「Bluetoothヘッドセット JP02-S04-00070-01/Eonfine」レビュー ~メタリックで格好良いトゥルーワイヤレス~

今回レビューするのは、EonfineさんのBluetoothヘッドセットJP02-S04-00070-01』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 【高音質Bluetoothイヤホン】Bluetooth V4.2+EDRが採用され、マイク内蔵で携帯を取り出さずにハンズフリー通話可能です。Bluetooth機能付きデバイスに対応しており、最大約10mの音声信号伝送が可能でコードを気にせずクリアな高音質サウンドが楽しめます。更に、CVC6.0ノイズキャンセリング技術にも対応しています。二つのモノラルの音を融合して、真の無線立体音声体験を頂きに近づきます。穏やかな音質で聴き疲れしにくいです。
  • 【磁石充電収納ケース付き】:イヤホンをボックスセットだけで簡単に充電できます。頻繁のケーブルを充電ポートに挿し抜く不要です。ボックスは大容量バッテリー内蔵されていますので、イヤホンに4-5回満充電可能です。電量不足を心配せず、ご安心して使用いただきけます。
  • 【フィット感抜群】耳のサイズにフィットするセッティングが調整可能です。完全にハンズフリーで運転、会議、クッキングまたはスポーツの時にミュージック、通話をエンジョイ可能です。イヤホン本体のサイズは100円玉より小さい超小型で、耳に装着すると、後ろから完全に見えません。付けていることを忘れてしまう程の装着感、長い時間装着していても疲れません.スタイリッシュなデザインは耳を着飾るファッションアイテムに!人間工学に基づき設計し、アクティブに動いてもしっかりと耳にフィットする快適な装着感を実現します。
  • 【軽量 防水】トレーニング、ドライブ、ウォーキング、デスクワーク、作業中、通勤、通学、DVD鑑賞、電話会議など、様々なシーンで長時間つけても快適にご使用いただけるのです。雨天時や汗をかいた際にも安心して使えるスプラッシュプルーフに対応。オープンポートに撥水性のある素材を採用。これにより、内部への水の侵入を防ぎ、雨や汗を気にせず使用することができます。

 

長所と短所

  • ○完全コードレスの両耳ヘッドセット
  • ○スプラッシュプルーフ(IPX5)対応
  • ○小さいイヤーフックがありしっかり装着出来る
  • ◎両方のイヤホンをそれぞれ単独の片耳ヘッドセットとして使用出来る
  • △曲送りが出来ない
  • △収納ケースのボタンを押さないと充電されない
  • ×Bluetoothドングルや端末と相性があるかもしれない

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
8859A6D3

 

パッケージ内容
9A892924

 

セット内容

  • ヘッドセット
  • 収納ケース
  • イヤーチップ×3組(1組は装着済み)
  • USBケーブル
  • 収納袋
  • 説明書
08B8835E

 

写真と動画

外観

ヘッドセットは左右を繋ぐケーブルが無いトゥルーワイヤレスです。

13EDEE0B

 

収納ケースは細長くポケットに入れやすいです。

7A1748C2

 

100円玉と比較すると下記のようなサイズ感になります。

F9E7DE34

 

ヘッドセットの重量は両方で12.2g。片方で約6gです。

DACF07B0

 

収納ケースにヘッドセットをセットした状態での重量は38.0gと軽量です。

EFF3D343

 

説明書は日本語と英語の2カ国語版です。

568AACFD

 

動画

 

使用した感想

○完全コードレスの両耳ヘッドセット

このッドセットは最近各メーカーが力を入れて出しまくっているトゥルーワイヤレスです。左右のイヤホンを繋コードがありません。

2E46DE6E

 

コードが一切無いので、激しい運動で頭を動かしても首を振っても、体に当たる物がなにも無いので快適です。ジョギングやウォーキング、ジムでのスポーツなどに最適だと思います。また、私の場合、ベッドに寝ながら使用することもあるので、寝転んでもコードが邪魔にならないのは快適です

 

○スプラッシュプルーフ(IPX5)対応

トゥルーワイヤレスなので、スポーツ時の使用などに快適だと前述しましたが、その際に気になるのは自分の汗です。しかし、このヘッドセットはスプラッシュプルーフ(IPX5相当)の防水性能を持っているので、自身の汗や雨でも問題なく使用出来ます。

 

このような防水性能の観点から見ても、スポーツ時に最適と言えると思います。

 

○小さいイヤーフックがありしっかり装着出来る

基本的にトゥルーワイヤレスは、耳の穴にスポッと収めるだけの簡単な構造です。しかし、このヘッドセットは小さい鍵爪状のイヤーフックが付いています。このイヤーフックはゴム製となっており、引っ掛けても耳が痛くなりません。また、引っ掛ける場所は耳たぶではなく、耳の穴の溝です。触れば分かりますが、ここは痛覚があまり無く、痛みに鈍感な場所なので、長時間装着しても耳が痛くなりません。

6636ADDF

 

イヤーフック無しでも装着出来る小ささと構造なのですが、イヤーフックがあることで更に強固な装着感になっています。いくら頭を振っても落ちそうになることはありませんでした。

 

◎両方のイヤホンをそれぞれ単独の片耳 ヘッドセットとして使用出来る

安いトゥルーワイヤレスの場合、どちらか片方のヘッドセットしか片耳ヘッドセットとして使用出来ない物が少なくありません。しかし、このヘッドセットは両方とも単独の片耳ヘッドセットとして使用出来ました。

