2016年の今年に欲しい物2「スマートフォン」

はじめに

現在、私はスマホではサムスンのGALAXY Note 2を使っているのですが、これが出たのが2012年10月くらいだったと記憶しています。それから少しした2012年12月頃に私は購入したので、もう3年近く使っています。このスマホは大変素晴らしい機種で、不具合も全くと言って良いほどなく、エラーでフリーズしたり、再起動するなんてことも皆無で、なおかつ5.5インチのファブレットは読書に最適でした。

 

 

しかし、日進月歩のスマホの世界で3年は長く、今ではSIMフリー端末も多く出て選択肢が広がっているので、そろそろ新しいスマホを購入したいと思っています。

 

SIMフリースマホ

次に買うのはSIMフリースマホに決めています。どうせキャリアとは契約せず、MVNOで運用するので、SIMフリー端末が数多く出て、選択肢が増えた今、わざわざキャリアの高いスマホを買う意味はありません。おサイフケータイが欲しいとか、スマホでテレビが見られなきゃいやだとか、スマホスマホ以上の要求をしなければ、今はSIMフリー端末の性能で十分だと思います。

 

私がGALAXY Note 2を買った頃は、ほとんどSIMフリー端末がなく、いわゆる白ROM(キャリア携帯の登録されていない新品や中古)を購入するしかありませんでした。たった3年やそこらで状況は変わるもんですね。

 

何を買うのか大まかに二つ

どのSIMフリー端末を買うのか、本当に今はSIMフリー端末発売ラッシュで悩むのですが、大まかにふたつのタイプで悩んでいます。

 

私は、既にASUSのタブレットを持っているので、家の中ではほぼこれを使っています。その上で、4.5インチから5インチの小さいスマホを購入し、タブレットスマホの2台持ちにするか、もしくは、6インチの大型スマホ(ファブレット)を購入し、一台に集約して、端末の管理を簡単にするか…です。

 

 

今使っているASUSのタブレットはめちゃくちゃ便利なんですよねえ。もっと詳しくいえば500円コミックサイズとほぼ同じサイズなので、電子書籍を読むの究極に見やすいんです。これを手放すのも勿体なく…。かと言って、端末の2台持ちも、充電やデータ管理で煩わしく…。悩ましいところです。

 

 

カメラ機能

機能で重要視するのはカメラ機能です。画素数はGALAXY Note 2が800万画素なので、出来ればこれ以上が望ましいかなと思っています。そうなると1300万画素以上でしょうか。

 

今使っているデジカメは、wifiでの写真転送機能がないので、これが存外面倒くさい…。その都度ケーブルを繋げて画像を転送するのは、そこまで面倒ではないと思い、wifi転送機能なしのデジカメを購入したのですが、Dropboxによる自動転送になれてしまった体には、これは非常に面倒に感じるようになってしまいました。

 

また、店内や散歩中、人混みの中でデジカメを出して撮影というのも結構目立つので、日常生活のスナップ写真は、スマホに任せたいとの思いもあり、スマホのカメラ機能に一定以上の物を求めています。

 

候補

候補はいくつかあって、今のところ第一候補は、FREETELの『KIWAMI』です。スペックだけ見れば、2016年1月現在、SIMフリー端末では最強といって差し支えないでしょう。ただ、新進のメーカーなので、アクセサリが少なかったり、サポート体制が不安だったり、作りが少し雑だったり、OSのアップデートがどうなるか不透明だったり、数字上のスペック以外で結構不安があります。

 

 

もう一つは、既に大手メーカーに成長したASUSのZenFone 2 Laserの6インチ版『ZenFone 2 Laser ZE601KL』です。これは、今私が使っているZenPadと同じZenシリーズなので、UIや使い勝手はわかっているので安心ですし、作りもFREETELよりはしっかりしているようです。この機種の売りの、ピントを合わせるレーザー機能ですが、撮影するときいちいちピカピカするみたいで、そこがちょっと気になっています。日常スナップ用にスマホのカメラを使いたいので、ピカピカ光られると目立ってしまうんですよね。

 

 

そしてもう一つ、というかもう一方で、2台持ちをすることを考え、安い4.5インチ程度のSIMフリー端末も候補に入っています。やはりZenPadは、電子書籍を読む人間からすると、手放すには惜しい名機なんですよねえ。

 

おわりに

ということで、今年中にというか、出来ればこの1月中、遅くとも2月には、新しいスマホに買い換えたいと思っています。未だにどれを購入するのか決め切れていませんが…。

 

こんな人にお勧め

  • SIMフリー端末が欲しい人

 

内部リンク

 

関連商品

 

当該商品