「スマートフォン BZ-JP-BV4900Pro/Blackview」レビュー2 ~ファーストインプレッション~

今回レビューするのは、Blackviewさんのスマートフォン『BZ-JP-BV4900Pro』です。

 

今回は全3回ほどレビューする2回目となります。2回目の今回は実際に1日ほど触ってみて感じたことをザッと見ていきたいと思います。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

動画

 

スペック

    • 端末名:BV4900 Pro
    • 発売年:2020年11月
    • 発売地域:海外:SIMフリー
    • メーカー:Blackview
    • 備考:AliExpreessにて日本語対応記載あり
    • 対応バンド・周波数・ネットワーク:3G、W-CDMA:1 / 2 / 4 / 5 / 8
    • 4G LTE:FDD LTE:1 / 3 / 7 / 8 / 20、TD-LTE:40
    • 5G NR:非対応
    • Wi-Fi:802.11 a / b / g / n / ac
    • Bluetooth:5.0
    • SIMサイズ・スロット:デュアルスロット(Nano SIM×2)
    • ネットワーク関連備考:2回線同時待ち受け対応
    • ディスプレイ:5.7インチ/液晶/画面占有率75.8%
    • 解像度:1,440×720(HD+)
      画面比率:18:9
    • 画素密度:283ppi
    • サイズ:高さ:157.5mm×横幅:78.1mm×厚さ:13.7mm
    • 重さ:261g
    • 本体色:ブラック系/グリーン系/オレンジ系/イエロー系
    • システム仕様:OS Android 10
    • CPU(SoC):MediaTek Helio P22
    • AnTuTuベンチマーク:総合スコア約100,000点、GPUスコア約6,200点(参考値)
    • メモリ/保存容量:組み合わせ:メモリ4GB+容量64GB
    • ストレージカード:MicroSD対応(最大128GB)※片方のSIMスロットと共用
    • カメラ:メインカメラ、トリプルカメラ:①13MP(メイン、S5K4E2)、②非公表、③非公表
      その他詳細非公表:前面カメラ、ベゼル内蔵式インカメラ、画素数:5MP(メイン)、その他詳細非公表
    • GPS:GPS、GLONASS、BDS、GALILEO
    • センサー:顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
    • 防水/防塵・タフネス等級:IP68、MIL-STD-810G
    • イヤホンジャック:あり(本体上部・キャップ付き)
    • NFC:対応(ただしFeliCa/おサイフケータイ非対応)
    • バッテリー:バッテリー容量:5,580mAh
    • 充電:有線充電:対応(規格非公表)
    • ワイヤレス充電:非対応
    • 逆充電:非公表
    • ポート:Micro USB

 

ファーストインプレッション

最初に感じたことのまとめ
  1. ゴツくて重いが普通に使える
  2. 画面サイズが16:9に近いので使いやすい
  3. 解像度は1440×720だが綺麗
  4. 視野角が広いのでどこからでも見やすい
  5. メモリ4GB+内部ストレージ64GBなので動作が軽い
  6. OSはAndroid 10
  7. 指紋認証なし、顔認証あり
  8. デュアルSIM対応
  9. カメラは普通に使える
  10. GPS精度は良い
  11. Bluetooth接続は問題なし
  12. IPX68の防塵、防水性能は最高レベル

 

ゴツくて重いが普通に使える

このカメラは防塵、防水性能が国際規格最高レベルで耐衝撃性能があるアウトドアに特化した『頑丈なスマホ』です。

 

埃にも強く、水にも強く、落としても壊れないことを売りにしています。そのため、どうしても小型軽量にはなりません。落下しても壊れないよう、全面を硬いゴムで覆っており、どうしても厚みも大きさも重さも、最近の薄くて軽量化されたスマホとは違ってしまいます。薄い物が良い、軽い物が良いとの方には向きません。頑丈で壊れないスマホが良いとの方向けのスマホです。

 

大きさは高さ約16.5cm×幅約8.5cm×厚さ1.38cm。最近のスマホは厚さ1cmを切る物が多いので厚さはやはり持った感じでもわかります。重さも264.0gでこちらも重いですね。

