「‎加湿器 JA00002/ALACRIS」レビュー ~4リットルの大容量加湿器~

今回レビューするのは、ALACRISさんの加湿器『JA00002』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

特徴

  • 【280ml/h 超大加湿量】最大加湿量は280ml/hに達し、14畳の広い部屋でもムラなく隅々まで加湿することができます。 さらに、2つのスプレーヘッドでミスト噴射口を360°自由に回転させることができ、部屋にたっぷりと潤いながら、体に最適な相対湿度を保ちことができます。
  • 【4L大容量&30時間運転】4Lの大容量なので、最大30時間以上連続稼働でき、一度の給水で長時間使用で,夜ぐっすり眠るようにできます。暖房や冷房よりの乾燥を抑え、肌に潤いを与え、お肌や健康の大敵、空気の乾燥から身を守ります。
  • 【<35dBの超静音】超音波クールスチーム技術により、動作音35dbより小さく抑えられています。静かで息を吸うだけで、人の睡眠、生活や仕事に妨げることがありません。赤ちゃんやペットも素敵な睡眠を楽しむことができます。
  • 【使用便利・ホワイト加湿器】タンクに水を入れた後、加湿器をカウンターの上や地面に平らに置き、プラグを差し込むと、赤いランプが点灯し、接続に成功したことを示します。 ノブを時計回りにひねると、“DI”音が聞こえ、緑色のランプが点灯したら、加湿器が曇り始めます。無段階に調整できるノブで、用途に合わせてフォグ音量を調整できます。
  • 【おしゃれ加湿機・生活必需】生活のさまざまなシーンで活用できる。オフィス、キッチン、リビング、寝室など、加湿器として、また脱臭機としてお使いいただけます。高性能エンジンを採用し、圧倒的な省エネ性能を実現しています。環境にも家計にも優しく、エコで快適な暮らしを応援します。

 

長所と短所

  • ○4Lの大容量、最大280ml/hの加湿量
  • ○最大30時間の連続動作
  • ○35dB以下の超静音性
  • ○使い勝手の良さ
  • ○購入日から1年間の保証

 

外観

パッケージ外観
ECC60F95

 

セット内容

パッケージ内容は画像の物で全てになります。

1068F503

 

4リットルの大容量水タンクを備えた加湿器。

E5130B06

 

説明書。日本語ページあり。

CF14F946

 

動画

 

使用した感想

○4Lの大容量、最大280ml/hの加湿量

この加湿器は水タンクが4リットルの大容量です。しかし、構造がシンプルなので余計な機械部分は少なく、小型で軽量に収まっています。500mlのペットボトルと比較しても小さいことが分かります。また、重さは水が入っていない状態で1114gで、1kgをちょっと超えるくらいです。小型軽量なので持ち運びも楽にできます。

2D5D65B1

 

大きさは高さ約26cm×上の奥行き、幅約17cm×底の奥行き約20cm、底の幅約17cm。安定性のためか底の方が少し大きくなっています。

37DEBA34

 

加湿量は最大で280ml/hです。つまり、1時間に280mlの水をミストにして噴出できますとの性能で、これだけの加湿量なら乾燥した部屋もあっと言う間に加湿できます。

2A465644

 

ミストは画像でも分かるように、白い物がしっかり見えるくらいしっかりと出ます。

 

○最大30時間の連続動作

最大加湿量は280m/hですが、下部前面にある『ツマミ』を左右に回すことにより、加湿容量を細かく調整できるので、この加湿量を最弱にすると、水タンクを満タンにして時間は最大で30時間連続稼働します。

65E5FAE7

 

前述もしたように、最大で280ml/hで協力に加湿することもできれば、加湿量を少なくして長時間運転させることもどちらも調整次第で可能です。ちなみに、280ml/lの最大加湿で運転すると、4000ml÷280ml=14.29となり、約14時間の運転時間になります。

 

○35dB以下の超静音性

運転しているときの動作音を実際に計測してみました。運転していないときの部屋の騒音値は44db前後でした。そして、実際に運転を最弱で開始したところ、ほぼ変わらず。ツマミを最大に回して最大加湿量を最大にしてもほぼ変わらず。運転時の動作音は非常に静かです。普通の部屋で使った場合、実質無音と言って差し支えありません。

EEAB86A4

 

40db程度だとどれくらいの基準かというと、『静かな住住宅地・深夜の市内・図書館』となっております。TVを見るときの邪魔になんてもちろんなりませんし、寝室で全ての家電を消して寝るときでも全く音は気になりませんでした。

 

私の部屋はPCを近くで動かしているので、なにもしていないときでも44dbくらい出ていましたが、実際には商品の紹介を見ると動作音は35db以下だそうです。

 

○使い勝手の良さ

使い勝手は非常にシンプルで使いやすいです。電源スイッチは下部前面にあり、ツマミになっています。左に回すと電源オフ、加湿量が弱くなっていきます。右に回すと電源オン、加湿量が強くなっていきます。

55BD921B

 

ツマミのアナログ式なので、どれくらいの加湿量にするかは細かく調整することができます。

 

上のミスト吹き出し口は360度くるくる回ります。吹き出し口を好みの方向に向けられるので、壁際に置いてもどこに置いても最適な加湿状態が保てます。これができないと、壁に向かってミストが出てしまい、カビの原因になったりします。

B81FAE5A

 

ミストの噴出方式は超音波式です。超音波を水に当て、その振動でミストを発生させます。ミストは冷たいままなのでやけどの心配はありません。子供やペットのいる家庭だと、超音波式の方が安心だと思います。

808B49E8

 

分解すると本体、水タンク、フタの3つになります。この水タンク部分のみを洗面所やお風呂へ持っていき水を入れることができるので楽ちんです。また、開口部が広く空いているので、水を一気に入れることもでできますし、洗う際にも手をガッと全部入れることができます。

7227F52A

 

電源コードの長さは約170cmでした。これだけの長さがあれば十分でしょう。

09B470C6

 

以上の操作性や構造など、総じて使い勝手の良い加湿器となっています。操作はシンプルなのでえ老若男女誰でも説明書を見ずに使うことができます。

 

○購入日から1年間の保証

明確な保証書自体はありませんでしたが、説明書に購入日から1年間は保証アリとハッキリ記載がありました。

DC682DB1

 

ここにも書いてあるように、保証を受けるには購入日がわかることが必要らしいので、Amazon等で購入した場合、領収書を印刷しておくと良いと思います。

 

総評

小型軽量ながら4リットルの水タンクを備えた加湿器です。水タンクのみが分離するので、4リットルの水を入れるのもあっと言う間です。また、操作はユニークなアナログのツマミなので、加湿量を細かく調整することができます。

 

こんな人にお勧め

  • 小型軽量の加湿器が欲しい人
  • 4リットルの水タンクのある加湿器が欲しい人
  • アナログツマミで細かく加湿量を調整できる加湿器が欲しい人

 

関連リンク

 

この記事の商品