納豆食べ比べ「Big-A 小粒納豆/Big-APB」レビュー

評価

★★★☆☆
  • 豆の食感がしっかりある
  • 濃厚な方
臭い ★★★☆☆
  • 一般的な臭いの納豆
  • やや臭いが強いか
たれ ★★★☆☆
  • たれ、からし付き
  • 一般的な白だし系
  • 薄味
  • タカノフーズのたれ

big-a kotsubunattou_007

粘り ★★★★☆
  • 十分な粘り気
  • 箸に引っ掛かるくらい力強い粘り気

big-a kotsubunattou_009

価格 ★★★★★
  • 1パック3個入り57円(Big-A)
  • 1個あたり19円
  • 1個45g
総評 ★★★★☆
  • Big-Aプライベートブランド
  • タカノフーズOEM
  • 1パック60円を切る低価格

(※投稿日時点の情報です)

 

big-a kotsubunattou_002big-a kotsubunattou_003

 

しっかりとした豆の食感があります。食べ比べると分かるのですが、基本的にミツカンの納豆は豆が柔らかく、噛むと溶けるような納豆です。一方タカノフーズの納豆は、豆の食感がしっかりと残っています。スパゲッティで例えるなら、タカノフーズはアルデンテ(芯が残っている、堅め)で、ミツカンは芯を残さず煮きって柔らかいって感じです。

 

この納豆もタカノフーズの納豆の特徴通り豆の食感がしっかりとあり、豆自体は濃厚な方だと思います。

 

臭い

臭いは一般的な納豆ですが、やや臭いが強いかもしれません。ただこれを理由に敬遠するほどではありません。

 

タカノフーズの納豆はある程度臭いがある納豆が多く、食べる時はそれほど気にならないのですが、納豆で使った食器を一晩放置しておくと、かなりの臭いが発生します。一方のミツカンは、一晩放置しても余り臭いがしません。この辺も納豆界両雄の特徴でもあります。

 

たれ

big-a kotsubunattou_008

 

たれは一般的な白だし系のたれです。薄味な方だと思います。

 

袋にはおかめ納豆の製造元であるタカノフーズの文字があります。タカノフーズの生産ラインを借りたOEMでしょう。

 

粘り

big-a kotsubunattou_004big-a kotsubunattou_009

 

箸に糸が絡まるくらいしっかり粘りが出ます。この粘り気の強さもタカノフーズの特徴です。

 

価格

1パック3個入りで57円の低価格です。更に容量も45gと、この形態の納豆としては平均的です。1個19円ですから物凄くお安いですね。

 

総評

パッケージにおかめ納豆とBig-Aの文字が両方書いてあり混乱しますが、おそらくタカノフーズの生産ラインを借りたBig-Aのプライベートブランドだと思います。成分表の欄に書いてある販売者もビッグ・エーとなっています。

 

安心のタカノフーズOEM。この形態の納豆では最も安い部類の57円。それでいて容量は一般的な45g。粘り気も十分。しっかりした味もある。たれ、からし付き。これらを総合的に考えるとお勧めの納豆のひとつです。ただこれが売っているのはBig-Aだけです。Big-Aは決して全国展開しているチェーン店ではないので、買えない地域が結構ありますね。それがネックですが、この価格帯の納豆なら断トツでお勧め出来ます。

 

ちなみにこの納豆には「小粒」と書いてあるので、極小粒ではありません。豆の大きさも見た感じ、小粒と極小粒が混ざった感じで、若干豆の大きさにばらつきがあるように見えます。このような点から考えると、タカノフーズで選別漏れした豆を使っているので安くなっているのかも知れません。豆の大きさに多少ばらつきがあるとは言え、勿論味や食感に問題はありません。

 

こんな人にお勧め

  • Big-Aで買い物が出来る人
  • 安い納豆が良い人
  • タカノフーズの納豆が好きな人

 

内部リンク

 

関連商品