谷口君がずっと主人公「プレイボール/ちばあきお」レビュー

ストーリー

中学時代の試合で指を骨折し、その後遺症から野球ができなくなった谷口タカオ。墨谷高校入学後、実際にはプレーできない野球部を毎日眺めていた。それを見かねたサッカー部キャプテンが、できない野球に未練を持つよりは新しい道へと、谷口をサッカー部に勧誘する。サッカーは全くの初心者だったが、中学時代に培った努力と根性でみるみる上達し、チームメイトからも認められる。

 

だが、一度は野球をあきらめサッカーに専念した谷口だったが、少年野球の審判を買って出るなど野球に対する情熱はまったく薄れることはなかった。それはほどなくキャプテンに知られることとなり、このままサッカーを続けることは谷口にとって最良ではないことを察したキャプテンの勧めもあり、サッカー部を退部して野球部に入部する。墨谷高校野球部は毎年1回戦負けの弱小野球部だったが、谷口の入部後、徐々に変化が起こっていく。

 

キャプテンで最初の方しか出ず、ずっとその後が不明だった谷口君の話をじっくり描いていたのでスッキリしました。

 

キャプテン (1) (集英社文庫―コミック版)

 

絵柄

基本キャプテンと同じですが、かなり見易くなっているかなと。

 

やみつき

集中して一気に読んだのはキャプテンよりプレイボールでした。漫画としてバランスが良くて読みやすかったです。

 

総評

キャプテンはアニメを少し知っていて、その印象だと完全に谷口君が主役だと思っていたので、前作であっさり最初の頃に谷口君がいなくなって、その後全く音信不通というのが気になって気になって仕方がありませんでした。それでキャプテンを読み終わった後に、間髪入れずこのプレイボールを読んだのですが、ずっと谷口君が主人公で非常にスッキリしました。

 

上にも書いていますが、プレイボールは前作キャプテンより、色々な意味で非常に読みやすかったです。

 

まず絵柄は前作よりスッキリ見易くなっていますし、コマ割やコマの運び、繋がりもスムーズですし、肝心の話の展開も高校野球と言うことで、舞台や設定にトンデモが少なくリアルでしたし、試合の描写も前作では淡々と進むのに対して、今作は頭脳的な駆け引きや心理描写が丁寧で読んでいて引き込まれました。

 

まあ、その代償として一試合の話が長くなるので、巻数が多くなり、中途半端な常況での終わり方になってしまったようにも思えますが…。あのペースで甲子園までやってくれれば文句は無かったんですけどね。今回も突然の終わりで、そこはちょっと残念でした。

 

前作のキャプテンで「丸井が谷口君のいる高校へ編入したがっている」と言う話がありましたが、その伏線がまさか今作途中で回収されるとは思いませんでした。この時は「おお!」と思いました。まあその後五十嵐兄も入ってくるので、結局あっさり墨谷二中メンバーが揃ってしまいましたが。

 

弱小チームに新入生が加わって雰囲気が変わり、一年生が上級生を引っ張って周りの意識も変わり、次第に強豪になって行く。二年生がキャプテンをやる。この辺のストーリーって健太やります!に非常に似ているなあと。プレイボールの題材をバレーに変えて、現代風の漫画にしたら健太やります!にまるっきりなるような気がします。

 

健太やります! (1) (小学館文庫)

 

何はともあれ谷口君の高校生編がじっくり描かれていたので、本当にスッキリ&満足でした。

 

キャプテンプレイボールのどちらが好きかと言われれば、私はプレイボールの方が好きでした。

 

当該商品