「USB充電器 PD6008/CHOETECH」レビュー ~最大100W出力出来るPDの凄さ~

今回レビューするのは、CHOETECHさんのUSB充電器『PD6008』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • 【業界最先端100W PD急速充電セット】業界最高クラス100Wの高出力を実現。Type-C端子を搭載したPower Delivery規格対応のスマホ、タブレット、switch、ノートPCへ急速充電が可能。また、E-Marker内蔵のUSB Cケーブルを付き、PD 100W/5A対応規格のケーブルで、ノートパソコンまでほとんどのPD USB-C設備を対応が可能。Apple社製のMacBook Air 2020への充電にもわずか1.7時間でフル充電可能(自社テスト済み)。※100W出力のため、付属のケーブルあるいはE-Marker内蔵の5Aケーブルをご利用してください。
  • 【2台同時に急速充電⚡】type-c pd ポートを2口搭載しているPower Delivery3.0対応充電器です。出力を最適化するスマートICチップ内蔵の為、1口利用時は最大100W、2口同時利用時は各45Wのフルスピード充電が可能。MacBook、Huawei Matebook、Mi Notebook Air、iPad Pro、iPhone、Galaxy等、お手元のUSB-C機器を効率的に急速充電できます。※全てのUSB-C機器対応している訳ではないです、購入の前にPower Delivery対応のデバイスと確認してくださいませ。
  • 【低発熱性新素材 GaN (窒化ガリウム)採用〜安心防護機能】人工衛星等産業用機械に用いられている半導体素材「GaN」に加え、米Pi社のチップセットを採用、従来のシリコン半導体に比べて電力損失と発熱量が小さくなり、小型化・高効率化を実現。また弊社独自の多重保護システムにより過充電、過放電、過熱またはショートを避け、安心してお使いいただけます。
  • 【小型軽量〜利便性・使いやすさを追求】小型軽量(Macbook付属97wの純正充電器に比べ約30%小さく、みかん一個分ほどの重さ(約197g))で携帯に便利。収納しやすい折畳式プラグ採用、収納した際に服や鞄などの傷を防止する為に製品の角を丸くしています。LEDランプ付きで電源が入っているかどうかも一目で把握。自宅・オフィスでの使用はもちろん、世界各国の電圧(AC 100-240V)にも対応しているので海外旅行などに最適!(※変換プラグは付属しません)
  • 【PSE、TUV認証済み】PSE、TU、VCE、FCCおよびRoHSなど、世界安全基準の認証を取得しています。

 

長所と短所

  • ○PDの急速充電が可能
  • ○プラグが折りたたみ式なので収納に便利
  • ○同時に2ポートで45W充電が可能
  • ○小型で隣のコンセントに干渉しづらい
  • ○1.8mのUSB Type-Cケーブルが付属

 

外観

パッケージ外観
8C63A0C3

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

CFA7A07F

 

USB充電器。

A6586FB8

 

USB Type-Cケーブル。

33721B63

 

説明書。英語文章の下に日本語が書いてあります。

8E00A093

 

スペック

  • 充電器重量:約194g
  • 充電器サイズ:68 x 66 x 32mm
  • ケーブルの長さ:1.8m
  • 1ポートを利用すると最大100W出力
  • 2ポート同時に充電すると最大それぞれ45W
  • ノートPC+ノートPC同時急速充電が可能
  • スマホ、タブレット、 switchなど2台同時に急速充電が可能

 

使用した感想

○PDの急速充電が可能

PDとは100W/5A対応規格の名称です。簡単に言うと最新の急速充電器(規格)です。ただ、接続先の機器もPDに対応していなければなりません。

 

 USB Power Delivery(以下、USB PD)は、USB Type-Cの電力機能を拡大し、最大100W(20V/5A)の供給を可能にするオプション仕様である。メーカーはUSB PDを採用することで、複数機種のACアダプターを同一のものとすることが可能であり製品管理上のメリットがある。

 

要はUSB充電の最新の急速充電機器ですが、前述のように一般の家庭用コンセントと同じような出力が得られ、電圧も複数対応しているため、ケーブルの途中にあるアダプターだったり、電源コンセントに差し込むあの大きなアダプターが必要なくなります。

 

具体的にこの充電器の出力は下記のようになります。

 

