「Bluetoothヘッドセット EnacFire Twins/EnacFire」レビュー ~トゥルーワイヤレスでは長い4時間のバッテリー持ち~

特徴

  • 【コスパ最高】最新Bluetooth 5.0が搭載されて、転送速度が従来の2倍になります。Bluetooth イヤホン左右には「L」と「R」表記がありますので、簡単・高速かつ途切れのないペアリング接続を体験できます。 iPhone XやiPhone 8などBluetooth5.0対応機種をお使いの方々には、是非オススメしたいです。
  • 【フィット感抜群】進化したタッチ式完全ワイヤレスイヤホンで、運動中でも耳元を軽くタッチするだけで操作が可能です。スタイリッシュなデザインは耳を着飾るファッションアイテムに!人間工学に基づき設計し、アクティブに動いてもしっかりと耳にフィットする快適な装着感を実現します。
  • 【驚きな再生時間】イヤホン本体がフル充電状態で、最大4時間の音楽再生が可能+付属の充電収納ケースで三回充電できますので、最大16時間使用することができます。外出にも、超コンパクトな充電ケースを収納しながら充電できます、再生時間が短かったり、紛失しやすかったり心配がありません。
  • 【IPX7防水規格】防水設計により水の侵入を防ぐので、突然の雨や激しい運動中に汗をかいても安心してスポーツやトレーニングに集中することができます。
  • 【12ケ月安心サポート】EnacFire Twins、充電収納ケース、イヤーチップ*3、Micro USB充電ケーブル、日本語取扱説明書

 

長所と短所

  • ○首に全くコードが無い快適さ
  • ○音楽再生で4時間のバッテリー持ち
  • ○収納ケース兼モバイルバッテリーが便利
  • ○曲送りが出来る
  • △音量の変更と曲戻しは出来ない
  • ×ごく僅かに音ズレがある

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

はじめに

今回レビューするのは、EnacFireさんのBluetoothヘッドセットEnacFire Twins』です。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

外観チェック

箱は落ち着いた黒い物。デザインはメカっぽいです。

 

3A2DB1C6

 

パッケージ内容は、ヘッドセット、収納ケース、USBケーブル、サイズ違いのイヤーチップ×2組、説明書。

 

607E94C4

 

角張った形状でメカっぽいです。耳に当たる部分は角張っていないので、耳は痛くなりません。

 

1FB207E4

 

収納ケース兼モバイルバッテリー。ケースに収めると自動的に充電されます。

 

94AAB08C

 

収納ケースとヘッドセットはマグネットで吸着します。大雑把に近付けるだけで正しい位置にセットされるので楽です。

 

8BAB1EA7

 

USBケーブル。

 

47DB2E4B

 

サイズ違いのイヤーチップ×2組。

 

CBB52EA1

 

説明書。

 

D89234F9

 

説明書は日本語と英語の二カ国語版でした。

 

E3685158

 

 

以上、外観チェックでした。

 

動画チェック

 

首に全くコードが無い快適さ

一般的な両耳ヘッドセットの場合、Bluetoothの無線ヘッドセットとは言っても、左右のイヤホンを繋ぐケーブルがあるのですが、このヘッドセットはトゥルーワイヤレスのヘッドセットなので、左右を繋ぐコードすらありません。

 

コードがあると首筋や衣服にコードが乗り、動くと擦れます。その擦れたノイズが結構耳に入ってくるんです。このノイズが一切ないので音楽を聞くにも気持ちよく聞けます。また、首筋や衣服に引っ掛かると、イヤホンが引っ張られてしまい、ポロッと取れたり、取れなくても引っ張られて不快になることも…。これもコードが一切無いので起こりません。

 

特に寝転がって使用するような方や、スポーツで使用する方には最適な構造のヘッドセットだと思います。

 

