「スキーグローブ/Grebarley」レビュー ~安いのに防寒、防風、防水性能が素晴らしい~

今回レビューするのは、Grebarleyさんのスキーグローブです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 【タッチパネル対応】人差し指と親指はタッチパネル対応で、着用したままスマートフォンなどの操作が可能です。
  • 【防水・防風拔群】表面潑水加工ギャバジン素材を表地に使用し、撥水性や耐久性などに優れています。中わたのTPU防水シートは防水および風防性能が増し、雨や雪の水分を侵入を防ぎます。
  • 【3Mシンサレート高機能断熱素材】中わたは「薄くて、暖かい」を実現した3M社の衣料用断熱素材、シンサレートを採用しました。空気をがっちり封じ込め、暖かさをキープします。シンサレートは通気性と吸湿性が良く、温度調節に抜群の効果を発揮します。 裏地には肌触りと速乾性のある起毛加工生地を採用しました。
  • 【手首調節用ベルト】手首部分にはサイズ調整可能なベルトがあり、ぴったり手にフィットするようストラップで調整し、雪などの寒さが入らないようにすることができます
  • 【滑り止めコーティング・紛失防止】手袋の手のひら部分には網の目状の滑り止めコーティングを施してあり、摩擦力を増加させ、スキーポールや手すりなど、物を掴みやすくしています。袋の両側には、カラビナがあり、左右の手袋を纏めることで手袋の紛失を防ぎます。

 

長所と短所

  • ○防寒、防風性能バッチリ
  • ◎防水性能ほぼ完璧
  • ○タッチパネル操作ができる
  • ◎手首のベルト調整が容易
  • △厚手なのでハンドル操作はややしづらい

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
FA017885

 

セット内容

▼パッケージ内容は下記画像の物で全てになります。▼

051CB64F

 

動画

 

スペック

素材 表面潑水加工ギャバジン/中わたのTPU防水シート/3Mシンサレート高機能断熱素材
手首調整 ベルト
ストラップ あり
滑り止めコーティング あり
スマホ操作 人差し指と親指のみ可能
ロングフカ あり
重量 両手約190g(Lサイズ)

 

使用した感想

○防寒、防風性能バッチリ

スキーグローブと銘打っているだけあり、防寒、防風性能はバッチリでした。スキーでここがないと意味がないのでですが、きちんとその名の通りの機能性で良かったです。バイクグローブとして使用したのですが、11月中旬でこれっぽっちも手が冷たくなることはなく、2時間走っても手が温かかったです。▼

D92D9273

 

▼手首のカフは長く、伸縮性のある毛糸になっており、隙間が出来ない構造です。厚みもあるのでここ自体が温かく快適でした。ここも防寒、防風性能に一役買っています。▼

8B9DCDA5

 

▼裏地は起毛とまではいきませんが、フカフカしたフリースのような素材で温かかったです。▼

C5E2B6A6

 

重量は両手で191.8gでした。片方100gを切っているので軽かったです。重いと感じることは全くありませんでした。▼

5200E160

 

▼連結フックがあるので、両手グローブをまとめておくことも可能。片方だけ紛失なんて危険性を減らしてくれます。▼

12004464

 

▼また、ゴムベルトもあるので、グローブを外したときに手首に引っ掛けて移動することも可能です。こちらも有効な紛失防止機能です。▼

81F3DE7F

 

厚みがあるスキーグローブなので期待はしていたのですが、予想以上の防寒、防風性能でした。真冬のバイクグローブとして、スキー場でのスキーグローブとして、どちらに使用しても全く問題ないレベルだと思います。

 

◎防水性能ほぼ完璧

防水性能は結論から書くと完璧でした。シャワーの勢い最大で5分間グローブを濡らしてみたのですが、中が濡れるどころか湿ってる感じも一切ありませんでした。シャワー最大の勢いだとゲリラ豪雨か台風かって状況だと思うので、普通に使用していて浸水することはないと思います。▼

45A6F7C0

 

ただ、表層から中間層までは水が染み込みます。その中間層に防水素材があり、そこから先は完全に水をシャットダウンといった構造のようです。なので、水に濡れると中間層まで浸水し、絞ると水が染み出ます。中は全く濡れていないので問題ないのですが、一旦びっしょり濡れると乾かす作業と時間が必要になります。

 

○タッチパネル操作ができる

人差し指と親指には、スマホなどのタッチパネルを操作出来るゴムが縫い付けられています。一応これでスマホの操作は出来るのですが、厚みのあるスキーグローブなので、さすがにメールで文字を打つなんて細かい作業は厳しいです。電話に出る、メールやラインのメッセージを確認するなど、大雑把な操作が出来るだけと考えておいた方が無難です。それでも、グローブを脱がなきゃ出来ないよりも圧倒的に便利ですけどね。▼

33B0B4EC

 

◎手首のベルト調整が容易

手首にはアジャスターがあります。ここを絞ったり緩めることで、手のサイズや手首の太さにかかわらず、ジャストフィットのスキーグローブになります。また、カフと二重で手首側からの風や水、雪の侵入を防ぐ役目にもなっています。▼

BA5C15D0

 

アジャスターに細かい操作は必要なく、ただ手で引っ張るだけで締めたり緩めたりが出来、ほぼ自動的にそこでカッチリ留まるので非常に便利で楽でした。この簡単な操作性なので、このスキーグローブをしたまま、もう片方のスキーグローブのアジャスターを調整出来ます。

 

△厚手なのでハンドル操作はややしづらい

スキーグローブとは銘打っていますが、勿論バイクグローブにもなります。と言うか、私はバイクグローブとして使用しています。ただ、スキー用にもなるほど厚手なので、ハンドル操作はやや困難です。ウインカー操作をする場合など、親指を曲げての細かい操作は慣れが必要です。決して出来ないわけではないんですけどね。ただ、厚手の分本当に温かいです。

 

総評

防寒、防風、防水と、ほぼ完璧な性能のスキーグローブだと思います。勢い最大でシャワーを5分間当てる防水テストをしても中身は全く濡れず、11月中旬にバイクで2時間走っても全く寒さを感じず。少なくとも私は不満を感じていません。この防寒性能のバイクグローブだと、3千円程度だ購入出来るこのスキーグローブの倍してもおかしくないので、バイクグローブとして使用するとかなりお得ですね。

 

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人
  • 防寒、防水性能の高いグローブが欲しい人
  • 防水性能がしっかりしたグローブが欲しい人

 

向いていない人

 

リンク

関連記事

 

商品

当該商品
 

ABOUTこの記事をかいた人

ジェーニオ

記事を読んでいただき有り難うございました。当ブログは管理人が日々購入した物や観た物の感想やレビューを書いていくHPです。何かの参考になれば幸いです。

お問い合わせレビュー依頼