可愛くてキャッチーなライブDVD「℃-ute ライブツアー2007秋 ~放課後のエッセンス~」レビュー

このライブは立ち見が苦手なので回避しました。ですので、このライブはこのDVDが完全に初見。新鮮な気持ちで楽しみました。

 

一通り見て気になったのは、舞美とマイマイが実際に口を付けてキスしちゃっているところ。演出では寸止めだと思うのですが、勢い余って口がくっついちゃっていました。しかし、口がくっついても別に「あっ!」と言うびっくりするようなリアクションもなく、笑顔で淡々と進行。プロ意識が強いのか、別にこんなの普通のことなのか…謎です。

 

ちなみにオーディオコメンタリーでは、どうも千聖が避ける予定だったようですが、わざと避けなかったそうです。栞菜が欠席していたときは自重していたけど、℃-ute全員が揃ったらやってやろうと思っていたらしく、確信的な犯行の模様。℃-uteは先にBerryz工房にデビューされたので、下積み(世間一般から見れば温いですけど…)が長かったので、結束が堅く、異常に仲が良いんですよね。

 

Berryz工房10周年記念舞台ミュージカル「戦国自衛隊」 [DVD]

 

後はゲストにBuono!が出たのですがこれも良かった。愛理の「頑張れ!」は何回見聞きしても可愛い。Berryz工房℃-uteも好きなので、℃-uteと桃子、雅が同じステージに立っていると言うのは良い画ですね。ハロコンでも勿論あるのですが、ステージ上は勿論、ステージ裏にも他の人がいませんからね。これは特別に感慨深かったです。蛇足ですが桃子の指がもの凄く短いですね。

 

We are Buono! Buono! LIVE TOUR 2010 [DVD]

 

途中のMCで梅さんが「使ったタオル」と言って、次のThat’s the POWERの曲中の合いの手でも「使ったタオル」と言うのですが、何が面白いのか私にはさっぱりわからなかった…。何かもとネタや、ラジオで起因となる出来事があるのかと思って、検索しちゃいました。要は遊び心で、毎公演この合いの手は変えていたみたいですね。他のブログを読む限り、評判良いみたいですけどね。この公演はスタンディングが苦手で行かなかったので、生の空気感じてない私は、いまいちに感じました。

 

あと気になったところは、舞美の夏DOKIリップスティック。とにかく踊りが激しい。しかし舞美の運動能力でこのダンスを難なくこなしているところが凄い。がむしゃらに頑張ってる感があってこの舞美好きです。

 

ところでオーディオコメンタリーはやはり良い。週に1回の10分や30分のラジオを楽しみにしているようなハロプロファンなら、90分以上自分たちのステージの感想を語りながら見ている音声は最高です。一緒に見ている錯覚にもなっちゃいますね。

 

当該商品