「伊集院光 深夜の馬鹿力/第0160回/1998年11月02日/クロストークに何をやろうか」放送内容

トピックス

  • クロストークに何をやろうかの話
  • 学園祭の思い出の話

 

放送内容

番組ストローク

1998年10月5日(第156回)から開始された、深夜1時まで放送されていた「DB」のDJである市川展丈と次の時間帯の(当時)UP’Sのパーソナリティたちによる1分ほどの繋ぎの対話コーナー。

 

  • 【トーク】1分前まで50人がスタジオにいた
  • 【テープ】50人のエキストラでいいともの寸劇
  • 【トーク】クロストークに何をやろうか
  • 【FAXテーマ】金があったらやりたいジョイントトーク

 

フリートーク
  • 【トーク】学園祭の思い出
  • 【トーク】ネオアトラスが面白い
  • 【トーク】漫画を100冊読んだ
  • 【トーク】足りない漫画を求めて
  • 【トーク】金があったらやりたいジョイントトーク

 

 

帰ってきたあそび

お金をかけずに脳内の想像・妄想だけで楽しめる遊びを送ってもらうコーナー。

 

 

 

おしゃれ大戦

オシャレさん達により居場所を失いつつあるブサイクさんを自認するリスナーによる、オシャレな物から浴びせられる罵倒(被害妄想による幻聴)に対し宣戦布告。オシャレな物をブサイクに貶めることを宣言する、やや自虐+電波系なコーナー。

 

フリートーク
  • 【トーク】金があったらやりたいジョイントトーク

 

自ギャグの詩(うた)

リスナーが過去に経験したトラウマ的な思い出(親の財布からカネを盗んだ経験など)を募集し、その思い出を自分の持ちネタとして昇華する自虐系コーナーの元祖。

 

  • 【トーク】頭血(ずぢ)体験

 

ど忘れ日本語博

士自称「語学博士」の伊集院が、リスナーがど忘れした言葉を即座に解説するという建前で、「おとり太郎」「予知ゲロ」「学級汁」などの珍奇な造語の意味を即興で考えて解説する珍文系コーナー。

 

フリートーク
  • 【トーク】誕生日は沖縄で過ごす

 

感想

今週は番組ストロークのジョイントをどうしようかと悩んでいました。また、この時は三連休だったのですが、この三連休中にやることが無いので、率先しては読まない第2グループの漫画を100冊読んだそうでその話もしていました。

 

自ギャグの詩コーナーは、頭血(ずぢ)特集でした。

 

内部リンク

 

関連商品