A777816A

 

5.5インチのSHARP AQUOS Sense lite 3と比較すると画像のようになります。このスマホは5.7インチなので少し大きいのは自然です。大きさはさほど気になりませんがやはり厚みは差がありました。

DD817D41

 

画面サイズが16:9に近いので使いやすい

画面サイズは5.7インチで解像度は1440×720。アスペクト比は16:8です。16:9に近いアスペクト比のため、動画を見るにしても漫画を読むにしても見やすいです。

 

大きさ自体は片手で問題なく持てるもので、千円札と丁度同じくらいのサイズ感です。

42024A9D

 

16:9の動画をフルスクリーンで再生している様子です。少しだけ縦長なので左右が少し余ります。しかし、最近流行りの超縦長に比べると余りは少なく自然で見やすいです。

BB0DF062

 

漫画を見ると画像のようになります。左がこの『BV4900Pro』で、右が『AQUOS Sense 3 lite』です。漫画を見るにも16:9に近いので大きく表示されて見やすいです。

955710BD

 

解像度は1440×720だが綺麗

画面解像度はフルハイビジョンの1920×1080ではなく1440×720です。フルハイビジョンより解像度は落ちるものの、スマホの5.7インチ程度なら肉眼で画質の荒さはわからないと思います。少なくとも私は分かりません。

A2C56646

 

文字を表示してもギザギザ感やドットのつぶつぶ感もないので綺麗で見やすいです。

 

視野角が広いのでどこからでも見やすい

IPS液晶なので視野角は仕様上178度となっています。実際に真横や真上から見ても画像のように逆側の色が変わったり暗くなることも全くありませんでした。

2BDF1597

 

メモリ4GB+内部ストレージ64GBなので動作が軽い

アウトドアに特化していることばかりに目がいきがちですが、スペックもしっかりしており、メモリが4GB、内臓ストレージが64GBあります。そのため、アプリを多重起動してももたつくことはありませんでした。スワイプなどの画面遷移でもカクつかなかったので、ストレスなく使用できています。

60746F5C

 

スマホの場合はメモリが特に大事です。現在のスマホで使用するアプリなどの状況を考えると、2GBはかなり厳しいです。実際にメモリ2GBのタブレットを持っていますが、明らかにカク付きやもたつきを感じます。3GBでなんとか…。4GBあればほぼストレスなく使用できるといった感じです。

 

OSはAndroid 10

OSは新しい10なので十分でしょう。なんの問題もありません。ただ、有名メーカーや国内メーカー以外だと、OSのメジャーアップデートに対応していることは少ないです。こちらも11にアップデートしてくれるかは未知数です。

EB4F1A1D

 

スマホを長く使いたい場合、OSはできるだけ新しい方が良いので、それが心配なら前述のようなメーカーを選択すると良いでしょう。

 

指紋認証なし、顔認証あり

認証関連は一般的なスワイプ、PIN、パスワード、そして顔認証でした。指紋認証はありません。個人的には指紋認証があった方が良いんですけどね。顔認証は便利なのですが、マスクをした状態や暗い場所だと通らなかい場合もあります。

E741198F6D14B5DD

 

顔認証の認証速度は早かったです。持ち上げると画面が点灯する機能もあるのですが、持ち上げ、画面点灯、顔認証が1,2秒でできます。

 

暗い場所では顔認証が通らない場合もあると前述しましたが、設定で『顔認証の場合は画面を明るくする』とのものがあるので、これをオンにすると解決する場合が多いです。スマホ画面を明るくし、その反射で顔を照らして顔認証を通るようにします。百発百中ではありませんが、だいぶ認証率は改善します。ただ、部屋を暗くしてベッドで横になってるときなんかだと眩しいです。

 

デュアルSIM対応

カードスロットに入れるSIMサイズはnano SIMです。そのSIMカードは2つ入ります。つまりデュアルSIM対応ですね。ただ、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)ではありません。使用したいSIMカードをその都度選択する必要がありますし、無効にしたSIMへの着信は受けられません。

3A887605E03DC760

 

