「トレーニングシューズ モナルシーダ2 SW AS/ミズノ」レビュー ~4Eの幅広と甲高がありがたい~

特徴

  • 【SOCCER SHOES】甲高、幅広選手にオススメのスーパーワイドフィット採用のトレーニングモデル。
  • トレーニング用
  • [機能]
  • ソフト人工皮革
  • ZEROGLIDE(ゼログライド)カップインソール
  • シューズ内での足の横ズレを軽減し、キレのある動きをサポートします!
  • スーパーワイドラスト
  • 甲回り寸法が通常ラストより12mm広い足型を使用した、さらにワイドな足入れ。(4E相当)
  • [素材構成]
  • 甲材/人工皮革、底材/ゴム底

 

長所と短所

  • ○幅が広い
  • ○甲高
  • ○リーズナブル
  • △縦がやや長い

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、ミズノさんのトレーニングシューズミモナルシーダ2 SW AS』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

今回購入したのはミモナルシーダ2 SW ASです。ワイドの文字が目立つ通り、幅広なトレーニングシューズです。

 

C66F6C95

 

靴紐は真ん中にあります。

 

AC244E44

 

インサイド側。

 

7FF73063

 

靴底。

 

EA7113CA

 

インソールは取り外し可能です。

 

BA7ABA7A

 

以上、外観チェックでした。

 

幅が広い

ミモナルシーダにも数種類ありますが、その中でも最も幅広ののミモナルシーダ2 SW ASです。いわゆる4Eです。扁平足の方や、足幅が広くて一般的なサイズのトレーニングシューズが合わない方に最適です。

 

A92AFCD4

 

私の場合、自覚はないのですが幅広甲高のようです。指先が余らないようなサイズのトレーニングシューズを選ぶと、幅がキツキツになり、甲高が足りないので、2時間のフットサル中、何度も紐がほどけてしまいます…。どうにも紐がほどけすぎるのでおかしいと思い、ミズノさんの幅広甲高のトレーニングシューズを履いたら、紐がほどけないようになりました。

 

実際、幅広と歌われているトレーニングシューズって「そんなに違うの?」と思われるかもしれませんが、実体験から全然違うと言い切れます。幅がどうにもキツすぎる、サッカーやフットサルをしていて紐がいつのまにかほどけてしまうなんて経験がある方は、幅広や甲高の可能性ありです。1度このような幅広甲高を謳っているトレーニングシューズに変えてみてください。

 

甲高

前述もしましたが、幅広だけではなく甲高のトレーニングシューズです。用は足の甲が人よりも盛り上がっている人向けと言うことです。サッカーやフットサルをしていて紐が自然とほどけることが何度もある方は、間違いなく甲高だと思います。

 

228AAD02

 

このトレーニングシューズはきちんと甲高になっているので、足の甲の窮屈さから解放されました。

 

リーズナブル

価格は定価で9千円弱です。市場価格は私が購入した時点で6千円を切る程度でした。十分リーズナブルなトレーニングシューズだと思います。

 

2D6D8D8B

 

後述すると、本当はフットサルで使えるモレリアが欲しかったんですけどね。やはり私の足の形的に合いませんでした。

 

 

今回も返品前提で注文した

前回トレーニングシューズ購入した時も同じスタイルで注文したのですが、今回もモナルシーダの26cm、モレリアの26cm、26.5cmの3つを同時に注文しました。そして、その中で最も足に合ったモナルシーダの26cmだけを残して返品しました。

 

 

Amazonの靴や衣類は、「返品無料だから試着して合わなかったら返却してね」との謳い文句が公式にあるので、この買い方は公式に認められた物です。詳しくは以前記事を書いているので、上記記事を読んでいただけたら幸いです。

 

この買い方が出来るのでAmazonで靴も購入するようになりました。

 

424DDB1B

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

縦がやや長い

このトレーニングシューズは幅広甲高が特徴なのですが、それと同時に足先もやや長いです。実はこれが私にはちょっとネックです。と言うのも、私の足はいわゆるローマ型(ポリネシア型)なんです。

 

3C53D2A6

 

足の形はおよそ下記画像のようなタイプに分かれるようで、日本人の8割はエジプト型だそうです。また、最近はギリシャガタが増えているとか。そして、下記写真が私の足です。

 

7BC0CA23

 

エジプト型でもギリシャ型でもありません。少数派のローマ型(ポリネシア型)のようです。簡単に言うと先端が尖って折らず平らなんです。これがトレーニングシューズを履くときに悩みの種に…。

 

つまり、靴はエジプト型やギリシャ型を元に作られているんです。それ以外の人には中々合う靴が無いことに…。ただ、普段履きの靴ならそれでも良いんです。多少緩くても問題ありませんからね。しかし、サッカーで使うトレーニングシューズmジョギングシューズなぢ、スポーツで使う靴の場合は話がまるで違ってきます。特にサッカーはボールを足で蹴るスポーツなので、フィットしない靴の違和感と言ったらもう…。

 

このようなことから、このトレーニングシューズは幅広甲高までは私にピッタリなのですが、足先が尖っていないので、足先が長いのは私には合いません。通常より多く指先が余ってしまいました。とは言え、キツすぎると窮屈でおかしくなりますし、紐がしょっちゅうほどけるので、取り敢えずモナルシーダで良いかなと。

 

おわりに

幅広甲高でスポーツをしている方は、なかなか合う靴がなくて困ったことがあると思います。ミズノさんは日本のメーカーらしく、外国人に比べて日本人には多い幅広甲高の靴を出しているので助かります。ナイキやプーマ、アディダスも好きなのですが、日本人に合わせてくれるわけもなく、中々合う物が無いんですよね。

 

こんな人にお勧め

  • 幅広甲高の人
  • サッカーやフットサルをしていてよく紐が自然とほどけてしまう人

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品