音楽再生で4時間のバッテリー持ち

トゥルーワイヤレスのヘッドセットは、そもそもイヤホンが極小なので、バッテリーを入れるスペースがありません。また、左右で音がズレないようにシンクロさせるため、余計に電力を消費してしまうようです。このようなことから、ほとんどのトゥルーワイヤレスのヘッドセットの音楽再生でのバッテリー持ちは3時間と言ったところです。しかし、このヘッドセットはそれを超えて4時間持ちました。

 

A5B2DFB3

 

4時間でも一般的なヘッドセットに比べると、まだまだバッテリー持ちは悪いのですが、前述したように、このタイプとしては今のところ(2018年2月)最長の部類です。

 

収納ケース兼モバイルバッテリーが便利

トゥルーワイヤレスのヘッドセットにはもはやお約束ですが、収納ケース兼モバイルバッテリーが付属しています。元々、指先で摘まめるほどの極小のヘッドセットが2つあるので、そのままだと紛失しやすいです。そのため収納ケースに入れることは必然となります。そして、この収納ケースがモバイルバッテリーになっているため、いつものように収納ケースに仕舞うだけで勝手に充電され、次に使用するときは常に満充電の状態となっています。トゥルーワイヤレスのヘッドセットはバッテリー持ちが悪いのですが、このようなことでそれを補っています。

 

8EC9DCC7

 

この収納ケース兼モバイルバッテリーは、外出するときにヘッドセットと一緒に持っていくことになると思います。そうすることで、1度に4時間以内の使用で収まるなら、使用が終わると収納ケース(モバイルバッテリー)に仕舞うことになるので、延々と使い続けることが出来ます。ただ、逆に言えば4時間以上連続で使用することが想定されるなら、このようなバッテリー持ちに課題が残るトゥルーワイヤレスのヘッドセットは向かないと思います。

 

曲送りが出来る

極小のヘッドセットの場合、その小ささ故、ボタンを設置するスペースがありません。そのためマルチファンクションボタン1つしか設置出来ず、音量や曲の変更はヘッドセット本体で出来ず、スマホなどを直接操作しなければなりません。しかし、このヘッドセットはタッチ式なのでダブルタッチと言う特殊な操作が可能です。なので、このダブルタッチに曲送りが割り当てられています。音量の変更や曲戻しは、やはりスマホなどの本体を操作する必要があるのですが、それでも曲送りが出来るようになったのは、個人的に非常に便利になりました。

 

906F1844

 

私はスマホに何千曲も音楽を入れてランダム再生をしているのですが、気分じゃない曲や飽きた曲はスキップしたい場合が多々あります。しかし、このような場合でも極小のヘッドセットの場合、いちいちスマホなど本体を操作しなければなりませんでした。これがヘッドセット本体から出来るようになっただけでも十分です。

 

気になるところ

最後に使用してみて気になったところを挙げていきます。

 

音量の変更と曲戻しは出来ない

前述したように曲送りはヘッドセット本体で出来るようにはなったのですが、やはり音量の変更と曲戻しはスマホなどの本体を操作しなければなりません。頻繁に音量を変更する使い方をする場合、このような極小ヘッドセットは向かないと思います。

 

ごく僅かに音ズレがある

このようなトゥルーワイヤレスのヘッドセットはまだ発展途上のようで、音ズレが発生する物もあります。残念ながら、私の環境ではヘッドセットがごく僅かに確認出来ました。

 

TVや動画を視聴する際、口と声が0.数秒遅れました。気にしなければまあなんとか…とのレベルなので、ハッキリ違和感を感じるほどの音ズレがあるわけではありませんが、動画やTVを良く見る方は、ご自分の使い方で大丈夫なのかよく考えた方が良いと思います。

 

おわりに

音質はapt-xではないので高音質とまでは言えませんが、十分音楽を楽しめる物だと感じています。外でスマホとBluetooth接続して音楽を聞くには十分です。

 

トゥルーワイヤレスは最近大手メーカーもどんどん発表しているように、おそらくこれから主流になっていくのだと思います。Bluetoothのバージョンが上がると、省電力低遅延になっていくので、今後に期待出来るジャンルです。

 

こんな人にお勧め

 

内部リンク

 

当該商品