「Bluetoothヘッドセット D05/Jacess」レビュー ~とてつもなくペアリングが簡単~

今回レビューするのは、JacessさんのBluetoothヘッドセットD05』です。

 

昨今流行のトゥルーワイヤレスのヘッドセットです。バッテリーが大容量なところに魅力を感じます。

 

それでは早速レビューを書いていきたいと思います。

 

 

特徴

  • 気軽に音楽を楽しめる:本当なワイヤレスイヤホンです。最新な設計を採用し、透き通った高音域と確実な調律による没入感の溢れた音楽質感を享受することができます。お好きな音楽、映画、好みのゲーム、及び家族、友人、恋人との会話を毎日一番心よい環境で気軽に楽しむことができます。
  • イヤホンを取り外せばご利用可能:複雑なペアリング操作が要らないです。充電器からイヤホンを取り外せば、自動的にON/OFFの切り替えを行い、そして自動的にスマホとペアリングすることができます。Bluetooth4.2のチップを採用し、10メートル以内が伝送可能です。IOSとAndroid両方とも対応可能です。
  • 2100mAh高容量の充電機能がある収納ケース:ケースを入れば自動的に充電を行い、1回の充電により、最大180分間の連続再生することができます。お出かけや旅行などに電池がなくなる心配がありません。この高級感のある金属製充電ケースは自分へご褒美であり、素敵なお友達への最高なプレゼントでもあります。
  • 操作しやすい設計:多機能の操作はワンボタンで行います。音楽の再生・停止 通話の終了・開始、着信拒否、Siriの呼び出しなどの操作がすべてワンボタンで実現できます。スマホの取り出すことなく、片手で操作できます。
  • 人間工学の一致する設計:耳栓サイズの調節が可能です。運転中、会議中、料理または運動の時、気軽に音楽或いはスマホ通話を楽しめます。イヤホンのサイズは百円よりも小さい小型です。耳に掛ける時、後ろから全然見えません。5g超軽量なので、耳の装着感なく、音楽を楽しめて、長時間装着しても疲れは感じられません。
  • 抜群な互換性:Bluetooth機能を搭載し、各種デバイスに対応。Apple iphone 8 / iphone 8 plus / iphone X / iPhone 7 / iPhone 7 Plus / iPhone SE / iPhone 6s / iPhone 6s Plus / iPhone 6 / iPhone 5s等のiPhone各機種、iPad Pro / iPad Air / iPad mini等のiPad各機種、iPod各機種、Sony Xpeira, Google Nexus, Samsung Galaxy, Huawei等のAndroid各機種、Windows,Mac搭載PCなど。
  • 製品内容:充電ケース、一年間保証&取扱説明書(日本语&英語&ドイツ語&スペイン語&スペイン語&イタリア語)、収納ケース、110V充電アダプター、S/Lイヤーピース、D05 イヤホン本体 L/R、Micro USB*3

 

長所と短所

  • ◎ペアリングが感動するほど簡単
  • ◎両方を片耳ヘッドセットとして使用出来る
  • ◎2100mAh搭載の収納ケース
  • ○音質は十分
  • ◎曲送りが出来る
  • △物理ボタンなので押し込むと耳が痛くなる
  • △音楽再生は3時間ほどと長く持たない
  • △大容量のバッテリーがある分どうしても収納ケースは大きい

 

○長所/△人による/×気になるところ

 

パッケージ

パッケージ外観
A002A209

 

パッケージ内容
F404AE43

 

セット内容
  • ヘッドセット
  • 収納ケース
  • 収納ポーチ
  • USBケーブル×3
  • イヤーチップ
  • ACアダプタ
  • サンキューカード
  • 説明書
D267FEA4

 

写真と動画

外観

ヘッドセットは最近流行りのトゥルーワイヤレスです。

AE188BD5

 

100円玉と比較するといかに小さいかわかりやすいと思います。

30C454F6

 

重量は2つで10.5g。片方約5gです。

B279D678

 

付属品一色。

7D771C4C

 

収納ケースは2100mAhの大容量バッテリーを搭載しています。

CB1D051A

 

この大容量バッテリーを受電するように、ACアダプターも付属しています。

5973B363

 

動画

 

使用した感想

◎ペアリングが感動するほど簡単

一番良かった点を挙げると、ペアリングが驚くほど簡単だったことです。この手のトゥルーワイヤレスのヘッドセットは、まだ技術が発展途上で、ボタンへ割り当てられる機能や、ペアリング方法が各機種によってまちまちです。なので、この辺りどうなのかは使い勝手に影響を及ぼします。

 

このヘッドセットは最も面倒となりがちなペアリングが簡単です。下記にその操作方法を記載しておきます。

 

【初回ペアリング方法】
<両耳ヘッドセットとして使用する方法>

  1. 収納ケースから取り出すと自動的に電源が入りペアリング状態になる
  2. スマホ等の端末のBluetooth機能をオンにする
  3. スマホ等の端末の当該端末を選択する

