ダンジョンRPGとグルメの合体「ダンジョン飯/九井諒子」(第1巻)レビュー

あらすじ

ダンジョン飯

待ってろドラゴン、ステーキにしてやる!
九井諒子、初の長編連載。待望の単行本化!
ダンジョンの奥深くでドラゴンに襲われ、
金と食料を失ってしまった冒険者・ライオス一行。
再びダンジョンに挑もうにも、このまま行けば、途中で飢え死にしてしまう……。
そこでライオスは決意する「そうだ、モンスターを食べよう! 」
スライム、バジリスク、ミミック、そしてドラゴン!!
襲い来る凶暴なモンスターを食べながら、
ダンジョンの踏破を目指せ! 冒険者よ!!

 

こんなジャンルがあったとは

一部で話題になっていたのは知っていたのですが、まさかこんな漫画があったとは…。色物なんだろうなと思って読んでみたら、話の運びも絵柄もしっかりしていて、凄く面白かったです。

 

話としては、同じパーティーで冒険していた主人公の妹が、ドラゴンに食べられて死んでしまったため、一旦ダンジョンから脱出。脱出したは良い物の、食料をしっかり買い溜てダンジョンに再挑戦する資金力がない…じゃあどうするか…。そうだ!モンスターを食べれば良いんだ!ってストーリーです。まあ主人公だけは前からモンスターを食べたい衝動はあったみたいですが…。

 

133F5A7CBD6A469D

 

RPGあるある

これは一応グルメ漫画(?)の体をなしているのですが、ダンジョンが舞台のRPG漫画でもあるので、RPGあるあるでクスッとするコメディが全体の雰囲気としては基本となります。ジャンルで言えばコメディなのか…。まあそれはともかく、読んでいて楽しい漫画です。

 

登場人物があっさり死んだり、それを生き返らせたり、誰しも知っているスライムなどのモンスターが出たりするので、RPG好きならニヤニヤする所が随所にあります。

 

料理はリアル志向

モンスターを料理するとは言っても、調理過程や出来上がる料理は現実にある料理に倣っているので、そこに突飛な物は今のところありません。料理に奇抜な物を期待していると肩透かしを食らうかも知れませんね。材料こそモンスターですが、出来上がりは水炊きだったり、アワビの網焼きみたいなものだったりします。

 

28CE35E1290762CE

 

絵柄も見やすくて好き

この漫画の絵柄は線がシンプルで見やすく、また可愛らしいので漫画の雰囲気に合っていて好きです。

 

ゴチャゴチャ線を描きすぎて見辛い漫画はたくさんあるのですが、この漫画はそれとは逆にシンプルな絵柄ですね。私は勿論こちらの方が好きです。

 

ACCEE290

 

主人公たちは普通

このダンジョン飯の主人公たちは、もの凄く強いわけでもなく、正義感に燃えるヒーローでもなく、キャラクターも感覚も反応も凄く普通です。ファンタジーを見ている感覚はあまりありません。どちらかというと日常コメディを見ている感じです。そのほのぼの感とダンジョンRPG、そしてグルメのバランスが絶妙で、まだ1巻しか出ていませんが、この先が非常に楽しみな漫画です。

 

7C331D84

 

こんな人にお勧め

  • RPGが好きな人
  • 料理漫画が好きな人

 

関連商品

 

当該商品