原田先生が主役「ちはやふる/末次由紀」(第24巻)レビュー

収録内容

遂に始まった名人戦、クイーン戦。周防名人vs原田先生。クイーンvs猪熊さん。

 

ちなみに新(あらた)は風邪で近江に来られませんでした。なので、千早に告白した顛末は一旦お預け。名人戦、クイーン戦が中心の24巻です。

 

TV放送がなくなってネット放送に

前巻でも少し話が出ていましたが、この名人戦、クイーン戦は、今まで衛星放送で放送があったのですが、今回からはTV放送がなくなり、ネット中継になったそうです。

 

具体的に言うとニコニコ動画。ハッキリこの名前を何回も作中に言っていました。とは言ってもこれは、ちはやふるの中でのお話。

 

0021

 

…と思って調べたら、なんと現実の名人戦、クイーン戦も2014年の正月に、ニコニコ動画で放送していました。

 

周防名人は勝つ気が無い?

最初、周防名人は全く勝つ気が無いのかと思わせる展開でした。勝っても負けてもこの五回目の名人戦で引退することを表明していましたからね。

 

0038

 

しかし話が進むにつれ、最後なので出来るだけこの名人戦という場に、長く座っていたいと言うような発言がありました。ただこの周防名人のキャラは、のらりくらりと本心を明かさないので、なにが本当か分かりませんけどね。

 

0071

 

それと、周防名人は視界の端が見えないような事も、千早によって示唆されていました。つまらないからとか、色々斜に構えた理由で煙に巻いていましたが、引退の理由はこれかも知れませんね。

 

0163

 

この巻は第四試合途中まで

この24巻は名人戦、クイーン戦の第四試合途中まででした。このペースで行くと、次巻で決着が付くでしょう。

 

0015

 

クイーン戦はクイーンが勝つことは目に見えているので良いのですが、名人戦はどっちが勝つのか楽しみです。

 

当該商品