「電熱ベスト/BURIBURI」レビュー ~バイクで部屋で大活躍~

今回レビューするのは、BURIBURIさんの電熱ベストです。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • この電熱防寒ベストは、男性用と女性用があり、表示されているサイズはすべて男性用のサイズです。 女性の方はワンサイズ下のサイズをお勧めします。正しいサイズは以下のデータを参照してください。 S=メンズS、レデイーM、M=メンズM、レデイーL、L=メンズL、レデイーXL、XL=メンズXL、レデイー2XL、2XL=メンズ2XL、レデイー3XL。注意:スリムフィットのため、ルーズフィットがお好みの方は1サイズ上をお選びください。
  • 素材構成 – 80%綿20%メランジュ+メモリ布.表面素材:メランジュ+メモリ布 裏素材:綿 「4つヒーター内蔵 10秒発熱!」いよいよ寒い冬になります。今年の冬が厳冬で、気温が極めて下がることと予測されました。今年厳冬を乗り切れる電熱ベストが新登場!背部、腹部、肩に四つのヒーターが内蔵され、最新の炭素繊維発熱方式で、10秒急速発熱、上半身を暖め、冬でも寒冷を恐れず、防寒対策に不可欠のアイテムです。
  • 3段インテリジェント温度調節&前後独立調節 – 電熱ベストがインテリジェント温度調節可能で、青(低温モード)、白(中温モード)、赤(高温モード)三段階温度調節し、自身のニースによって45℃から60℃の温度を変えられます。二つ温度スイッチが前胸にあり、前後温度独立調節でき、背部、腹部、肩の位置を暖めることができます。
  • 両面着れるリバーシブルのデザイン – おしゃれなリバーシブル仕様の発熱ベストです。両面着用もできて、しっかりシルエット仕上がりにすることで決めすぎずカジュアルな着こなしを楽しめます。両面着れる服だから、ファッションな実用品として使ってもOK。発熱持続時間は、高温モードは約5-6時間、中温モードは約6-8時間、低温モードは約8-10時間と長時間持続!上記の使用時間は、5.0V / 10000mAhパワーバンクです。
  • 恒温システム&熱量をロックする – 外部のメモリ布が寒い風を防ぎ、内部にある炭素繊維が急速発熱し、温度を大幅にあげます。中層に填充され綿が熱量の発散を食い止めます。さらに裏面にフリースを縫われ、保温性を一層向上、熱量を逃されず、体をポカポカにします!
  • usb給電&継続稼働 – 加熱ベストは内部USB給電式で、モバイルバッテリーを内部usbケーブルを接続することで、モバイルバッテリーを携帯しながら継続的に発熱し、まさに”移動の暖房”!

 

長所と短所

  • ○袖なしで軽いのでインナーに最適
  • ◎バッテリー付き
  • ○使い方が簡単
  • ○しっかりと温かかくなる
  • ○無地なので老若男女使える

 

外観

パッケージ外観
DB9FCEB3

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

293BCE83

 

電熱ベスト。

D62D8A11

 

モバイルバッテリー。

FF407380

 

収納ケース。

C2777E6A

 

説明書。日本語ページあり。

350867F0

 

動画

 

スペック

 

使用した感想

○袖なしで軽いのでインナーに最適

電熱ベストは色々ありますが、こちらは薄手で袖なし、Vネックの物となります。袖ありで長袖だったり、襟があったりする電熱ベストもあるので、どのようなタイプを選ぶかは、ユーザーの好みやどのようなシーンで使用するかによります。

 

こちらのタイプとしては、薄手、Vネック、袖なしなので、アウターに着るというより、インナーに着る方が合っているかなと思います。上にコートを着ても薄手なのでゴワつきませんし、袖なしVネックなどでコートの上から見えることもほぼありません。

 

