超低カロリー「スキムミルクのカルボナーラ」レシピ

はじめに

自分で作っているカルボナーラのレシピをメモ。

 

生クリームを使わないあっさり風味のカルボナーラのレシピです。ソースも具もたっぷりなので、多いと思う人は量を調整して下さい。

 

生クリームのカロリーは凄まじいです。100mlで400kcalくらいになっちゃいます。これはいかんと思い。カロリーがほとんどない脱脂粉乳(スキムミルク)でカルボナーラを現在作っています。

 

味はあっさりしているので好みが分かれるかと思いますが、カロリーを控えたい人には良いんじゃないでしょうか。

 

材料

脱脂粉乳(スキムミルク)が無い場合、嫌な場合は、牛乳70ml~100mlでもOKです。その場合、ゆで汁はいりません。

 

手順

  1. パスタを茹でる(脱脂粉乳(スキムミルク)を使う場合塩を適量入れる)
  2. チーズ、ベーコン、脱脂粉乳(スキムミルク)を別容器に入れて待機→(1)
  3. 卵を割って攪拌して待機
  4. パスタがゆであがったら、ゆで汁を70ml~100mlを(1)に入れて、脱脂粉乳(スキムミルク)、チーズがほどよく溶けるまで混ぜる(このあとフライパンで加熱するので完全に溶けきらなくてもOK)→(2)
  5. 中火にフライパンを掛けて、(2)を入れる
  6. チーズと脱脂粉乳(スキムミルク)が溶けきったら一旦火を止める
  7. 卵を入れてかき混ぜる
  8. パスタを入れてかき混ぜる
  9. 弱火にして少しだけ煮立たせかき混ぜる(火に掛けすぎるとソースが固まりになってしまうので要注意。ここが一番大事で難しい。かき混ぜる手を止めない)
  10. 盛りつけて黒こしょうを振りかけて出来上がり

 

※ソースが水っぽすぎる場合、盛りつけた後たまにかき混ぜながら数分待つと、熱で卵が固まってきて良いあんばいに粘りが出てきます

 

※ソースを作る際に入れるゆで汁の量によって、ソースの水っぽさ、粘りが決まるので、好みで調整して下さい

 

脱脂粉乳(スキムミルク)ではなく牛乳を使う場合は、脱脂粉乳(スキムミルク)とゆで汁はいりませんので、牛乳を70ml~100ml入れて下さい

 

画像で解説

0DBF6EEB

材料。左から、脱脂粉乳(スキムミルク)10g。チーズ50g。ベーコン50g。卵一個。下にパスタ100g。パスタに一つまみの塩。

 

今回はフェットチーネが無かったので、普通の1.8mmのパスタを使いました。カルボナーラの場合、フェットチーネの方が断然お勧めです。

 

ベーコンは50gより多いと思いますが良いんです。大雑把な男の料理なので。気分で具の量多くしたりしちゃいます。

 

890D50AF

 

脱脂粉乳(スキムミルク)チーズ、ベーコンを器に入れてパスタのゆであがりを待機。卵はまだ入れません。ここで入れちゃうと、ゆで汁を入れるときに卵が固まり過ぎちゃうんです。

 

4773A6E1

 

レンジグッズのパスタを茹でる「レンジでパスタ」を使います。無茶苦茶楽ちんです。

 

0624D00D

 

パスタが茹で上がったら、茹で汁を70ml~100mlこの容器の中に入れます。

 

茹で汁を入れることにより、小麦粉の旨味と塩味が入ります。

 

B027FE57

 

ここではまだ完全に溶けきらなくても良いので、適度に混ぜて適度に溶かします。

 

B5D3AC98

 

フライパンを中火にして、ここで先ほどのソースを入れ、脱脂粉乳(スキムミルク)やチーズを完全に溶かします。

 

CBB6314D

 

脱脂粉乳(スキムミルク)チーズが完全に溶けきったら、一旦火を止め、そこに溶き卵を入れかき混ぜます。

 

AD229D3E

 

かき混ぜるとこんな感じで黄色くなります。

 

918E9D1B

 

そして茹でたパスタを投入。かき混ぜます。

 

C14B2FE5

 

かき混ぜ終わったら、弱火から中火で一旦火を入れて、もう一回かき混ぜます。

 

ここが一番難しいです。火加減が強すぎたり、火に掛ける時間が長すぎると、卵がダマになって固まって、カルボナーラ本来のソースのまろやかさが無くなってしまいますし、火を全く掛けないと、卵が限りなく生に近い状態で、水っぽくなりすぎます。

 

好みにもよりますが、火に掛ける時間は15~30秒くらいで良いでしょう。

 

A754A75B

 

お皿に盛りつけて出来上がりです。

 

AEAB4C56

 

好みで黒こしょうを振りかけて本当に出来上がり。

 

頂きます。

 

まとめ

カルボナーラソースは、自分で作った方が安上がりですし、何よりソースの量や味を自分好みに出来るのでお勧めです。

 

当該商品