A4F157EB

 

両方単独で片耳ヘッドセットになるとなにが便利かと言うと、片耳」として延々使い続けることが出来ることです。

 

  1. 右耳ヘッドセットを片耳ヘッドセットとして使用する
  2. バッテリーが無くなったら左耳ヘッドセットを使用する
  3. バッテリーが空になった右耳ヘッドセットを収納ケースにセットして充電する
  4. バッテーが無くなったら右耳ヘッドセットを使用する
  5. バッテリーが空になった左耳ヘッドセットを収納ケースにセットして充電する
  6. *1に戻る

 

左右を入れ替える手間だったり、ペアリングし直すことが必要なので、シームレスでの使用とはいきませんが、それでもこの使い方が出来るのは便利です。1日中外にいて使用する場合など、とにかく長時間使用したい方には有効な使用方法なんです。

 

△曲送りが出来ない

トゥルーワイヤレスのヘッドセットは概ねそうなのですが、ヘッドセット自体の面積が少ないため、ボタンを1つしか設置出来ません。そのため、その1つのボタンはどうしてもマルチファンクションボタンになります。

 

ヘッドセット本体では局の変更や音量の変更は出来ません。これらの操作をしたければ、音楽の再生をしているスマホ等の端末を直接操作する必要があります。

 

最近はタッチ式ボタンのトゥルーワイヤレスもあるため、ダブルタッチで曲送りは出来る…との物もありますが、こちらは物理ボタンのためそれも出来ません。

 

△収納ケースのボタンを押さないと充電されない

収納ケースにヘッドセットをセットすると、自動的に充電が開始される物も多いのですが、こちらは収納ケース内のボタンを押さないと充電が開始されません。セットと同時に自動的に充電される物だと、充電が必要ないときにも勝手に充電されてしまうため、好みになりますが、私は自動で充電される方が楽で良いかなと…。ちなみに、ボタンを押して充電が開始されると、ヘッドセットのLEDランプか赤色に点灯します。

E7D28A10

 

この収納ケースは円柱状とは言えませんがかなりの細長です。手の平で簡単にギュッと握りきれるくらい細いです。なので、ポケットへの出し入れも容易です。トゥルーワイヤレスは収納ケースもヘッドセットと一緒に持ち運ぶことが基本となるので、この小ささと軽さは大きなメリットになります。

56323F69

 

納ケースに搭載されているバッテリー容量は250mAh。ヘッドセットに搭載されているバッテリー容量は片方50mAhです。

0829ED26

 

×Bluetoothドングルや端末と相性があるかもしれない

PCに挿しているBluetoothのUSBドングルと接続してみたところ、片耳ヘッドセットとしてはペアリング出来るのですが、いくらやっても両耳ヘッドセットとしてペアリング出来ませんでした。ところが、手持ちのスマホとタブレットと接続したところ、あっさりと両耳ヘッドセットと片耳ヘッドセット両方でペアリング出来ました。

 

もしかしたら、Bluetooth機器やUSBドングルと相性があるかもしれません。両耳ヘッドセットとしてペアリング出来なかったUSBドングルは結構古い物なので、この辺りがネックなのか…。一応Bluetooth4.0なんですけどね。

 

一応、ペアリング方法を記載しておきます。

 

【両耳ヘッドセットとして使用する場合】
<初回ペアリング>

  1. 両ヘッドセットの電源ボタンを3~4秒長押しして電源オンにする
  2. 暫くすると音声アナウンスがあり、両耳ヘッドセットとしてペアリング待機中になる(メインヘッドセットのLEDランプが赤白交互に点滅する)
  3. スマホ等の端末のBluetooth機能をオンにして検索し、『M2-R』を選択する

<2回目以降のペアリング>

  1. 両ヘッドセットの電源ボタンを3~4秒長押しして電源オンにする
  2. 暫くすると音声アナウンスがあり両耳ヘッドセットとして準備される(メインヘッドセットのLEDランプが赤白交互に点滅する)
  • 片方の電源ボタンを押すと両方電源オフになる

 

【片耳ヘッドセットとして使用する場合】
<初回ペアリング>

  1. 片方のヘッドセットの電源を8秒長押ししてペアリング状態にする(LEDランプが赤白交互に点滅する)
  2. スマホ等の端末のBluetooth機能をオンにして検索し、『M2-R』か「M2-R」を選択する

<2回目以降のペアリング>

  1. 片方のヘッドセットの電源を8秒長押ししてペアリング状態にする(LEDランプが赤白交互に点滅する)

 

総評

比較的リーズナブルなトゥルーワイヤレスのヘッドセットですが、両方とも片耳ヘッドセットとして使用出来たり、収納ケースが小型軽量で持ち運びしやすかったり、耳が痛くならなかったり、使い勝手の良いヘッドセットだと思います。

 

ただ、前述もしたように、私の環境では相性からか、両耳ヘッドセットとして使用出来ないUSBドングルがありました。5,6年前に購入した物だと思うので、これくらい古いUSBドングルだと使えない場合もあるかも…。ここだけ注意すれば良いヘッドセットです。

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人

 

向いていない人
  • 相性問題に不安がある人

 

リンク

関連記事

 

商品

当該商品