衣類としての機能を見ると、外ポケットは腰部分左右に2つ。両方ともファスナー付きなので、財布なども貴重品も安心して入れておけます。また、海外製の場合、ファスナーの質が悪く、引っ掛かる場合もあるのですが、こちらはスムーズに開閉しました。

9158BFAE

 

内ポケットも外ポケットと同じ位置に2つあります。こちらもファスナー付きです。ただ、左側はモバイルバッテリーを接続するため、実質好きな物を入れることはできません。そのため実質使えるポケットは3つとなります。

CDCD390D

 

簡素ではありますが、電熱ベストを入れる収納ケースもあります。透明と黒の薄手のビニールになっており、ファスナーで開閉します。こちたのファスナーもスムーズでした。

305D481D

 

◎バッテリー付き

嬉しい付属品としてはモバイルバッテリーがあります。電熱ベストの場合、このモバイルバッテリーが付属しているかどうかもそれぞれ違うので、購入する際の判断材料になります。

 

付属しているモバイルバッテリーも、専用の特殊な物の場合と、汎用の一般的ななんにでも使える場合の2通りあります。こちらは後者で、電熱ベストだけではなく、スマホやデジカメにも使用できるタイプです。

 

大きさは片手で余裕で握ることができます。計測すると、高さ約10cm×幅約7cm×厚さ約2cmとなっています。小さいので、内ポケットに入れてもそれほどゴワつきませんし、重さを感じることもありませんでした。

56D2A55A

 

モバイルバッテリーの容量は1000mAhとなります。電熱ベストでの持ち時間は後述しますが、この容量なので、スマホやタブレット、デジカメへの充電にも問題なく使用できます。電熱ベストを使用しながら、スマホのバッテリーがなくなりそうな場合、このモバイルバッテリーでスマホを充電なんてことが簡単にできます。

8FC2754E

 

当然ですが、このモバイルバッテリーではなく、他の市販モバイルバッテリーも電熱ベストに使用できます。使用時間を長くしたいとか、他にいつも使用しているモバイルバッテリーがある場合、そちらでも接続することができます。

 

入出力は画像のようになっています。出力は一般的なUSBポートが2つ。入力(このモバイルバッテリーへの充電)は、USB Micro BとUSB Type-Cの2種類となっています。同時に2系統出力をすることができるので、電熱ベストを使用しながらスマホを充電なんでこともできます。

003FB45F

 

モバイルバッテリーは内ポケット左側にUSBケーブルがあるので、そこに接続してください。付属のモバイルバッテリーは余裕を持って入れられることができますし、手持ちの20000mAhの物も問題なく入りました。

D7B487E0

 

モバイルバッテリーの重さは218gでした。

461E44C1

 

付属のモバイルバッテリーは小さくて軽いので、内ポケットに入れても重さやゴツゴツ感が気になることはありませんでした。20000mAhの物を使用すると、重さやゴツゴツ感があったので、やはり付属の10000mAhくらいの物がバランスが良いと思います。

 

○使い方が簡単

使い方は非常に簡単で、説明書を読むまでもありません。前述のように、内ポケット左側のケーブルと付属のモバイルバッテリーを接続し、表面左下にある電源ボタンを長押しして電源オン。電源が入ったら、短押しでモードが変わるので好みに切り替えて使用するだけです。

CCDAD46E

 

モードは3種類あります。

 

  1. 赤色(高温)60-65度:5-6時間
  2. 白色(中温)50-55度:6-8時間
  3. 青色(低温)40-45度:8-10時間

 

実際に使用すると、高温を使うようなシーンは余りないかなと思います。それこそ雪山やマイナスの場合に外で…といった感じでしょうか。真冬にバイクに乗っていても中温で十分温かかったです。部屋で使用する場合は低温でも問題なし。

 

