんです。その場合、アース差し込み口のあるコンセントはまだ日本には少ないため、このような3P電源プラグ対応電源タップがあれば、アースをピンに変えるアダプタを繋げれば安全に高出力の家電を運用出来ることになります。

 

 

集中スイッチ付き

電源タップ上部には集中スイッチが付いており、このスイッチをオフにすると、電源コンセントとUSBポートへの電源供給がストップします。このようなUSBポート付きの電源タップの場合、集中スイッチとUSBポートは連動しておらず、USBポートだけは常に通電状態の物もあるのですが、こちらの電源タップは連動していました。

 

04F8DBDB

 

個人的にはこの集中スイッチは便利だと思っています。電源タップを購入する際は、集中スイッチか個別スイッチで電源供給を止められる物を選んでいます。何故かというと2つ理由があります。

 

1つは当然節電のためです。たまにしか使用しないような機器の場合、このスイッチをオフにすれば主電源をオフにすることと同じになるので、待機電力がゼロになります。待機電力なんて微々たる物ですが、節約よりも精神衛生上の方が大きいかも知れません。『無駄な電力を使ってない』と言う自己満足と言うか…。でも自分が満足なので良いんです。

 

もう1つは、手元に電源タップを置いた場合、主電源のオン/オフをすぐに簡単に出来ることです。私の場合、主にPCモニタの電源のオン/オフに活用しています。私が使用しているPCモニタは、使用していないときにモニタに付いているスイッチでオン/オフを繰り返していたため、接触が悪くなり反応がすこぶる悪くなってしまいました。なので、スイッチ付き電源タップがあれば、PCモニタのスイッチを弄らずにオン/オフ出来るようになるので活用しています。また、長時間外出してネットに繋いでいないときなどは、ルータも電源タップのスイッチでオフにしています。

 

電源タップにスイッチが付いていると、それぞれの生活スタイルの中で工夫すると、様々な使い方が出来るんです。

 

おわりに

サイズはやや大ぶりで、差し込み口は4個と少なめなのですが、3P電源プラグ対応なので、電子レンジや食洗機などの高出力家電を安全に使用したい場合にはお勧め出来ると思います。また、USBポートが2ポート標準で付いているので、USB機器の充電にも余計な物を後付けせずに済むのでスッキリして便利です。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品