「スマートフォン Zenfone Max Pro M1 ZB602KL-SL32S3/A/ASUS」レビュー その3 ~2週間使ってみて~

今回レビューするのは、ASUSさんのスマートフォン『Zenfone Max Pro M1 ZB602KL-SL32S3/A』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

長所と短所

  • ○画面が綺麗
  • ◎普通に漫画が読める
  • ◎タッチ精度、感度がスムーズ
  • ○GPS精度はやはり正確
  • ◎バッテリーが物凄く持つ
  • △指紋認証はスムーズ、顔認証はほぼ出来ない
  • ○今回購入したアクセサリ

 

スペック

  • CPU:alcomm Snapdragon 636 (オクタコアCPU/1.8GHz)
  • OS:Android 8.1 (ピュアAndroid)
  • ディスプレイ:6型ワイド LEDバックライト HD+ (2,160×1,080ドット) IPS液晶
  • メモリ:RAM 3GB / ROM 32GB + microSDメモリカードリーダー(SDXC、SDHC対応)
  • アウトカメラ:1,600万画素(メインカメラ) / 500万画素 深度測定用 (2ndカメラ)

 

使用した感想

○画面が綺麗

2週間使用して思ったのはやはり画面が綺麗と言うこと。最近の格安スマホは、コストカットのために画面解像度を1280×720など、フルハイビジョン以下にしている物も少なくありません。しかし、このスマホは2160×1080でフルハイビジョン以上の解像度です。発色も良く、動画を観ても気持ちよく使えています。

991D032F

 

照度センサーもあるので、周囲の明るさに応じて自動的に画面の明るさを調整してくれます。昼間に外で使用しても見やすいですし、部屋の中で寝る前に電子書籍を読むために電気を消し、暗い中で使用すると自動的に照度を抑えてくれます。

1B05199F

 

◎普通に漫画が読める

意外だったのは漫画の電子書籍が問題なく読めたこと。以前5.5インチのスマホで読んだときは字が小さくて読みづらかったのですが、今回の6インチスマホだと普通に読めました。

 

このスマホもそうですが、最近のスマホは18:9の縦長が流行なので、幅自体はそんなに変わっていないはずなのですが、画面解像度が高いからか小さい文字もきちんと読めました。ただ、縦長なので上下が余ってしまい黒帯が出てしまいます。このあたり縦長は勿体ないんですよね。左がこの18:9の縦長スマホで表示した状態。右が16:9の7インチのタブレットで表示した状態です。

6AA51EB6CBFD6723

 

ちなみに、スマホ自体のサイズ感はどうかというと、7インチタブレットと比較すると画像のような感じです。明るさは設定で左の7インチの方は暗いですが、右の6インチスマホでもフルサイズの漫画が十分に読めるんです。

3C03A12A

 

重ねてみるとこんな感じです。6インチと言っても縦長なので、16:9のタブレットと比較すると小さく感じますが、寝ながら見るような場合、目との距離が近いので漫画を読むのに苦痛を感じることはありませんでした。ただ、座って読む場合、スマホとの目の距離は離れるので少し厳しい感じ。座って読む場合も目から30cmくらいに近付けると問題ありません。

8BC91363

 

◎タッチ精度、感度がスムーズ

タッチ精度や感度は全く問題なくヌルヌルでした。以前使用していた同メーカーのZenfone 4 MAXよりも明らかにタッチ精度も感度もスワイプもヌルヌルです。RAMが3GBだったので、少しスペック的に大丈夫かなと不安だったのですが全く問題ありませんでした。

 

出来ればRAMは4GB欲しかったところですが、ゲームをしないのであれば全く問題ないと思います。複数アプリを立ち上げても重くなるようなことはありませんでした。ただ、以前の記事でも書いたように、タスクキルの動作に関しては少し不満がありますが…。

 

これも2週間使っていて一応慣れました。タスクキル画面になったらスワイプで上にビッとスクロールさせると一気に1番上まで行きます。すると『すべて消去』が出てきます。一手間は一手間なんですけどね。

 

○GPS精度はやはり正確

メインのスマホとしてこの2週間使用しました。移動中は出来るだけGoogleマップの指示に従うようにしましたが、やはりGPS精度は問題ありませんでした。車でも自転車でも徒歩でも正確に案内してくれます。手前過ぎるところで曲がれとも言われませんし、十字路を過ぎてから曲がれと言われることも1度もありませんでした。

 

2年くらい前の格安スマホだと、GPS精度が悪い物も散見されました。無名メーカーだと分かりませんが、ASUSさんレベルの最近の物だと、2万円前後のスマホでも問題ないようです。安心してこのスマホのナビに従って移動出来ています。

 

◎バッテリーが物凄く持つ

動画の再生や電子書籍としてのバッテリー持ち実験は以前の記事でも書きましたが、日常使いとして2週間たち、そのバッテリーの優秀さには目を見張るものがあります。

 

少し前までは5000mAhなんてバッテリー容量はタブレットでしかあり得ませんでした。それが今やスマホにこれだけの容量が搭載されているわけです。スマホは頻繁に使用する物なので、バッテリー持ちが良いことはメリットしかありません。