モバイルバッテリーの持ちは、高温で5-6時間ですが、この高温が必要人あるシーンはあまりないと思います。前述のように中温でも十分だと思うので、それだと6-8時間。さらに低温だと8-10時間となります。十分持つので、付属の10000mAhでも問題ないのですが、高温で使用する場合、1日外にいると容量が足りないので、その場合は15000mAhや20000mAhの物を別途購入すると良いと思います。

 

電源ボタンは温度によって色が変わるので視覚的にもわかりやすいです。

521265BB

 

使い方はこれだけで、他にはなにもありません。誰でも非常に簡単に使うことができます。

 

○しっかりと温かかくなる

夏は空調服が流行っていますが、電熱ベストは冬の定番です。仕組みとしては、中に電熱線が通っていて、電気の力でそれを温かくするシンプルな物です。この仕組みは電気毛布、電気膝掛けと全く同じです。そのため、感覚としては電気羽毛歩を着ている感じです。

 

電熱線が通っている場所は、前面だとちょうど胸から下のあたり。胸部分には電熱線は通っていません。

AA61CCBA

 

背面は前面とは違い、上から下まで全てに電熱線が通っています。

684C5006

 

胸部分に電熱線が通っていないのですが、下から上に温かい空気も来るので、防寒性能は全く問題ありません。ただ、胸まで全て電熱線があった方が良い場合は不満点になるかもしれません。

 

個人的な感想としては、真冬にバイクで長時間走っても防寒性能に不満は全くありません。胸だけ寒くなるなんてことも感じませんでした。

 

○無地なので老若男女使える

デザインは完全な無地です。なにかの模様は一切なく、メーカーの小さいロゴすらありません。表面は全体が薄いグレーで内側は黒です。何の変哲もないシンプルなデザインなので、老若男女着られますし、どんなシーンでも活用できます。

 

留め具はボタンです。ファスナーはありません。パチパチと片手で脱着できます。

4D1A1546

 

今回私が注文したのはLサイズです。メジャーで計測したところ、縦約61cm×幅約49cmでした。

9297A05C

 

モバイルバッテリー込みの電熱ベストの重さは511gでした。モバイルバッテリー込みでも十分軽いです。また、モバイルバッテリーの重さは、前述のように218gだったので、電熱ベスト単体の重さは293gと軽量です。

A79E83D2

 

外ポケットの深さは約15cm。浅めですが、成人男性の私の手はスッポリ入りきりました。また、ここにも電熱線が通っているので、寒いときにかじかんだ手をポケットに入れると非常に気持ちが良いです。

CB394301

 

175cm、65kgの私がこの電熱ベストを着た様子です。他のLサイズの衣類に比べると若干小さい感じがしました。インナーとして使用するなら、ピッチリしていてちょうど良いのですが、この電熱ベストの下にもトレーナーなどを着たい場合や、アウターとして使用する場合、普段使用している1サイズ上をお勧めします。

CB6A221C

 

内ポケットの深さは約17cmでした。外ポケットより若干深いです。

6C4B5D21

 

総評

薄手、袖なし、Vネックが特徴の電熱ベストです。個人的にはコートの下に着るインナーとして活用すると良いのではないかと思います。薄手でゴワつきませんし、袖なしなので動きを邪魔しませんし、Vネックなので外からはほぼ見えません。

 

電熱線は表だとお腹、背中だと全体に通っており、しっかりと温かくなり、電気毛布を外できているような感じになります。普段使いとしても良いのですが、特にバイクや自転車の乗る方のお勧めしたいです。

 

また、薄手で動きのに邪魔にもならないので、部屋着としても活用できます。電熱ベストのUSBケーブルは、デスクトップのUSBポートやUSBアダプターにも接続して使用できるので、そうするとバッテリー持ちを気にすることなく使用できます。

 

こんな人にお勧め

  • 薄手、袖なし、Vネックの電熱ベストが欲しい人
  • アウターのコートの下に着る電熱ベストが欲しい人
  • 汎用モバイルバッテリー付属の電熱ベストが欲しい人
  • バイクや自転車の乗る人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品