  • DC 5V-3A, 9V-3A,12V-3A,15V-3A,20V-5A(100W Max)

 

PD対応機器の充電速度を見てみると、下記のようになっており、普通のUSB充電と比べるて圧倒的に速く充電できます。

 

  • MacBook Air 2019 :約1.7時間
  • MacBook Pro:約1.8時間
  • MacBook Pro 16”:約1.9時間
  • iPhone 12 Pro:30分で約50%まで充電
  • Galaxy S20:30分で約50%まで充電

 

PD非対応機器にはその機器に合った出力数で充電(下位互換)されます。

108E9C6B

 

○プラグが折りたたみ式なので収納に便利

電源コンセントに差し込むプラグは折りたたみ式です。必要なときだけ引き出せばOK。使わないときは収納しておけるので、真四角の状態でなにも飛び出す物がなくなります。

6E7F069C

 

○同時に2ポートで45W充電が可能

ポート数は2つあり、片方だけの充電も可能ですし、2つ同時の充電も可能です。電源コンセントに入れて充電が出来る状態になると、画像のようにうっすらと青いLEDが点灯するので、稼働状況が分かりやすくなっています。

35ABFEE4

 

このUSB充電器にあるUSBポートは一般的なUSB Type-AではなくUSB Type-Cです。このケーブルは1本付属しています。また、2ポート同時に充電すると、片方45Wの充電になります。

 

  • ポード1:DC 5V-3A, 9V-3A,12V-3A,15V-3A,20V-2.25A(45W Max)
  • ポード2:DC 5V-3A, 9V-3A,12V-3A,15V-3A,20V-2.25A(45W Max)

 

1ポートのみの充電だと、前述のように100W出るので、2本同時充電だと出力が落ちてしまいます。ただ、それでも45W出るのがPDの凄いところ。下記を見ていただければ、いかにPDが充電に特化した規格であるかわかると思います。

 

  • 【USB 2.0】2.5W
  • 【USB 3.0】4.5W
  • 【USB 3.0 Battery Charging】7.5W
  • 【USB 3.0 Quick Charge1.0】10W
  • 【USB 3.0 Quick Charge2.0】18W
  • 【USB 3.0 PD】100W
  • 【USB 3.0 PD(2ポート同時充電の場合)】45W

 

○小型で隣のコンセントに干渉しづらい

ぱっと見だと結構大きそうに見えますが意外とコンパクトです。片手で握れる程度ですし、千円札と比較しても随分小さいことが分かると思います。

143877EB

 

計測すると幅6.77cm×高さ6.59cm×厚さ3.21cmでした。また、重さは206.5gと軽量。約6.5cm四方の四角に厚さ約3cmですね。

9DAEE1FB

 

この手のUSB充電器やアダプターの場合、隣のコンセントに干渉する物も多いのですが、こちらは電源タップに差し込むと、画像のように横向きに設置されるため隣のコンセントは塞がれませんでした。

9BDF8E45

 

壁に直付けのコンセントの場合は干渉する場合がありますが、そのようなときは10cm程度の短い延長ケーブルを使用すると良いでしょう。

B09718EF

 

短い延長ケーブルは、このように隣のコンセントを塞いでしまうようなアダプターに使用すると物凄く便利なので、いくつか家に置いておくと重宝します。

 

○1.8mのUSB Type-Cケーブルが付属

USB Type-C⇔USB Type-Cのケーブルは1本付属しています。長さは1.8mもあるので便利です。

028EFF5B

 

ケーブル長があるので、余裕を持って端末を充電することが出来ました。

6F7ED156

 

このUSB充電器のUSBポートは2つあるので、贅沢を言えばケーブルは2本欲しかったところ。もう1本揃えたい場合、Amazonなどで簡単に購入することが出来ます。最初から2ポート使用することが分かっているのであれば同時に購入すると良いでしょう。

 

総評

ノートPCやタブレット、スマホなど、PD対応機器を持っているのであれば、PD充電器を使わない手はありません。一般的に言われている急速充電よりも2,3倍は速く充電が終わります。

 

こんな人にお勧め

  • 充電を早く終わらせたい人
  • PD対応端末を持っている人
  • コンパクトなUSB PD充電器が欲しい人

 

関連リンク

 

この記事と関係のある商品

 

この記事の商品