カードトレイは排他制御になっており、nano SIMを2枚入れたらMicro SDカードは入りません。逆にMicro SDカードを入れたらnano SIMは1枚しか入りません。

 

カメラは普通に使える

カメラは良くも悪くも普通でした。良い画質であるとはいえませんが、悪いともいえないかな…といった感じ。ブログやSNSに縮小して乗せる程度なら全く問題ありませんが、観光などの記念写真などをフルサイズで見ると荒さが目立つかもしれません。

EE83EA78

 

安物カメラのようなザラザラしたノイズはありませんが、ピント合わせがやや弱いかも…。つまり対象物がややボケ気味になることがありました。画像はTVの番組表を撮影したところ。

A716DF82

 

意外と良かったのは拡大。4倍までできるのですが、画像のように4倍でも十分綺麗でした。デジタルズームなので単純拡大となり、画質は荒くなっているはずなのですが十分使えます。

3966C129

 

カメラ機能に関しては格安スマホなので少ないです。撮影画面はこちらになりますが設定は実にシンプル。選べる解像度なども少ないです。

E6AD14A51A4A6834

 

格安スマホなので、細かい設定はせず、撮影ができれば良いとの方向けです。カメラに関しては次回記事でもっと詳しく検証していきたいと思います。

 

GPS精度は良い

GPS精度は他の2万円程度の有名メーカーが出している格安スマホと変わりませんでした。アウトドア用に耐久性を重視したスマホなので、コストはそちらに掛かっているはずです。同じ2万円スマホでも、BV4900Proの方がスマホ本体の機能に使えるコストは少ないはず。しかし、機能面でもGPSの精度面でも他と見劣りしませんでした。こちらも次回記事でもう少し詳しく検証します。

 

Bluetooth接続は問題なし

Bluetoothは最新の5.0対応です。Bluetoothはバージョンが新しければ新しいほど、省電力性能が上がり、遅延も少なくなるので新しいに越したことはありません。きちんと5.0対応のイヤホンやスピーカーと5.0で繋がりました。また、いくつか使用しましたがブツブツ音が途切れたりすることもなくスムーズに使えています。

 

IPX68の防塵、防水性能は最高レベル

防塵、防水性能は国際規格で定められている物の中で最高レベルです。防塵性能の最高レベルが6で、防水性能の最高レベルが8です。このスマホはそのどちらも最高レベルなのでIP68となっています。

 

画像からもわかるように、カードスロットに強固なゴムカバーが付いています。硬めのゴムでみっちりと密閉され、水や埃が入らないようになっています。

75778D6D

 

下にはUSB Micro Bポートがあるのですが、こちらも同じようにゴムカバーで密閉されています。このゴムカバーは指を入れる凹みがあるので、そこに爪を引っ掛けると簡単に開けることができます。爪が短い状態でも開けることができました。どうしても開けづらいときはリリースピンなどでほじくってください。

499D18D2

 

上にはヘッドホンジャックがありますが、こちらもみっちりカバーされています。

13B2AB69

 

このように全ての穴を強固なゴムカバーで塞いでいます。ただ、逆に言えばここをきちんと閉めなければ水や埃が入ってしまうということです。使用する際はこのカバーがきちんとされているかどうか確認してください。

 

総評

防塵、防水、耐衝撃性の全てを兼ね備えたユニークなスマホです。その強固さは各ポートやスロットのゴムカバーでも分かります。性能面でも同価格帯のスマホに劣らないどころか、メモリ4GB+内部ストレージ64GBなので勝っているくらいです。アウトドアにだけ特化し、その他の性能を犠牲にしているわけではありません。

 

コストカットが見て取れる部分は以下になります。

 

  1. USBポートがUSB Micro B
  2. 画面解像度が1440×720
  3. カメラ画質が若干劣る

 

逆にいえば、これが許容できるなら頑丈なスマホなので、山登りやアウトドアに気兼ねなく使えるのでお勧めです。

 

今回は少し使ってみての感想を書きましたが、次回はもっと使い込んで詳しい実験などの結果を書きたいと思います。

 

第1回と第2回の記事

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品