 

△指紋認証はスムーズ、顔認証はほぼ出来ない

指紋認証は触れてから1秒も掛からずにパッと画面が点灯します。しかし、顔認証はほぼ成功しませんでした。私の設定が悪いのでしょうか。いくら画面を見つめても角度を変えても認証することはまずなかったです。

FD1134B9

 

○今回購入したアクセサリ

今回購入したアクセサリーを紹介していきたいと思います。私はグレアパネル(光沢のある液晶画面)が苦手なので、毎回ノングレアの液晶保護フィルムを使用しています。また、いつまでも綺麗に使用したいので、しっかりした手帳型ケースも使用。Qi充電物早ない生活はあり得ないのでQiレシーバー。今回もこの3つをアクセサリーとして購入しました。

 

ASUSさんのスマホは人気機種なので、このようなアクセサリーが豊富にあるのも魅力です。不人気スマホだと、このようなアクセサリーが乏しく、選択の幅狭くなってしまいます。スマホやタブレットで人気機種を購入することはこのようなメリットもあります。

 

液晶保護フィルム

今回購入した液晶保護フィルムは、ASDECさんの物です。液晶保護フィルムはメーカーによって当たり外れが大きいです。特に指紋の付き方に関しては差が激しく、個人的にはAmazonでも人気のあるPDA工房さんの物は外れでした。指紋がベタベタ付いてしまう傾向があります。一方、指紋が付きづらいのはこのASDECさんの物かミヤビックスさんの物です。

C07ABDD6

 

この液晶保護フィルムはしっかり反射を防ぎ、ノングレアにしてくれますし指紋は付きづらいですし指の滑りも良いです。ただ、最初は指紋が結構付きました。外れかなと思ったのですが、馴染んだら指紋がほぼ付かなくなりました。

AC4D7283

 

手帳型ケース

手帳型ケースはしっかりと厚みがあり、落ち着いたブラウンの物を購入。Shop B.M.Kさんの『手帳型ケース』です。

DDCB5A3F

 

背面の指紋認証パネルやカメラ、上面や下面の各端子類の穴もピッタリ合致。工作精度も問題ありませんでした。厚みもあり、筐体全面を覆うので落下にも強いです。

18D0C86E

 

カード入れや隠しポケットもあり。ストラップホールもあります。小学生みたいですが、私はここに万が一お金を忘れたときのために千円だけ入れています。

C37C69C5

 

しっかりした厚みと前面カバーなので衝撃に強く、落としてもまず傷付かないのですが、しっかりしているだけに電源キーとボリュームキーが埋もれてしまい、押すのが少し面倒になります。しっかり力を入れて指で押し込まないとキーに届きません。まだ1つだけ押すのなら問題もないのですが、スクリーンショットを撮る際に電源キー+ボリュームキーを同時に押すのですが、この2つ同時押しがかなり押しづらいです。

9C7DB878

 

逆に背面の指紋認証パネル部分は埋もれているのですが大きく穴が開いているため、指を入れやすく問題ありませんでした。

EB2C8CC0
created by Rinker
Shop B.M.K
¥1,870 (2020/01/17 14:21:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

Qi充電レシーバー

Qiの無接点充電は1度使うともう離れられないので今回もQiレシーバーを購入。いくつも購入していますが、私の経験上NILLKINさんの物が鉄板です。厚い手帳型ケースに覆われても問題なく充電されています。

599050FF

 

注意点としては自分のスマホの端子はMicro BなのかType-Cなのか、Micro Bの場合向きはどうなっているのかをきちんと見て選ぶことです。このスマホはMicro Bなので、向きだけ注意して購入しました。

76A75E50

 

スマホの背面にこのQiレシーバーが来るように設置します。

89546FCA

 

あとはケースに一緒に装着して完了。

04B712EA

 

結構分厚い手帳型ケースに入れたのですが、きちんと充電されていることが青いLEDライトでわかります。

BD67369E

 

ちなみに、使用しているQi充電器はAnkerさんの物です。この充電器とレシーバーの組み合わせで、分厚い手帳型ケースでもしっかりと充電されています。ただ、基本的にQi充電は急速充電に対応していないので注意してください。

 

総評

今回、2週間使用して使用感のまとめと、購入したアクセサリを描きましたが、2万円前後でこのクオリティなら大満足です。ゲームをしないならこのような格安スマホで十分だと思います。

 

それでも格安スマホに不安なら、世界的メーカーであり定評があるASUSさんの物を購入すれば間違いはありません。HUAWEIさんがAndroid OSを使えなくなって陥落した今、格安スマホの鉄板はASUSさんで間違いはありません。

 

こんな人にお勧め

  • 格安スマホの鉄板が欲しい人
  • バッテリー持ちが良いスマホが欲しい人
  • フルハイビジョン以上の高精細画面の格安スマホが欲しい人
  • 漫画も問題なく読める大型スマホが欲しい人
  • 2万円前後で購入出来る格安スマホが欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

created by Rinker
Shop B.M.K
¥1,870 (2020/01/17 14:21:55時点 Amazon調べ-詳細)

 

この記事の商品