<片耳ヘッドセットとして使用する方法>

  • 両耳ヘッドセットとしてペアリングするとのちに片耳として使用出来るようになるのでこの操作は必要なし

【2回目以降のペアリング方法】
<両耳ヘッドセットとして使用する方法>

  1. 収納ケースから取り出すと自動的に電源が入りペアリング状態になる
  2. スマホ等の端末のBluetooth機能をオンにすると自動的に接続される

<片耳ヘッドセットとして使用する方法>

  1. どちらか片方のヘッドセットを収納ケースから取り出すと自動的に電源が入りペアリング状態になる
  2. スマホ等の端末のBluetooth機能をオンにすると自動的に接続される

【電源を切る方法】

  • どちらかのヘッドセットのボタンを長押しすると両方の電源が切れる
  • もしくは収納ケースに仕舞うと自動的に電源オフになる

 

まずポイントとしては、収納ケースから取り出すと自動的に電源がオンとなり、ペアリング状態になることです。ボタンを押す必要はありません。収納ケースから取り出したら勝手にペアリング状態となるので、スマホなどの端末のBluetooth機能をオンにし、出てきたこのヘッドセットを選択するだけで、初回のペアリングは終了します。このようなトゥルーワイヤレスのヘッドセットは、初回のペアリングが面倒なことが多いです。しかし、このヘッドセットはその面倒な初回ペアリングがたった3ステップで終わります。

0B68CCB3

 

また、2回目以降は収納ケースからヘッドセットを取り出し、スマホ等の端末のBluetooth機能をオンにするだけでペアリングは終了。非常に簡単です。

 

最も驚いたことは、最初に両耳ヘッドセットとしてペアリングすると、既に片耳ヘッドセットとしてもペアリングされていると言うことです。どういうことかと言うと、初回に両耳ヘッドセットとしてペアリングしてしまえば、次に片耳を収納ケースから取り出し、スマホ等のBluetooth機能をオンにすると、片耳ヘッドセットとして勝手にペアリングされるんです。

 

一般的なトゥルーワイヤレスのヘッドセットの場合、両耳で初回ペアリングをし、片耳でも初回ペアリングをしなければなりません。しかし、このヘッドセットは片耳での初回ペアリング操作が不要なんです。また、右でも左でもこの状態になっています。右のヘッドセットを収納ケースから取り出しても、左のヘッドセットを収納ケースから取り出しても、同じように自動的に片耳ヘッドセットとして問題なくペアリングされるんです。

 

また、片耳ヘッドセットとして使用しているときに、もう片方のヘッドセットを収納ケースから取り出すと、自動的に両耳ヘッドセットとして再ペアリングが自動的にされます。

 

このようなペアリング操作や挙動は素晴らしかったです。これまで多くのトゥルーワイヤレスのヘッドセットを使用してきましたが、このヘッドセットが最も簡単にペアリング出来ました。

 

◎両方を片耳ヘッドセットとして使用出来る

先ほど少し触れましたが、このヘッドセットは右も左もどちらも片耳ヘッドセットとして使用することが出来ます。トゥルーワイヤレスのヘッドセットは、左右どちらかしか片耳ヘッドセットとして使えないものも多いです。私がこれまで使用してきた経験だと、どちらか一方しか片耳ヘッドセットとして使えない物が多かったです。

7E099688

 

左右両方を片耳ヘッドセットとして使用出来ると、どのようなメリットがあるのかと言うと、右を使って左を使って、股右を使って…との延々ループ方法が可能なんです。わかりやすく使い方を書くと下記のようになります。

 

  1. 左のヘッドセットを取り出してバッテリーが切れるまで使用する(このヘッドセットはおよそ3時間超)
  2. 左のヘッドセットのバッテリーが切れたら収納ケースに仕舞う(自動的に充電される)
  3. 右のヘッドセットを取り出してバッテリーが切れるまで使用する(このヘッドセットはおよそ3時間超/この時点で6時間)
  4. 右のヘッドセットのバッテリーが切れたら収納ケースに仕舞う(自動的に充電される)
  5. ※1に戻る(この時点で9時間)

 

つまり、どちらか片方のヘッドセットをバッテリーが切れるまで使い、切れたらもう一方に交換する。これを繰り返していくと、延々と片耳ヘッドセットとして使用出来るんです。勿論、このヘッドセットの場合、音楽再生でのバッテリー持ちは3時間超なので、その時間ごとにヘッドセットの入れ替えが必要です。一旦音楽などを止まってしまいますが、それでも擬似的な連続使用がずっと続けられるんです。

 

トゥルーワイヤレスのヘッドセットはバッテリー持ちが悪いのは弱点ですが、両耳にこだわらず、片耳として使用しても良いのであれば、バッテリー持ちは気にならなくなるんです。

 

◎2100mAh搭載の収納ケース

ペアリングが驚くほど簡単なことの次に特徴的な点を挙げると、収納ケースに搭載されているバッテリー容量が2100mAhあると言うことです。一般的なトゥルーワイヤレスのヘッドセットに付属している収納ケースのバッテリーは、平均するとおよそ350~450mAhと言ったところです。いかに規格外の大容量化がわかると思います。

