「伊集院光 深夜の馬鹿力/1998年09月14日/第0153回/エスケープシンドロームにかかった」放送内容

トピックス

  • エスケープシンドロームにかかった話
  • アイドルにときめかない話
  • MMRの話

 

 

放送内容

フリートーク
  • 【トーク】みんな病気ってる?
  • 【トーク】エスケープシンドロームにかかった
  • 【トーク】日曜大将軍の会議をエスケープ
  • 【トーク】高2の時は春休みと夏休みが直結した
  • 【FAXテーマ】エスケープシンドロームの治し方
  • 【トーク】ファミ通の締め切り
  • 【トーク】アイドルにときめかない
  • 【トーク】MMRはギャグ漫画の中で一番面白い
  • 【トーク】木林さんは青びょうたん
  • 【トーク】エスケープシンドロームの治し方

 

おしゃれ大戦

オシャレさん達により居場所を失いつつあるブサイクさんを自認するリスナーによる、オシャレな物から浴びせられる罵倒(被害妄想による幻聴)に対し宣戦布告。オシャレな物をブサイクに貶めることを宣言する、やや自虐+電波系なコーナー。

 

フリートーク
  • 【トーク】エスケープシンドロームの治し方

 

帰ってきたあそび

お金をかけずに脳内の想像・妄想だけで楽しめる遊びを送ってもらうコーナー。

 

自ギャグの詩(うた)

リスナーが過去に経験したトラウマ的な思い出(親の財布からカネを盗んだ経験など)を募集し、その思い出を自分の持ちネタとして昇華する自虐系コーナーの元祖。

 

  • 【トーク】母にあげたプレゼントを姉が持っていて切れた伊集院

 

フリートーク
  • 【トーク】MMRの木林さん

 

ど忘れ日本語博

士自称「語学博士」の伊集院が、リスナーがど忘れした言葉を即座に解説するという建前で、「おとり太郎」「予知ゲロ」「学級汁」などの珍奇な造語の意味を即興で考えて解説する珍文系コーナー。

 

感想

今週は伊集院さんが高校の頃から良くかかる、エスケープシンドロームについての話をしていました。要は逃避癖、登校拒否なのですが、この心理を伊集院さんならではの描写や表現で的確に喋るので、「あるある」と共感したり笑ったりしてしまいます。

 

「行かなければならないのに直前になって面倒くさくなる」、「理由はないのに突然行きたくなくなる」などは非常に共感出来ます。私もこの病気にかかることがあります。

 

内部リンク

 

関連商品