「HDDケース ORICO 2139C3-G2-JP-CR/ORICO」レビュー ~透明のSSD/HDDケース~

今回レビューするのは、ORICOさんのHDDケース『ORICO 2139C3-G2-JP-CR』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • 【6Gbps転送】USB3.1 Gen2 10Gbps通信プロトコル採用、SATA3.0の制約ので、実際の最大転送速度は6Gbpsまで。UASP転送モードとTRIM指令にも対応し、転送速度は一層に向上させます。
  • 【便利に使用】2つUSBケーブル(タイプA-C と タイプC-C)を付属しております、使用環境によって自由に選択できます。ドライブ不要、ホットスワップも対応し、差しだけですぐ使用できます。
  • 【透明なケース】内蔵ハードディスクの型番/容量等はっきりと見えるデザイン、静電気防止可能PC材料採用、13mm薄型ながら丈夫な設計により、持ち運びにやすい。
  • 【高い互換性】9.5mm以下の2.5インチSATA HDD/SSD(4TBまで)をサポートします。Windows/Mac/Linux等システムサポートします。LEDランプによって動作状況を分かります。
  • 【パッケージ】1x 2.5インチ HDDケース本体、1x USB A-Cケーブル、1x USB C-Cケーブル。

 

長所と短所

  • ○透明ケースで綺麗
  • △外すときに斜めに取り外すので端子の耐久性が不安
  • ○裸運用時と比較しても速度低下なし
  • ○電源必要なし

 

外観

パッケージ外観
1393285F

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

B871BBF5

 

ケース。

0C7EFE8B

 

USBケーブル。

BCE671D2

 

USB-Cケーブル。

F67DEF1F

 

サンキューカード。

5D5C898F

 

説明書。日本語ページなし。

6BF7332D

 

動画

 

使用した感想

○透明ケースで綺麗

このケースは2.5インチ用なので、SSDでもHDDでも2.5インチの物ならなんでも入ります。また、ケースは透明で中身が見えるので綺麗であると同時に、中の基板が全部見えるので安心です。

33444D36

 

ケースは上面よ指で後ろに引くとスッとスライドして外れます。逆に蓋を取り付けるときは透明なので溝がどこなのか少し分かりづらく、お尻の方の溝を見ながらスライドして填める必要があります。慣れると見なくても出来る等になりますが、最初は透明ならではのはめ込みの分かりづらさに戸惑うかもしれません。

128DAEC3

 

△外すときに斜めに取り外すので端子の耐久性が不安

SSDを装着した様子がこちらになります。端子はキチッと2.5インチのSSDに填まりました。ただ。外すときはSSDを上に少し引き上げてから外す動作になるので、ケースの端子がもげないか少し不安です。

B4F5357A

 

端子とは逆側のお尻部分が少し高くなっているので、外すときはディスクを少し上に引っ張り上げないと外れないんです。

8677DB47

 

○裸運用時と比較しても速度低下なし

私が使用したSSDは裸運用時と速度が全く変わりませんでした。USB3.0接続なので外付けケースでも十分な速度が出ました。USBメモリだと苦手な細かいファイルの読み書きもスムーズで問題なし。

F45C01F3

 

○電源必要なし

2.5インチのSSDやHDDなので、3.5インチとは違い外部電源を必要としません。このケースにディスクを入れ、USBケーブルをPCに繋げればそれで完全に動作します。これはUSB3.0だろうと2.0だろうと、デスクトップPCだろうとノートPCだろうと変わりありません。

270104A8

 

総評

オーソドックスな使い勝手の2.5インチSSD/HDDケースです。透明なので中が見えて綺麗で安心です。頻繁に脱着すると端子部分に多少の不安は感じますが、そのような使い方をしないなら安くて簡単に使えるケースです。

 

こんな人にお勧め

  • 透明の2.5インチHDD/SSDケースが欲しい人
  • 簡単に使えるHDD/SSDケースが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品