 

また、トゥルーワイヤレスのヘッドセット付属の収納ケースは、バッテリーが搭載されているとは言え、前述のように容量が小さいため、そのヘッドセット専用の充電器となっています。その他のスマホやデジカメへの充電は出来ません。しかし、このヘッドセットの収納ケースのバッテリーは大容量のため、外部機器に充電が出来るんです。充電方法は一般的なモバイルバッテリーと同じで、USBケーブルでスマホ等外部機器と繋ぐだけです。

6058F0DF

 

ちなみに、昨今の一般的なスマホのバッテリー容量は2500~3000mAhと言ったところです。空から満充電には出来ませんが、容量が10%程度になってしまって緊急で充電しなければならない…なんて時には十分な容量です。

 

2100mAhとのバッテリー容量は、モバイルバッテリー体としても、小型で持ち運びしやすい物として、1000円程度で売っているレベルです。モバイルバッテリーとしてもタンタンで売れるレベルなんです。

 

 

○音質は十分

私はヘッドセットを選ぶ際、音質よりも取り回し(小ささや使いやすさ)を重視しているので、音質に関しては甘めの評価になりますが、音楽を楽しんで聴く分にはなんの問題もないレベルだと思います。

 

両耳で使用するとステレオ音声になりますし、出力(パワー)も問題なしです。また、背後に目立った『サーッ』とのホワイトノイズも確認出来ませんでした。高音で軽いシャリシャリしたチープさも感じませんでしたし、低音で割れたり歪むこともありませんでした。

423BFB2B

 

音ズレに関しては、動画を再生したところ、口と声にもしかしたら0.1秒くらいズレがあるかも…と言った感じです。口元をじっくり見なければわからないレベルなので、よっぽど気にする人出なければ問題ないとは思いますが、一応あったかもしれないので、注意点として記載しておきます。

 

◎曲送りが出来る

トゥルーワイヤレスのヘッドセットは小さい物が多いので、ヘッドセットにボタンを1つしか設置出来ません。なので、ヘッドセットからは音量や曲の変更が出来ない物が多いです。しかし、このヘッドセットはダブルクリックで曲送りが出来ます。私はランダム再生で音楽をいつも聞いていて、その時の気分じゃない曲はガンガン飛ばすので、曲送りがヘッドセット本体から出来るのは便利でした。

 

その他の曲戻し、音量の変更は、これまでのヘッドセットと同じように、スマホなどの音楽を再生している端末を操作しないとなりません。

 

△物理ボタンなので押し込むと耳が痛くなる

最近のトゥルーワイヤレスのヘッドセットは、タッチ式ボタンが多くなってきましたが、こちらは押して凹ませる物理ボタンです。

82988039

 

耳の穴にすっぽりと填めるタイプの装着方法なので、物理ボタンだと耳の穴にグイッとヘッドセットを押し込むことになり、人によっては操作の際に耳が痛くなるかもしれません。前述もしましたが、このヘッドセットはダブルクリックで曲送りが出来るのですが、少し力を入れてダブルクリックをすると耳の穴が痛くなります。頻繁に曲送りをする方は注意が必要かもしれません。

 

△音楽再生は3時間ほどと長く持たない

トゥルーワイヤレスのヘッドセット全体の課題ですが、バッテリー持ちは良くないです。両耳ヘッドセットとして使用した場合、バッテリー持ちは音楽再生で3時間を超える程度です。ただ、これは前述もした収納ケース兼モバイルバッテリーである程度補われています。また、片耳ヘッドセットとして使用すると、両耳ヘッドセットとして使用するよりバッテリーは持ちます。

 

△大容量のバッテリーがある分どうしても収納ケースは大きい

大容量のバッテリーを搭載している収納ケースは便利なのですが、その分当たり前ですが大きくなっています。一般的な300~400mAh程度のバッテリーが搭載された収納ケースなら、ワイシャツの胸ポケットに入れても、全く違和感はないのですが、これは少し厳しいかなといった感じ。タバコの箱と同じくらいの大きさで、それよりも少し大きく重い感じでしょうか。男性のパンツのポケットには余裕で入ります。

6BFC197F

 

総評

ペアリングの簡単さ、大容量のバッテリーを搭載した収納ケース、両方それぞれを片耳ヘッドセットとして使用出来ること。この3つが特に気に入りました。この3つはどれも素晴らしいです。ただ、物理ボタンなので、耳の穴にグイッと押し込む感じが不快になる方もいると思います。贅沢を入れ歯タッチ式なら完璧でした。

 

とにかく簡単に使いたい方には最適です。特に毎日使うような方の場合、ちょっとした使い方の簡単さがもろに影響してくるのでお勧めです。トゥルーワイヤレスのヘッドセットは、ペアリングの複雑さが1つハードルだと思っていたのですが、ここまで簡単に使えるなら万人にお勧め出来ます。

 

お勧めとそうでない人

お勧め出来る人

 

向いていない人

 

リンク

関連記事

 

商品

関連商品

 

当該商品